1.5次会ってどんな結婚式なの?
1.5次会に関する多くの情報をまとめました

目 次

1.5次会のはじまり

1.5次会という結婚式のスタイルを最近よく耳にする方々も多いとは思います。
1.5次会というスタイルの始まりは今から15年程前だったと思います。通常の結婚式にして予算はとってもリーズナブル。ドレスもタキシード着ているし雰囲気はどっからみても結婚式。でも会費制で2次会のような雰囲気もある・・・。このようなスタイルを普通の結婚式と2次会の中間の会として1.5次会という言葉が生まれてきたように記憶しております。
1.5次会が登場した当時はレストランでのウェディングが全盛期でホテルや専門式場よりもリーズナブルでお料理が美味しいという事で話題を呼んでいました。また同時期にお洒落なカフェブームも到来しあちこちにカフェが誕生しておりました。お洒落なカフェで行うカジュアルな立食スタイルの2次会はこの当時に確立していきました。実はこのレストランで行うリーズナブルなウェディングとお洒落なカフェで行う立食スタイルの要素を合わせて作られたスタイルが1.5次会と言う事になります。当時のホテルや専門式場の結婚式は高額でとてもお手軽な値段ではありませんでした。
もっと手軽にパーティーを楽しみたい!!という思いから誕生したウェディングのスタイルという事になります。
1.5次会とは、「ゲストと共に作る楽しくて堅苦しくないお手軽なパーティースタイル!」
それが1.5次会の基本的な考え方だと思います。1.5次会が世の中に徐々に浸透するようになると、高額な結婚式を単純に安くする為の方法として捉える方も出てきてしまい少々間違ったプロデュースをして失敗してしまったケースもあったようです。

現在の1.5次会は様々な失敗を糧に洗練されたパーティースタイルとして進化しております。
まさに1.5次会が誕生した当時のテーマである
「ゲストともに作る楽しくて堅苦しくないお手軽なパーティースタイル!」
ができるようになりました。様々な形の挙式のスタイルが紹介され色々な場所でのご披露宴が行われています。1.5次会の始まりは高額すぎる結婚式をもって手軽に楽しみたいという多くのお客様の願いから生まれた新しい結婚式のスタイルです。そして時間をかけて1.5次会は洗練されたクオリティーのパーティースタイルへと生まれ変わりました。結婚式は手軽に楽しく友達と笑って過ごす時間とお考えのお二人にはこの1.5次会と言う結婚式のスタイルは最適だと思います。

1.5次会ってどんなウエディング
パーティーなの?

1.5次会とは会費で行うみんなに優しいウエディングパーティーというイメージになります。1.5次会は必ず会費で行わなくてはならないという事でもありませんが基本的には手軽さと言う部分は1.5次会の特徴と言えると思います。通常の結婚式のように挙式&披露宴という1.5次会の開催も可能ですが、考え方は基本的に会費制です。その為、ゲスト様の人数に合わせたご予算の設定ができるのでお二人へのご負担も色々な面で減らせる事になります。見た目や雰囲気は進行の組み方や会場の選び方で変わります。しっかり結婚式の雰囲気を演出したいと考えればホテルでのフォーマルなウェディングスタイルがおススメです。また、カジュアルにオシャレなスタイルで演出したいと考えればレストランなどを利用した立食スタイルのビュッフェ形式での1.5次会もよろしいかと思います。このように1.5次会と通常の結婚式に大きな雰囲気の生じないとは思います。

1.5次会徹底比較

◆ 「1.5次会/会費制」と「ご祝儀制の結婚式の違いは?

1.5次会の結婚式とご祝儀の結婚式って何が違うの?というご質問をよくお受けすることがあります。確かに一見すると1.5次会とご祝儀制は同じように見える結婚式ですが実は打合せからゲストのご招待の仕方まで色々部分に違いがあります。まずご祝儀制の結婚式は1.5次会のような会費制ではありません。当日のゲストのご祝儀(平均3万円)の合計金額を結婚式の総額と想定しながら結婚式を組み立てていきます。その為、ゲストには通常通りご祝儀をお持ちになって頂きます。普通の結婚式との大きな違いはお支払いが当日のご精算になるという点だと思います。1.5次会スタイルの場合は会費制のウェディングが基本になります。その為1.5次会はまず会費を設定しゲストの皆様をご招待していきます。1.5次会はご祝儀をゲストから頂きませんのでゲストは会費だけのご負担になります。1.5次会でもご精算は当日になりますが、1.5次会の場合は会費での予算組み立てをしているのでお二人のご負担額はご祝儀制の結婚式よりも少なくなります。
詳しくはこちら

◆ 1.5次会の料理は普通の結婚式と違うの?

1.5次会の料理はスタイルに合わせて様々選ぶことができます。例えば海外挙式後に行う日本で行う友人中心の1.5次会お披露目パーティーなどでは立食スタイルのビッフェ形式がオススメのだと思います。ご親族もしっかりご出席する挙式も披露宴もしっかりやりた1.5次会の場合はホテルや専門式場を貸切にしてのフォーマルなコース料理が絶対にオススメです。通常の結婚式と変わらない雰囲気で1.5次会をお過ごし頂けると思います

◆ 1.5次会の進行は普通の結婚式と違うの?

1.5次会の進行はどんな結婚式にしたいか?で大きく変わります。その為、進行については通常の結婚式と1.5次会ではあまり変わりません。挙式も披露宴もしっかりやりたいとご希望があればご主賓のご挨拶もしっかり頂戴するような進行をお作りいたします。ご友人中心の楽しい1.5次会のご希望をいただけばゲームのご提案から景品の手配までさせて頂きます。サプライズも盛りだくさんの1.5次会であってもおまとめ致します。楽器の手配からビールかけまでお二人が考える1.5次会のご要望を120%盛り込んで進行はお作りしていきます。

1.5次会の賢い活用術!!

◆ 海外での挙式もしたい、国内でも皆にお披露目もしたい…という方にはぴったり!

海外挙式は昔からの夢でした・・・と言う新婦様も沢山いると思います
でも、親族だけでの海外挙式とは言えそれなり出費が出てしまいます。更に新婚生活に掛かる費用などできるだけ節約はしたいところです。そこでぴったりなのが1.5次会プランになります。1.5次会なら会費で行えるから出費はかなり節約できます。そのうえ1.5次会のプロデユースにお申込すれば沢山の会場からお気に入りの場所を選べるので時間の節約にもつながります。更にゲストのお財布にもとっても優しい事も1.5次会の特徴です。人数を沢山呼ぶと価格は高くなるイメージがありますが、ご安心ください!!1.5次会プランは人数を沢山呼べば呼ぶだけお得になります。会費設定もリーズナブルに設定できてゲストのお財布にも優しいパーティーが開催可能です。
詳しくはこちら

1.5次会の会場選びのポイント

◆ 最近のおしゃれカフェの料理は美味しい!!

最近のオシャレなカフェのお料理はおいしかったりします。ひと昔前は揚げ物とパスタという場合が多くあまり料理はおススメできるものでもありませんでした。しかし最近はただオシャレなだけではなくそれなりにお料理も美味しいいお料理を出してくれるところもあります。1.5次会で貸切にしようと思ったら、1回食べに行ってみると良いと思います。予約などはしなくてもフラっと立ち寄る感じの方が雰囲気がわかりやすいと思います

◆ 100名以上の1.5次会はホテルがおススメ

100名を超える1.5次会パーティーなどではレストランなどよりもホテルなどを選択する方が良い場合があります。理由はいくつかありますが、何よりも大量の人数を受け入れる事を前提に設計されていると言う部分が大きな理由になります。100200名の1.5次会などの場合まず問題になる事が早めに来館された場合のウェイティングスペースの確保になります。また100名以上の1.5次会の場合トイレがいくつ施設内にあるのか?と言う部分も実はなかなか重要なポイントだったりします。トイレがなかなか空かないのもゲストにとってはストレスになりから注意が必要です。詳しくはこちら

ちょっと他と違った1.5次会!!

◆ ハウスフォトスタジオを貸し切る(裏ワザ)

みんなとちょっと違った雰囲気で1.5次会を開催したいなとお考えのお二人にはピッタリの1.5次会があります!フォトスタジオを利用した1.5次会ウェディングパーティーです
ハウスフォトスタジオは1軒貸切のビンテージ風な邸宅ウェディングのようでかなりおススメのです。ただしお料理はケータリングになるのでウェディングに強いケータリング屋さんを使う必要があるのでちょっと注意が必要です詳しくはこちら

1.5次会の招待ゲストの服装
について

1.5次会だからと言ってカジュアルで良いという訳ではありませんよ!ジーパンやTシャツという訳いきません!!やはりある程度はフォーマルな雰囲気も必要です。しかしここで1.5次会の招待状などに「当日はラフな服装でお越し下さい」と書いてしまうと1.5次会にご招待されたゲストは迷ってしまいます。1.5次会とは言えある程度はウエディングなのでフォーマルであるというイメージは主催であるお二人もお持ち頂いた方が良いかなと思います。

会費設定はどうすればいいの?

1.5次会の会費設定については担当プランナーとしっかりと話し合いながら決めて行くべきとっても重要な項目になります。多くの1.5次会の場合は必要な予算の総額を人数で振り分けるイメージが一般的です。しかし、テーマをしっかり決めて作り上げるオリジナルな1.5次会などの場合は装飾などに予算が思った以上に出てしまう事もあります。そのような場合はお二人と1.5次会専任プランナーで妥当な会費設定を行っていきましょう!詳しくはこちら

1.5次会はこんなカップルに
おすすめ!

1.5次会はこんなお二人におススメのパーティースタイルです

  • ◆ ① リーズナブルに親族も参加して挙式も披露宴もしっかりやりたいカップル

    結婚式にお金はかけたくない!新婚旅行に費用をつかいたい!新しい生活に費用に回したいなど最近の調査では結婚式に費用をかけないカップルも増えてきました。1.5次会はそんなお二人には最適です。ホテルや専門式場を利用しての1.5次会ならチャペルを利用した挙式に着席スタイルでのフォーマルなコース料理もお楽しみ頂けます。そんなウェディングが1.5次会なら通常費用の約半額程です。これで予算問題もクリアできますね!!

  • ◆ ② 挙式は海外挙式!帰国後に気軽なパーティーをしたい

    1.5次会の代表的なスタイルがこのスタイルになります。挙式は海外挙式!!日本では友人中心の1.5次会パーティー!!このスタイルではレストランやおしゃれなカフェを利用したリーズナブルな立食パーティーがおススメです。もう少しフォーマルな雰囲気であれば着席ビッフェなどの1.5次会でも良いですね。

  • ◆ ③ 自分たちだけのオリジナリティー溢れるこだわりのウェディング!!

    ガーデンウェディングからサッカースタジアムで行うこだわりの挙式など形式や宗教に一切とらわれない1.5次会スタイル。一生の思い出にのこる1.5次会だからできるパーティスタイルも自由に作れます。バンド演奏をずっと楽しみたい!!ダンスをしたい!!なんでもOK!!このオリジナルな雰囲気を楽しめる事も1.5次会の特徴です。

  • ◆ ④ 親族だけの会食はキッチリとその後のパーティーは友人と楽しく!

    親族との会食はしっかりと厳粛に・・・。その後のパーティーは友人を中心にひたすら楽しむ1.5次会2部制版です。1.5次会の1部はキッチリとした会食会です。ご親族様へのご挨拶などしっかりとしたセレモニー的要素を行います。1.5次会2部はお友達を中心としたひたすら楽しい1.5次会です!!沢山のお友達に参加をして頂き楽しいお時間をお過ごしください。このスタイルはご親族様とのお時間とご友人とのお時間を分割する事でご予算をリーズナブルに行う最近はやりの1.5次会スタイルです。

  • ◆ ⑤ とにかく時間がないけどみんなと楽しい思い出が作りたい!!

    急な出張で準備までの時間がない。すでに入籍済みでお互い忙しい。すでにお子様もおりなかなかゆっくり時間が取れない。などなど色々と事情もあると思います。1.5次会は手軽さも特徴のひとつです。時間がないお二人には1.5次会専任スタッフがお近くの駅までお伺いしてお打合せ致します。時間がなくても1.5次会のプロデュースはお任せください。

1.5次会は様々な要望にお応えできるプランが沢山ありますが共通する項目はリーズナブルなウェディングと言う部分です。1.5次会は基本的に会費制で行うウェディングスタイルになります。ご祝儀をゲストから頂く事もありませんのでゲストへのご負担も軽減されます。また1.5次会に掛かる費用は会費で精算ができるのでお二人にもご負担はかかりません。

1.5次会の素敵な魅力

◆ その1 1.5次会はとってもリーズナブル挙式もできて普通の結婚式より約半分の予算!!

1.5次会だとしっかりした挙式のイメージはあまりない方が多くいるようですが私達がご提案する1.5次会はしっかりとしたチャペルや神社での挙式をできるように整えております。もちろん宗教や形式に全くとらわれない1.5次会ならではの人前式のご提案も沢山ご用意してお待ちしております。「でも、そんなに色々注文したらいくら1.5次会とは言っても高くなっちゃくんじゃないの?」とご心配の方々はご安心ください。確かにいくら1.5次会とはいえ沢山オプションをつけてしまえば初期のご予算よりは金額は高くなると思います。しかし通常のご披露宴のお値段と比較するとその差は半額近くのお値段になります。しかも高級ホテルや専門式場などを貸切にしてコース料理でおもてなしもできる!!こんな贅沢でお得な1.5次会プランはここだけのオリジナル1.5次会プランです詳しくはこちら

◆ その2 1.5次会のイメージに合わせて選べる様々な会場!!

1.5次会の魅力はお二人のイメージに合わせて色々と選べる事にあると思います。
ホテル・専門式場・高級レストランのようなフォーマルな雰囲気からカフェやフリースペースなどのカジュアルな雰囲気。またサッカースタジアムや様々な記念館やミュージアムなどお二人の要望次第で作る事がきます。しかもどの場所でも1.5次会のメニューを利用できるので費用もリーズナブル!!詳しくはこちら

1.5次会のパーティースタイルってどう決めればいいの?

1.5次会のパーティースタイルを決める為にはまずはお二人の1.5次会ウェディングのテーマを決めるところからスタートしていきます。お二人がつくる1.5次会のテーマは難しく考えずにお二人が好きな事柄・場所・好きな言葉などから考えると良いと思います。まずはお二人の1.5次会のテーマを決めれば1.5次会のスタイルも自然と決まります。是非ともお二人らしい1.5次会テーマを考えて一生の思い出にしてください

1.5次会にある自己負担額って
なんですか?

1.5次会の自己負担額については各社様々ではありますが弊社の場合はお申込金額に必要な50,000円が自己負担額になります。その他に必要な金額については弊社のプランをご利用頂く際には特に必要ありません。1.5次会の開催の場合人数に合わせてご予算が決まりますので少ない人数よりも多人数の1.5次会の方が色々なアイテムが無料プレゼントになったりと特典が多くもらえます。しかし、ご契約の人数よりも当日のご欠席などで参加人数が減ってしまった場合は【1.5次会の参加会費×ご欠席の人数】が自己負担額になってしまいます。ご予算の部分はしっかりと1.5次会専任プランナーと打合せをお願い致します詳しくはこちら

1.5次会を行う会場は色々あるけど何が違うの?

1.5次会の会場は様々用意されておりますがどこが違うのか?と言う部分が気になります。
簡単にご説明をしてしまうと以下のようにまとめる事ができます。

  • ◆ レストラン

    料理の美味しさに期待ができます。
    名前のあるレストランならある程度会費が高くても納得できる満足のある1.5次会の開催ができます

  • ◆ カフェ

    カフェ系は予算をリーズナブルに収めたいと考えている方におススメです。しかし少々プランニングを間違えると2次会の雰囲気になってしまいますのでご注意ください。1.5次会のプランニングをしっかりしていきましょう!!

  • ◆ ホテル系

    フォーマルな1.5次会を望まれる場合には最高のホテル・専門式場ですがそれ以外でも100名を超える1.5次会の開催をお考えならおススメです。ホテルなどは多くの人数の受け入れができるように設計された建物なので100以上のパーティーなどの場合にはとってもスムーズな1.5次会運営が可能になります。

  • ◆ その他

    その他の1.5次会会場は変わりネタのオリジナルウェディング系のスペースになります。ちょっと違った企画をお考えのお二人にはフリースペースなどで1から作り上げる1.5次会というのも良いと思います。サッカーが好きな方にはサッカースタジアムでの挙式が絶対におススメです!!

1.5次会会場はいつまでに
決めれば良いの?

1.5次会の会場は開催日の6ヶ月~4ヶ月前が良いと思います。レストランなどでは1年前の予約は取れないレストランなどあります。またホテルや専門式場での1.5次会の場合は通常の結婚式の予約が先行されるので1.5次会の予約は4ヶ月~3ヶ月前と言う場合が多くあります。1.5次会の場合は専任プランナーと一緒に会場を探すとアドバイスも聞けたり特別な裏技があったりとお得な事が増えたりします!

会場の見学の前に決めておくと
良いポイントは?

1.5次会を行う会場をある程度決めたら次はいよいよ会場見学です。
会場を見学する前にこれだけは決めておく必要がある事柄があります。まずは1.5次会にご招待する人数は決めておきましょう。正式なものでなくて結構ですザックリで構いませんので1.5次会の出席者人数は必要です。その他は当たり前ですが1.5次会の実施日と時間ですね!!これがないとスケジュールがたちませんのでご注意ください。その他の事柄はある程度後からでも大丈夫です。人数と日時はしっかりと先に決めてからご見学には望んでくださいね。

会場の見学予約時に気をつける
ポイントは?

まず1.5次会の会場見学に行く際は必ずご予約をいれるようにしましょう。1.5次会専属プランナーへ先にお申込がお済の場合は1.5次会専属のプランナーが会場予約をしてくれますのでご安心ください。会場見学は土日が多いとは思いますが土日ですと見学に日程に別方々の1.5次会が入っており貸切という事もあります。平日の夜にお時間があるようでしたら1.5次会の開催エリアを絞り込み数件まとめて回ってしまうと良いと思います。1.5次会の会場見学には30分程のお時間が必要になります。移動時間も考慮すると次の見学までに見学終了後1時間は間を空けて予約をとるようにしましょう!

会場見学時に気を付けて
見ておきたいポイントは?

1.5次会の会場見学時に気を付けて見ておきたいポイントについてアドバイスをしておきます。まず大切な事はその場所はゲストが発見しやすい場所なのか?と言う部分になります。1.5次会に招待したゲストが迷ってしまう場所だとちょっと厳しいですよね・・・。立地条件は大切です。次に会場までの導線にも注意しましょう。勿論1階のオープンテラスがあるようなお店であれば問題はありませんが、2階以上の会場だったり地下であったり1.5次会で使用する会場は様々だと思います。1.5次会終了後に皆さまがスムーズに退出できるような導線が確保されているのかも重要です。例えば1.5次会の招待ゲストが80名で5階の会場を使用した場合に1階への移動手段が1機のエレベーターだけとなると少々厳しい状況ですよね・・・。盲点なのが歩行者天国などの交通規制です。会場内に控室があり1.5次会のお仕度が会場内で出来る施設なら問題ありませんが控室がない会場をお選びの場合などはお仕度場所からタクシー移動という事もあります。出来るだけ1.5次会の会場付近でタクシーから降りられる事が勿論ベストです!!
歩行者天国などの交通規制などには十分注意しましょうね!!詳しくはこちら

1.5次会の準備スケジュール
については?

1.5次会の準備のスケジュールはパーティーの規模にもよりますが、比較的半年くらいの期間で会場を決めて進行をまとめるお二人が多いようです。海外挙式後の帰国後の1.5次会パーティー多いとも言えますが、堅苦しくないパーティーで手軽に楽しくと考える事もあり1年前から色々と選んでと言うよりも、テーマとやりたい事を決めたお二人が弊社のような会社に1.5次会を依頼する際に一番多い期間が6ヶ月前後と言う感じになります。とは言え挙式もやってご披露宴もご親族様を呼んでしっかりやりたというお二人は1年前から資料請求をしながらじっくり考えながら1.5次会を進めておりますので結婚式のカタチつくりをどのようにするかによって期間は変わって参ります。詳しくはこちら

  • ◆ 1年~半年前 会場探し&会場申込

    ※ホテル・専門式場などへの予約については4ヶ月前又は3ヶ月前のご予約になります

  • ◆ 約3ヶ月前までに列席者をある程度選別をお願いします

  • ◆ 約3ヶ月前に招待状を発送します

    装飾の打合せや衣裳選びなども始まります

  • ◆ 約2ヶ月前に進行の打合せが開始されていきます

    プランナーと当日の段取りを含めてある程度の詳細事項の打合せが入りますこの時期までに色々と決められる部分は決めておくとスムーズです

  • ◆約1ヵ月前に司会者を含めた打合せがあります

    司会者を含めた打合せは進行における最終のお打合せになります。1.5次会の進行をどのように進めていくのかを決める大切な打合せです。当日の雰囲気や祝辞をお願いしている方のフルネームなど伝え間違えないように準備を進めておきましょう!!

1.5次会のご招待するゲストの
人数について

1.5次会のご招待者の人数についてはできるだけ多い方が良いです。これは1.5次会が会費で行う結婚式というスタイルをしている為1.5次会のご招待客は出来るだけ多い方が良いというお答えになってしまいます。何故1.5次会の人数は多い方が良いのかと言うと、1.5次会のような会費で行う結婚式の場合は人数×会費で1.5次会結婚式の総合計の予算が決まる事になります。このご予算の中よりお料理やお飲物を含め衣裳・美容・装花など様々なアイテムの費用を算出していきます。その為、総額の費用が少ないよりも多い方が経費にかけられる予算も多くなり様々な特典に還元する事も可能となります。また多くの人数が集まる事で会費設定金額を下げる事もできる為、1.5次会は沢山人数を呼んだ方が良いよと言われております。

1.5次会の結婚式に会費以外の
ご祝儀は必要なの?

基本的には会費制で行われる1.5次会などの場合にご祝儀は必要ありません。会費の他にご祝儀をゲストから頂戴してしまうとゲストのご負担が増えてしまいます。それでは折角1.5次会のような会費制の結婚式を開催した意味がなくなってしまいます。基本的に1.5次会スタイルの場合は会費以外にはご祝儀などは必要ありません。

1.5次会の会費はご祝儀袋に入れて用意したほうがいいの?

1.5次会スタイルの場合は受付時に会費を皆さまから頂戴するようになります。特にご祝儀袋に入れる必要は無いかと思いますが、気になるようでしたら封筒などにいれて受付の方にお渡しを頂くようにするとスマートにまとまるとは思います。会費制で行われる1.5次会などでは受付に釣銭の準備はしてありますができるだけお釣りが出ないようピッタリの金額をご用意して頂けると受付がスムーズで大変助かります。

ゲストに急な欠席者が出てしまいましたどうすれば良い?

予定していたゲストに急な欠席者が出てしまった場合は出来るだけ早い段階で担当のプランナーに連絡をお願い致します。例え決まった席がない立食スタイルでの1.5次会だとしても人数の変更は非常に大切な項目になりますので必ず担当のプランナーまでご連絡をしましょう!!このような人数変更はプランナーから1.5次会の開催会場へ連絡が入ります。お二人から直接1.5次会の開催会場へご連絡をしてしまうと情報が混乱する事がありますので人数変更など諸々の情報窓口は必ずプランナーご連絡をお願い致します。

1.5次会に招待されていたのに急に欠席しないといけない場合は?

逆にご自分が1.5次会などに招待をされて居たにも関わらずどうしても行けなくなってしまった場合にはラインやメールではなくお電話するなどできるだけ直接お話しできる環境でお断りをした方が良いでしょう。ラインやメールは便利なのですが1.5次会の結婚式などのパーティーなどの場合はしっかりと事情を説明しお断りをしましょう。

だから1.5次会などは招待状が
必要なんです

カジュアルな1.5次会パーティーだから招待状とか必要ないです。と言う事をお打合せでよく耳に致します。確かに「カジュアルなパーティースタイル」をテーマにすると招待状など面倒事は必要ないと思われがちです。しかし、カジュアルな1.5次会パーティーでも招待状を送る事で「カジュアルの中にも礼儀あり」という雰囲気を演出する事ができます。メールやラインで招待したゲストは、気軽にメールやラインで突然キャンセルの連絡が飛んできます。人数管理が重要な1.5次会などでは少々面倒でも招待状などを出して多少のフォーマル感の演出する事も重要です。こうする事で急なキャンセル防止にもつながります。

1.5次会は少人数でもできるの?

1.5次会を少人数で行う事も勿論可能です。専属のプランナーに何名位でどんなスタイルが良いかをご相談下さい。ご希望にあった1.5次会の会場とプランをご紹介させて頂きます。
少人数でのパーティーの場合は大きな会場を貸切る為にはその会場で設定している最低貸切保証額をクリアする必要があります。1.5次会で使用する多人数帯の入る会場の場合はこの貸切最低保証額が高額な設定になっております。その為、人数に合わせた会場を1.5次会専属プランナーがご紹介させて頂きます。ご安心下さい。

1.5次会で完全オリジナルなウェディングパーティーを開催できるの?

オリジナルウェディングを1.5次会で作り上げる事もできます。テントは張ったりテーブルや椅子を野外に設置したりお二人でつくる完全オリジナルなウェディングスタイルを1.5次会として会費制で行ってみるのも勿論大歓迎です。牧師さんだって手配しますので森の中などでキリスト教式をする事ができます。友人と楽しく過ごすお二人だけの完全オリジナルな1.5次会!!どうですか??とっても魅力的ですね!!1から一緒お手伝いさせて頂きます!!詳しくはこちら

1.5次会は挙式&披露宴もできる?

1.5次会だからカジュアルな結婚式だけではありません。当然1.5次会でも挙式とご披露宴をしっかり行う事ができます。挙式のスタイルも教会で行う洋装スタイルから神社で行う和装スタイルな挙式までご対応可能です。またご披露宴につきましてもレストランのラインナップだけではなくホテルや専門式場でのコース料理もご用意しております。弊社のご用意している1.5次会プランを賢く利用し上質な結婚式をよりリーズナブルにお楽しみください。詳しくはこちら

1.5次会の会費相場の目安について

1.5次会の会費の目安は、どのような会場でどのような料理のスタイルで1.5次会を実施するかで決まります。会費設定の目安は以下のようになります。詳しくはこちら

  • ◆ 着席スタイル(フルコース) ホテル/専門式場/レストラン

    会費相場15,000円~25,000円 【着席でのコース料理&フリードリンク】

  • ◆ 着席スタイル(ビュッフェスタイル)レストラン/カフェなど

    会費相場10,000円~15,000円【人数分の席を用意したビッフェスタイル】

  • ◆ 立食スタイル(ビッフェスタイル)レストラン/カフェなど

    会費相場10,000円~12,000円【全員の着席は難しいが半数は座れる立食スタイル】

1.5次会の会費設定をする際に注意が必要な事は?

1.5次会で一番気になる部分は会費の設定だと思います。会費の設定は「どのような場所でどのような料理を提供するか」で決まります。高級なレストランやホテルなどでコース料理を振る舞えば会費は高い設定になります。しかし、名の知れたホテルや高級店であれば多少高額な会費設定だとしてもご祝儀の金額を上回らなければそれほど問題はありません。一番難しいスタイルは立食でのカジュアルな1.5次会になります。このパーティーをご希望されるお二人はカフェなどでの気軽なパーティーをご希望されるケースが多くあります。会費の設定も10000円前後の要望が多いのですが1.5次会は美容・衣裳・装飾と料飲食代金の他にも様々な経費が必要になります。会費を安く設定するにはお二人の経費負担も大きくなります。とは言えカフェの1.5次会立食スタイルで設定できる会費の金額にも限界はあります。立食スタイルなどでカジュアルに演出する為には会場選びがとても大切になります。例えば船上で行う1.5次会や1軒貸切できるハウススタジオでの1.5次会スタイルなどちょっとした工夫が必要です。単純に安いからと言ってカフェなどを選択する場合には会費設定に十分配慮をする必要がありますので担当プランナーとしっかりとお打合せをお願いします。

最終的に1.5次会の自己負担金ってどれくらいなの?

リーズナブルとしか言われない1.5次会ですが料金形態がいまひとつハッキリとつかめない所があると思います。ここで1.5次会の料金の仕組みについて詳しくご説明をさせて頂きます。1.5次会を行う為にはまずは1.5次会をプロデュースしてくれる弊社のようなプロデュース会社へ申込みをする必要があります。なぜ?と言う疑問があるかと思います。プロデュース会社にはそれぞれ独自のパッケージプランがありホテルやレストランと提携しております。その為、会場へ直接お申込みをするよりも1.5次会をスムーズにリーズナブルに開催する事ができる仕組みを作り上げております。プロデュース会社へお申込をする際にお申込金額が必要になりますのでこの金額が自己負担金に相当します。弊社の場合では50,000円をお申込金額としております。お申込金額を頂戴することで会場の予約などに必要な予約金などの事前に掛かる経費などに使用して参ります。その他に必要な1.5次会での自己負担金額についてはこのような仕組みで発生していきます。

1.5次会開催の約1週間前後に最終のご契約人数が決定致します
この時点で以下のような計算で総合計のご予算が算出されます。詳しくはこちら

  • ◆ 最終人数 × 会費 = 1.5次会総合計金額

    この1.5次会総合計金額こそが最終的なご契約金額になります。つまり1.5次会に参加されるゲストが最終人数と同数であればご負担金額はお申込金額のみとなります。人数が多くなった場合はお二人にキャッシュバックが発生します。しかし、予定していた人数よりも1.5次会への参加ゲストが少なかった場合は少なかった人数×会費分の自己負担が発生してしまいます。1.5次会では人数調整がとても大切になります。比較的人数調整が難しいスタイルが立食で行われるカジュアルな1.5次会です。人数も多く集まりやすいのですがキャンセルも発生しやすいスタイルになりがちです。自己負担を出さないように弊社ではお二人とのお打合せで決めた人数よりも5名程少なく会場へお申込をするなどしてお二人の自己負担額を減らせるような工夫をさせて頂いております。

1.5次会の進行はどんなもの?

進行はお二人の望むスタイルにより大きく変化は致します。挙式や披露宴をしっかりやりたいというお二人の1.5次会はしっかりとしたウェディングパーティーの進行をご用意致します。入場・ご主賓のご挨拶・ケーキ入刀・乾杯・お色直し・手紙朗読・花束・謝辞・送賓と言うようにご披露と変わらずに進行致します。進行はお二人の要望に合わせて専属プランナーがしっかりコーディネート致しますのでお任せください。

1.5次会のデメリットはどんな
ところ?

  • ◆ ご年配のご親族には1.5次会スタイルが理解しにくい

    1.5次会という結婚式のスタイルは最近の結婚式のスタイルになります。昔ながらの結婚式ではありませんのでご年配の方には違和感がある方もいるかと思います。ご親族がご出席の場合はフォーマルスタイルな1.5次会がおススメです。

  • ◆ 会費制という部分が慣れていない

    結婚式を昔から会費制で行っている地域もありますが、関東での結婚式では会費で行う習慣はなく会費で行う結婚式のスタイルに慣れていない方もいるかと思います。

  • ◆ ご祝儀をどうしてよいのかわからなくなる

    会費制というスタイルがまだ浸透していないのでご祝儀を持っていくべきなのかなど混乱を招く恐れもあります。対策として招待状などに一言記載するなど配慮が必要になります。

  • ◆ カジュアルな雰囲気に違和感

    1.5次会のカジュアルな雰囲気に慣れていない恩師や会社の上司などをお招きする場合にはVIP席の設置など十分な対策をしておもてなしの心を忘れないようにする必要があります。

  • ◆ プランナー選びがとっても大切

    結婚式場などで行うウェディングとは環境が大きく変わる1.5次会。リーズナブルに手軽に楽しめるウェディングをスムーズに進める為には裏方であるプランナーの力量が問われてしまいます。ゲストの皆さまと楽しく過ごす時間を作れるプランナーと出会う事が1.5次会を成功させる為に必要な要素です。1.5次会は会場にお申込をする訳ではなくプロデューサを雇うというイメージなります。プランナーの力量は1.5次会の進行に大きく影響していきますので相性の良いプランナーさんを選びましょう。

1.5次会の会場選びで大切な事

  • ◆ 出来るだけ四角いフラットな会場を選ぶ

    会場選びは1.5次会においてとても大切ですがイメージだけで選んでは良くありません。
    やはり使いやすくないと雰囲気がうまく作れません。会場のカタチであまりパーティーに適していない会場はこのような会場です。

    ・奥行きがありすぎて長細い会場
    ・L字になっている会場
    ・2階席がある会場
    ・大きな柱が中央にある会場

    長細い会場がNGな理由
    長方形な会場の造りと長細い会場は違います。左右の広さはあまりなく奥に長い構造のお店になります。奥と手前でグループが作られてしまい雰囲気の統一が図れなくなる可能性があります。

    L字な会場がNGな理由
    L字な会場も雰囲気がバラバラになりやすいのですが、それよりもL字の会場の場合は主役のお二人がいるスペースにゲストが集中しやすいので会場が窮屈になる可能性も考えられます。

    2階席がある会場がNGな理由
    2階席は使い方次第では有効に使える空間だと言えますが、2階がある事で2階にこもってしまい出てこないゲストが出る可能性があります。ゲームなどにも参加してくれないなどの事例もありますので十分に注意が必要です。

    大きな柱がある会場がNGな理由
    柱の影響でイベントをしていても何をしているのか見えなくなる可能性があります。全体が見渡せない程の柱があったら要注意です。詳しくはこちら

  • ◆ 1.5次会の会場は立地も大切

    1.5次会にご招待するゲストは友人ばかりはありません。先輩・恩師・会社の上司・ご親族など今までお世話になった方々も多くご招待しております。その為1.5次会の開催会場は出来るだけ解り易い場所であることはとても大切です。ビルの地下や駅から遠い場所などはできるだけ避けた方がよいでしょう。できるだけ有名な施設などが近くにあったり大通りに面していたりと目印がハッキリしている会場がよいでしょう。友人中心のパーティーであれば予算重視で多少わかりにくい1.5次会の会場を選ぶ事もあります。そのような場合はウェルカムボードをしっかりと出す必要があります。この時のウェルカムボードの役割はイメージ重視と言うよりも「私たちの1.5次会会場はココです」という存在感が重要です!!

  • ◆ イメージした1.5次会パーティーが開催可能かどうかで選ぶ

    1.5次会の会場を選ぶ場合に大切な事の中でも自分たちのイメージした内容ができるかどうかと言う事もとても大切です。ゲストの事も大切ですがお二人のやりたい事ができる空間なのか?と言う事も1.5次会の会場選びにはとても大切な項目です。例えば、ダンスを踊りたい・歌を唄って欲しい・DJを入れたい・バンドをやりたい・ブーケトスをしたい・集合写真を撮影したい・・・などなどあります。

    ・音楽系イベントをしたい場合
    1.5次会でダンス・歌・バンド・DJなどの音楽を使用するイベントを行いたい場合は何よりも音楽系のイベントが開催可能な空間を選ぶ必要があります。特にバンドなどでドラムを使用する場合はドラムが持込みOKな1.5次会会場を選ぶ必要があります。1.5次会会場特集などで音楽演奏OK・DJOKと記載があってもドラムだけはNGと言う場合があります。まずはしっかりとした確認が必要です。次に音楽系イベントを行う場合の最大の注意事項についてお伝え致します。それは・・・スピーカ問題です。音楽系イベントをしっかり楽しみたいと1.5次会パーティーの中心に音楽イベントをもってきたからには、音楽はいい音で鳴る必要があります。しかし通常1.5次会パーティーが可能な空間で音楽系イベントに耐えられる音響設備を揃えている会場はありません。この機材のスペックをしっかり見る事ができないと折角の音楽イベントが台無しになってしまいます。また誰も入ってない時の音量とゲストが沢山入った際の音量は圧倒的に違います。音楽イベントを行う場合は必ず別の機材を用意し会場のスピーカなどは使わないようにする方が得策です。早めに相談し対策を考えておきましょう。

    ・ブーケトスや集合写真撮影をしたい
    1.5次会ではどちらもメジャーなイベントですね。ブーケトスを1.5次会で行う場合はある程度の天井の高さが必要になります。天井高のない会場でブーケを投げてしまうと天井に激突してしまいボロボロになったブーケがゲストに落下すると言う事態になってしまいます。1.5次会の会場の天井高が低い場合はブーケトスではなくブーケプルズと言う方法で対応致します。ブーケプルズはブーケトスと違いゲストにリボンをもってもらい一斉に引いてもらいます。どうしてもトスしたい場合は天井高のある1.5次会会場を選ぶ必要があります。集合写真などについては基本的にどの会場でも可能ではありますが人数が多い場合などには注意が必要になります。1.5次会の参加者が会場の収容人数ギリギリの際は予めカメラマンと集合写真の撮影場所なども決めておく必要があります。また、事前に伝える事でカメラマンが集合写真を想定したレンズなどを準備してもらえますので状況を事前に知らせておく事も大切になります。

  • ◆ 1.5次会会場に控室はある?

    1.5次会会場選びで大切な事には控室があるかどうか?と言う部分もとても大切です。控室はお二人が準備する空間でもあります。控室がないと別の場所で支度をすることにもなります。控室があるかどうかは重要なポイントになります。またご親族様をご招待している場合などは控室の他にゲストの更衣室になるような場所の確保も必要になる場合もあります。
    控室も会場の導線を考えてどこにあるかなどの注意も必要です。1.5次会開催時に招待ゲストにばれないように入場口に移動したいと思います。控室から入場口までの導線確保も演出上はとても大切ですね。

  • ◆ 1.5次会に招待したゲストの荷物はどこへ?

    1.5次会に招待したお客様のお荷物はどこでお預かりするのでしょうか?という質問をお受けする事があります。実はこれも会場選びのポイントになります。1.5次会をある程度フォーマルなウェディングパーティーに仕上げる為にはご招待したゲストのお荷物の管理などにも配慮しておく必要があります。1.5次会でよく利用される会場にはお荷物を預かるクロークなどが設置されておりますがレストランなどで1.5次会を行う場合はそのような設備がない可能性もあります。寒い時期などはコートなどを預かる配慮は必須になります。カジュアルパーティーだからと言っても1.5次会ウェディングである以上はこのあたりの細かな気遣いは必要ですね。

  • ◆ 1.5次会の映像演出方法は?会場選びがポイント?!

    ウェディングで最近人気の演出方法と言えばやはり映像演出ですよね?1.5次会でももちろん映像演出を楽しんで頂く事ができますが、やはりここでも1.5次会の開催会場選び方にちょっとしたポイントが必要になります。映像演出を円滑に行う為にはどの様な設備で映像を上映できるのかなども確認しておく必要があります。例えば、液晶プロジェクターとスクリーンを仮設で設置するのか?天井から吊り下げてあるのか?大型プラズマビジョンが常備設置されている状況なのか?などが確認事項に必要になります。また操作する場所がどこにあるかでも1.5次会の映像演出が成功するかどうかを左右するポイントにつながります。1.5次会の会場下見に行った際に映像設備などが会場に常備設置された環境にある会場は機械の操作を一括で行えるような場所が会場内にあると思われます。場所を確認して機材の写真を出来るだけ詳細に撮影しましょう。打合せの際に非常に役に立ちます。1.5次会の開催会場内に常備設置されていない会場の場合があります。【※レストランに比較的多い】このような場合は映像の機材のみ仮設で独立している為に1.5次会開催当日に映像を操作するスタッフが余計に1名必要になる可能性がでるという事になります。会場のスタッフさんが上映してくれる場合もありますが、できれば打合せを重ねてきたスタッフがお二人の想いを受け継ぎ上映する事が望ましいと思います。わからない時はとにかく機材の写真を撮影する事が重要です。機材は専門のスタッフに見せる事が一番良いと思います。友人の詳しい方よりもウェディングに携わる専門の技術スタッフがおります。わからない時は写真を見せて相談しましょう。

  • ◆ 1.5次会の会場選びのポイント マイクの本数は?

    1.5次会の会場選びのポイントで見落としがちな細かな部分です。しかしここを見落とすと当日が大変になってしまいます。それは使用できるマイクの本数です。「マイクありますよ」と1.5次会の会場スタッフより言われてしまうと妙に納得してしまい複数本あるものと考えてしまいます。1.5次会などのパーティーで必要と思われるマイクの本数は以下のようになっております。

    ・司会者用マイク(有線マイク)1本 ※司会が1名の場合
    ・ゲスト用マイク (ワイヤレスマイク)2本

    つまり最低でも3本のマイクを使いながら1.5次会は進行されていきます。
    司会者にはできれば混線などの心配がない専用の有線マイクを渡せるとベストです。後はワイヤレスマイクが2本あれば1.5次会の進行の中でどのようなイベントでも対応できると思われます。その為、マイクは最低3本の用意がある事がベストになります。

  • ◆ 1.5次会に招待したゲストの荷物はどこへ?

    1.5次会に招待したお客様のお荷物はどこでお預かりするのでしょうか?という質問をお受けする事があります。実はこれも会場選びのポイントになります。1.5次会をある程度フォーマルなウェディングパーティーに仕上げる為にはご招待したゲストのお荷物の管理などにも配慮しておく必要があります。1.5次会でよく利用される会場にはお荷物を預かるクロークなどが設置されておりますがレストランなどで1.5次会を行う場合はそのような設備がない可能性もあります。寒い時期などはコートなどを預かる配慮は必須になります。カジュアルパーティーだからと言っても1.5次会ウェディングである以上はこのあたりの細かな気遣いは必要ですね。

海外挙式の映像や写真を見せたいのですがどうすればいいの?

海外挙式後のアフターパーティーで1.5次会をお考えのお二人からはこのようなお問合せを頂く事があります。映像については撮影された動画がDVDなどにまとまっていればお預かりして上映する事ができます。お手持ちのビデオカメラなどで撮影された動画に関しては弊社で簡単に編集することも可能です。写真などもお持ち頂ければ会場内に飾らせて頂きます。また写真データーのスライドショーを作成する事もできますのでご要望があればお申しつけください。

1.5次会のドレスについてはどういうドレスがあるの?

弊社ではいくつかのドレスショップと業務提携をしております。お選び頂けるドレスの総数は500点以上になります。お好きなドレスショップで試着をしながらお選び頂けますので必ずお気に入りの1着に出会えます。また弊社ではドレスが含まれた1.5次会会費制パッケージのご用意もございます。プラン内のご料金内であれば無料でドレスをレンタルする事もできます。詳細は専属プランナーまでお問合せください。

1.5次会はゲストと一緒に楽しめる進行がベスト

気軽に楽しくがコンセプトの1.5次会では友人と楽しく過ごせるような進行を作る事が大切です。とは言ってもいい加減に行う事ではありません。「とりあえず乾杯してお酒があれば大丈夫」と言うお言葉を聞く事もありますが、やはりある程度はしっかりと締める部分は締めた方がメリハリのある1.5次会になると思います。前半部分はしっかりとご挨拶などを入れます。乾杯から少しずつテンションを上げていきながら後半で感動の演出という流れが1.5次会の感動的な進行スタイルになります。みんなと楽しむ事の要素は様々です。ご招待された方々はお二人をお祝しに来てくれた方々でもあります。笑いあり涙ありのウェディングながらの進行作りこそゲストと一緒に楽しむ1.5次会だと思います。

1.5次会の司会友人は友人が良い?それともプロが良い?

1.5次会や2次会など盛り上げたいと言う想いで面白い友人に司会をお願いするケースは多いとは思います。とは言え沢山のパーティーを見てきた専門的な目線でお答えするとやはり1.5次会などの司会はプロが良いかな・・・と思います。これにはいくつか理由があります。

・いくら面白い人だと言っても大勢の人も前で話すとなれば話は別
普段の会話などで皆の中で面白い存在のご友人だったとしてもやはり大勢の見知らぬ人達の前話をするとなると状況が変わります。言葉使いや次になにを言った良いか??など色々と気を使ってしまいます。よほど慣れている方を除いては、友人にはゆっくりと楽しんでもらった方がよろしいかと思います。

・ローカルネタに走ってしまい一部のゲストしか話題に参加できない
仲間内の話題に走ってしまう方がたまにおります。一部のゲストは盛り上がるのですが話題に入れないゲストも出てしまいます。この状況になってしまうと誰も止める事が出来なくなってしまいますので要注意です。

なんと言っても司会を頼んだ友人が一番忙しくなる
1.5次会はみんなで楽しく過ごす事も大切です。司会をお願いしたとは言え招待した大切なゲストの一人になります。司会の仕事は思った以上に沢山あります。色々と気も使います進行もしなくてはなりません。恐らく一番忙しくなってしまいます。ご招待した大切なゲストをおもてなしする事は何より大切な1.5次会の考え方ですね。

このような事柄から1.5次会の司会はプロに任せた方がみんなで楽しくお時間を過ごす事ができると思います。もし、どうしてもと言う友人がいたら一部の余興だけ司会をお任せするなどして出来るだけ負担を減らすような配慮をしてあげる事も必要かと思います。

1.5次会では引き出物は必要?

引き出物については皆さま様々な考え方で手配しております。例えばしっかりとフォーマルに1.5次会を会費で行いたいと考えている方は、引き出物を手配しております。最近の引き出物はカタログギフトなどが人気の引き出物として多くご利用頂いております。カジュアルな雰囲気の1.5次会などでは簡単なプチギフトを配るだけの方もおります。会費の金額設定や1.5次会全体の雰囲気などで引き出物をご用意するかを決める方が多いです。プチギフトはお見送り時にお渡しする300円前後のアイテムが人気のアイテムになります。プチギフトを選択した際は大きすぎない方が良いとは思います。男性ゲストは大きなカバンなどは基本的にもっておりません。ポケットに入るくらいのサイズが良いと思います。

1.5次会の会場装飾について

1.5次会のテーブルコーディーネートもイメージ合わせて様々楽しんで頂ける事ができます。今まで私達がお手伝いしてきたお二人のなかには自分の好きなキャラクターを沢山お持ち込みになられてメインテーブルやケーキのテーブルなど様々な場所に飾られていた方もいらっしゃいました。フォーマルスタイルな1.5次会などのゲストテーブルにはグラスや食器がテーブル上を飾っております。更に通常の結婚式ではこの中央部分に様々な高価な装花を置くことになります。この装飾花こそが予算を引き上げる要因ともいわれております。その為1.5次会などでは装飾にはひと工夫を加えて余計な予算引き上げにつながらないようにご案内させて頂いております。例えばテーブル毎にご招待したゲストを撮影されたお写真を中央に装飾するなどして装飾を盛り上げるようにします。こうする事で高価な装花を使用することなく楽しめる装飾を施す事が可能になります。また席次用や席札などについても最近は手作りされる方が多く、テーブルのイメージやその会場のコンセプトに合わせてデザインしお持ちになられております。

いまの時代に1.5次会がオススメな理由

私たちは長い間結婚式というイベントを様々な方向から見て参りました。20年程前の結婚式は家と家をつなぐイベントとして媒酌人を立ててしっかりと形式にのっとり行う事が一般的とされておりました。この頃の結婚式はホテルや専門式場で行う事が当たり前とされレストランなどでの結婚式などはありえない時代とされておりました。その背景には結婚とは家と家をつなぐ儀式とされており、結婚する2人のイメージだけで決められることが少なかった時代だったとも考えられます。そしてインターネットの普及により海外の自由なスタイルで行われる結婚式の情報も沢山手に入るようになり色々なカタチの結婚式が誕生してまいりました。また結婚式に対する考え方にも大きな変化が生まれ、家と家をつなぐ結婚式という考え方から二人で楽しむ結婚式のスタイルへと変化をしていきました。またご予算面でも昔のように数百万円かかる結婚式というスタイルは非常にすくなくなり場所や物にお金をかけるのではなく楽しい思い出を残すために工夫をする結婚式のスタイルが多くなってまいりました。沢山の友人と楽しく過ごす結婚式のスタイルが増えているこの時代に1.5次会という会費制のウェディングは思い出を残すというテーマにはピッタリのスタイルと言えます。少ない予算でもお祝してくれるゲストが居れば楽しい時間が作れることを結婚式業界のスタッフではなく多くのお客様の様々発想から生まれてきたパーティースタイルが1.5次会と呼ばれる結婚式のカタチです。そして1.5次会が一般的になり始めて10年以上が経過し1.5次会の結婚式も多くの失敗から沢山を学ばして頂きました。現在の1.5次会は洗練されたパーティースタイルとしてフォーマルにもカジュアルにも対応でき、どのような方をご招待しても恥ずかしくない上質な物へと進化して参りました。私たちが1.5次会を皆さまにご紹介する理由はただ安いからではありません。上質で満足度の高いパーティーをご提供できる自信があるからこそおススメさせて頂いております。
1.5次会は友人では出来ないのか?
確かに1.5次会をお友達が集まる飲み会スタイルな雰囲気までカジュアルダウンすれば友人の幹事様でも対応ができる事でしょう。しかし、招待状の発送からパーティー進行の管理やお店との打合せに会計・・・そのような見えない運営業務まで心配なく進めていく為には専門のスタッフを必要にお願いしてしまう方が当日までストレスなく準備に集中できる事と思います。またご友人に幹事のお仕事をお願いしてしまうと当日までバタバタと忙しくなり1.5次会を楽しむどころではなくなってしまう可能性もあります。みんな一緒に楽しんで頂く為には専門のスタッフにお願いしてしまった放が余計な気も使わずにトータル的にみてもリスクの少ないパーティー運営ができる事と思います。詳しくはこちら

1.5次会は友人では出来ないのか?

確かに1.5次会をお友達が集まる飲み会スタイルな雰囲気までカジュアルダウンすれば友人の幹事様でも対応ができる事でしょう。しかし、招待状の発送からパーティー進行の管理やお店との打合せに会計・・・そのような見えない運営業務まで心配なく進めていく為には専門のスタッフを必要にお願いしてしまう方が当日までストレスなく準備に集中できる事と思います。またご友人に幹事のお仕事をお願いしてしまうと当日までバタバタと忙しくなり1.5次会を楽しむどころではなくなってしまう可能性もあります。みんな一緒に楽しんで頂く為には専門のスタッフにお願いしてしまった放が余計な気も使わずにトータル的にみてもリスクの少ないパーティー運営ができる事と思います。

1.5次会/会費ウェディング
スタイルとは??

1.5次会/会費ウェディングスタイルとは会費制ウェディングを中心に数々のパーティーを運営しているパーティー運営のプロフェッショナル集団です。在籍しているスタッフはベテランプランナーを中心に集めており他ではできない様々な結婚式をプロデュースさせて頂きました。例えば、ビールかけをパーティー内で行いたいという要望を実現したり、サッカースタジアムで挙式がしたいという夢を叶えて見たりと他のプロデュース会社では出来ないような結婚式を実現させてきた実績があります。私たちの会費ウェディングスタイルでは他社では掲載されていない高級ホテルでの会費制での1.5次会の実施を可能としております。実はこのメニューは私達だけに許された特別なメニューに基づいて契約をしており高級ホテルへ直接お申込みしても存在しない会費ウェディングスタイル独自の1.5次会メニューになっております。私たちは色々なスタイルの1.5次会にお応えできるために他社ではできない様々1.5次会のメニューをご提案させて頂きます。まずは無料相談で私たちのお話を聞いてみて下さい。無料でお二人の最寄り駅までお伺いさせて頂きます。無料相談ですのでお二人に損をさせる事は致しません。結婚式のタイムリーなお得な情報とワクワクするようなパーティーのご提案をお届けさせて頂きます。詳しくはこちら

会費スタイルウェディング他社との3つの違い

  • ◆ 無料出張相談スタイル

    会費ウェディングスタイルではお忙しいお二人の為にご都合の良い最寄り駅までスタッフがお伺いする無料出張相談をさせて頂いております。詳しくはこちら

  • ◆ テクニカル系演出に強い

    会費ウェディングスタイルはでは社内に音響や映像の制作スタッフを常駐させております。その為、バンド演奏やオリジナル映像制作など皆さまのワガママに対応させて頂きます。

  • ◆ 高級ホテル・専門式場・ハウスフォトスタジオ・屋外ウェディング・など様々な会場での結婚式スタイル

    会費ウェディングスタイルでは高級ホテルからサッカースタジアムまでお客様のご希望に合わせて様々な会場を手配させて頂きます。こんな体験がしたかったと思える最高の1日をご提供させて頂きます。

会費スタイルウェディング他社との3つの違い

リゾートウェディング・海外挙式・ご家族中心の結婚式などで既に挙式をされた方が友人を呼んでのパーティーをする場合に良くやってしまう間違えに1.5次会を二次会と表現してしまう方がいます。確かに1.5次会はカジュアルなパーティーとして紹介されており実施されている雰囲気は二次会と大差ないようなイメージがあります。しかし、二次会と1.5次会では色々な部分が大きく違っており一緒に考えてしまうと大きな間違えを起こしてしまい折角の1.5次会を台無しにしてしまう可能性につなげてしまいます。このページでは1.5次会と結婚式の2次会の違いについて具体的に説明させて頂きたいと思います。

  • ◆ 1.5次会と二次会の予算の違い

    まずは1.5次会と二次会の予算を比べていきたいと思います。
    弊社のブログにも1.5次会の予算についてのお話しは沢山記載をさせて頂きました。
    そこでも2次会と1.5次会の予算には大きな違いがある事は書かせて頂いております。
    しかし、お客様とお話しをしていると

    「1.5次会のゲスト会費の設定は結婚式の二次会よりも少し多目に設定すればなんとかなるはずだ」

    と思っている方が多くいるようでした。

    実際に初めてお目にかかるお客様の1.5次会の会費設定で1番多い希望の金額はお一人様会費1万円です。

    理由を聞いてみると二次会みたいなパーティーでカジュアルに
    手軽で安く済ませたいとの希望で会費設定を1万円と設定しているようでした。

    確かに、東京都内の二次会の会費設定の都内の平均は8000円です。
    8000円と言う二次会会費の内訳は料飲食代金+二次会経費となっております。
    都内を離れていくと料飲食代金の違いから会費設定の平均金額は変わっていきますので目安としてお考えください。

    1.5次会を2次会と同様に考えてしまっている方々は
    「結婚式の二次会は会費8000円で出来るのだから雰囲気が2次会と似ている1.5次会は会費設定を少し高めの1万円で開催できるはずだ

    と考えてしまうようです・・・。これは非常に困った問題でもあります。
    タイトルにも述べておりますように2次会と1.5次会はそもそも違いが多くあり似て非なるイベントであります。

    結婚式二次会の会費を安く設定できるにはしっかりとした理由があります。

    当たり前の話ではありますが、二次会とは必ずその前に結婚式があります。
    結婚式と同日に行うパーティーだから二次会という事なります。
    つまりヘアメイク、衣装レンタル、ブーケ、メイン装花、ウェルカムボードなど結婚式で使ったアイテムを2次会で流用する事ができると言う利点があります。このポイントこそが二次会の予算をリーズナブルにするとても大切な要素になります。

    結婚式の2次会は披露宴で使用したアイテムを2次会の会場に運び込み流用する事で費用を削減しコストパフォーマンスを良くしております。

    では1.5次会は同様な事ができるのか?と言うと流用できるアイテムは全くありません。
    何もないところから結婚式に使うアイテムを揃えていきます。
    つまり、雰囲気は2次会のように見えても準備する内容については通常の結婚式とあまり変わらないと言う事になります。プランナーとスケジュールの擦り合わせをして美容、衣装、花、など改めて打合せを重ね準備を進めていきます。更にヘアメイクも1.5次会当日に行っていきます。そうなれば会場のレンタル時間も長めに設定をする必要があるのでレンタル時間も多く必要になり予算も上がっていきます。

    このように二次会は結婚式で使用したアイテムを流用し予算を削減できる事に対して、1.5次会は結婚式の準備をゼロからつくり上げていく事になります。そうなれば予算も2次会と同様の予算では1.5次会は仕上がらない事になります。この部分をどうしても見逃してしまう事が多いようです。1.5次会を行う際の予算には十分にご注意下さい。

  • ◆ 1.5次会は準備にかかる時間も違う

    二次会と1.5次会には大きな違いがあります。それは準備にかかる時間にも違いがあります。前述している通り1.5次会の準備はゼロから始まります。その為、比較的簡単に1.5次会をとらえてしまいがちではありますが、実際準備が始まるとやる事が意外に多い事にびっくりされる方もいます。

    どうのように準備が進むのかと言うと

    まずは会場を選び…と思うかもしれませんが、実はその前の段階でお二人のパーティースタイルをしっかりと固める必要があります。海外挙式後のパーティーなどでは誰を招待して内容をどうするのかで選ぶ会場が変わってきます。中心にしたカジュアルなパーティーにするのか?会社の上司やお世話になった先輩達をご招待するのか?コース料理にするのか?カジュアルなビュッフェスタイルにするのか?など基本的な骨組みを決めていく事になります。このイメージが大よそ出来上がると次に招待ゲストの人数や開催時期などもざっくりと決めていきます。まずは大枠となる1.5次会の方向性を決める事から始まります。

    方向性が決まったら次に会場選びが始まります。会場選びは1.5次会などのパーティーにはとても大切な要素になります。例えば、親族、上司、恩師などを招待するならある程度格式のある落ち着いた場所が必要になります。遠方から来る方は遅れてはいけないと思いますから早く到着する事も考えると待合ができるロビーなどがあるホテルなどが有効になりますね。このように雰囲気がカッコイイとか可愛いいと言う理由だけで決める訳にはいかない事もありますので様々な側面から見てしっかりと検討していくようにしましょう。

    ご友人を中心とした予算重視のカジュアルな1.5次会パーティーならば雰囲気とプライベート感をテーマにしたレストランやパーティースペースを選ぶとまとまりがあります。この会場選びもしっかりとコンセプトを決めて選ぶ必要があります。例えば街中のカフェやレストラン等を選択してしまい友人中心のパーティーの1.5次会を企画してしまうと2次会のような雰囲気から会費設定とのバランスが悪くなり割高なパーティーとゲストに思われてしまう可能性があります。そのような事にならないように会場選びはテーマを決めてお二人の休みを合わせてしっかりと下見に足を運びましょう。会場選びは会場の都合もありますので1日では終わりません。何日かに渡り下見をしていきながら会場選びをしていきます。こうして会場の予約を取る事ができればようやく次のステップに打合せは進んでいきます。1.5次会の会場を決めたら次は招待状の作成をしてドレスショップに衣装選びにいきます。装花や会場コーディネートなどもこだわりが有れば選ぶ事もできます。1.5次会でもコース料理や着席スタイルのウエディングであれば席次表も必要です。
    そうなれば席順も決める必要がありますので時間を使います。簡単に説明をしましたが1.5次会には二次会のように流用できるアイテムがひとつも有りません。ゼロから作っていくパーティーになります。こうして、ひとつ、ひとつ時間をかけて1.5次会は作り上げていきます。この作業工程は通常の結婚式とほぼ同様な工程となります。2次会との違いがだんだん分かって頂けましたでしょうか?かかる費用も時間も1.5次会は2次会の比ではないと言うことになります。

  • ◆ 1.5次会は招待状をしっかり出します!

    「1.5次会だからメールやラインで気楽に誘えば良いよ」

    と、軽く考えでしまってはいけません。前述した通り準備項目も準備工程も通常の結婚式とかわりません。関わる人達やアイテムなどそれに伴う費用も二次会などと比べると随分と違いがあります。2次会のような雰囲気で軽い気持ちで友人を誘えば誘われた方も軽い気持ちでとらえてしまう事でしょう。1.5次会とは通常の結婚式と二次会の間のパーティーと言う意味合いがあります。それは雰囲気だけの問題ではなく、かかる時間や費用も通常の結婚式よりも少なく二次会よりも多いという事になります。二次会の様なイメージで友人と楽しくワイワイとしたパーティーを開催する事はもちろん可能です。しかし必要になる予算や準備にかかる時間は2次会と同様と言う訳にはいきません。

    その為、ゲストを1.5次会に誘う際にはメールやラインなどで軽く誘う事をしてはいけないと言う事ではありません。初動としてはメールやラインなどでお誘いをする事は大切です。しかし、2次会よりも高い会費設定となる1.5次会ではしっかりとゲストに招待状を送り特別なゲストとして招待者をVIP扱いするように心がけていきましょう。

    1.5次会ウエディングなどのおもてなしにはいかに気持ちよく楽しんでもらうか?と言うポイントがあります。適当に誘ったつもりではなくてもラインやメールで1回だけ送って当日まで放って置くような事は絶対にいけません。招待されたゲストが忘れてしまうと言う事も考えられますが適当に扱われている感じを与える事になってしまいますので注意してください。招待状が出来上がったら再度連絡をするようにしましょう。

    できれば招待状を手渡しで届ける事でゲストにVIP感を与える事ができます。この演出は大切なゲストとして招待したと言うおもてなしなにもつながっていきます。

    実は待状を出すのには他にも理由があります。

    例えば…

    「私達、カジュアルな二次会を開くからみんな気軽にきてよ!

    と誘うと完全に二次会に招待された事になります。冒頭でも申し上げた通り二次会のイメージはカジュアルなカフェやレストランでの会費設定8000円程で行われる立食パーティーのイメージが強い可能性があります。

    招待された友人のほとんどが「お酒を飲んでビンゴして景品をもらって帰る。」とイメージすることでしょう。もし、このパーティーを目指していると言うのなら街中のカフェを貸切りにする事をオススメします。しかし、カフェやレストランでビンゴをしてカジュアルな雰囲気を作ってもかかる費用は二次会のように安くはなりません。ある程度の出費は出ると思います。ゲストの会費設定を安くしてしまうとかかるご負担額が高くなるのでカジュアルにすればするほどお二人の出費は増える計算になります。

    その為、1.5次会は二次会のようにカジュアルな雰囲気には致しません。しっかとコンセプトをもちお二人のウエディングパーティーを仕上げていきます。ゲストをパーティーに誘う際もしっかと正式に誘う必要があります。

    今度、親しい友人とお世話になった諸先輩方を招待して結婚の報告会をしようと思っています。◯月◯日に予定をしております。詳細は改めて招待状をお届けしますのでよろしくお願い申し上げます。

    と、こんな感じに誘っていきましょう。一生に一度のパーティーと言いながら適当な言葉で誘ってしまってはただの飲み会になる可能性が高くなります。大切なポイントになりますので注意が必要です。

    1.5次会を2次会の延長のような雰囲気にしない為にも招待状をしっかり出し、1.5次会はお二人にとっての大切なセレモニーだと言う事をゲストにアピールしていく必要があります。このような細かな気遣いをする事で会費設定が二次会よりも高く設定されたとしても、二次会と比較をされずにカジュアルな結婚式としてとらえてもらえるように仕上げていきます。

1.5次会の演出方法とは?

このように1.5次会を行う場合にはゲストを招待するシーンから演出が始まっていきます。
お二人のゲストに対するちょっとした細やかな気遣いが1.5次会を成功に導いていきます。

次にゲストをいかに当日に楽しんで頂けるのか?と言う大きな壁がお二人の前に現れてきます。多くのお客様がこの問題に対して「美味しいお料理を振る舞う」と言う選択をします。しかしコース料理を選択した1.5次会であれば「美味しい料理を振る舞う」と言う事はできるとは思いますがビュッフェ料理を選択した場合は「美味しい料理を振る舞う」という演出は少々難しいと思われます。ビュッフェが美味しくないと言う事ではありません。しかしビュフェ料理とはパーティーのメインに来るものではありません。料理でおもてなしをしたいのであればコース料理を選択するべきでしょう。ビュッフェ料理を選択した場合にはゲストを楽しませる演出などにひと工夫必要となります。弊社のようなプロフェッショナルと一緒に作っていかなくてはなりません。会場の雰囲気が良ければOKと言う事でもないでしょう。1.5次会を行う際にビュッフェを最初に選択する方はとても多いですが、ビュッフェでゲストをおもてなしする難しさに気づいた方々はコース料理に切り替えます。

ブュッフェ料理は1.5次会パーティーメインの「おもてなし演出」にはなりません。1.5次会全体にあるついでの演出のような位置付けになります。コース料理のように広くて豪華なホテルや結婚式場などで美味しいお食事と久ぶりに会う友人との会話でゆっくりとお披露目会を楽みながらお料理を召し上がっていただくスタイルではありません。ブュッフェスタイルはゆっくり座って美味しい料理を振る舞うと言う演出を失っております。ブュッフェスタイルを選んだ方の多くの方々は後々この欠落した部分に不安を感じてしまいビュッフェスタイルを取りやめてしまう事があります。では、ブュッフェスタイルの1.5会を選択した場合はどのようにすれば満足度の高い1.5次会ウエディングを行う事ができるのでしょうか?

その為にはゲストの目線を料理以外の方向性に結びつける必要があります。
目線をずらすとはしっかりとテーマを決めると言う事になります。
世の中のパーティーでビュッフェスタイルの定義は簡易的な食事を意味しています。

例えば芸能人のトークショーに参加した場合にでる簡易的な食事がビュッフェ形式で提供されたりします。この場合のメインイベントは芸能人のトークショーになります。

ビュッフェ形式を用いるパーティーには必ずタイトルとなるテーマがあります。

例えば、「〇〇&〇〇のMUSICライブウェディングパーティー」としたテーマがあれば完全に当日はバンド演奏がメインだという事がわかります。これは少々極端な例となりますがビュッフェ形式とはこのようにテーマをもったイベントとにしなくてはならないと言う事が大切です。1.5次会などの場合は余興を中心としたウエディングパーティーとしてテーマとなる芯をしっかりと決めるなどのひと工夫の必要があります。

とは言え初めてのウェディングパーティーで急にテーマを決めろと言われてもかなり難しい事になると思います。その為に弊社のようなウェディングのプロがおります。私達はウエディングのプロとしてご提案するテーマはお二人を知ってもらう事だといつもご提案しております。非常にありふれたテーマかもしれませんが1.5次会などウェディングパーティーを行ううえではとても大切なテーマであります。

ここで少々質問です。

1.5次会などのウエディングパーティーに参加する方々は何の為にワザワザ来てくれたのか?

しっかりと答える事ができましたか?

この本質を見失ってしまえば1.5次会のウエディングは成功しません。ゲストの皆様は美味しい料理を食べたいと言う事もありますがお二人をお祝いしにきていると言う要素もあります。どんな人と結婚するのか?なども招待ゲストのポイントになります。つまり、ゲストの欲しい情報をしっかりと提供するという事も大切です。これがしっかりできなければ歯切れの悪い映画を見ているような気になってしまいます。

招待されたゲストは今日初めてご新郎様を見る方もおります。また今日初めてご新婦様を見る方もおります。招待したからにはいつどこで知り合ったのか?きっかけは何だったのか?などしっかりとお伝えしていく必要があります。1.5次会で特別な事をする必要はないと思います。しかし、せっかく来て下さったゲストにお二人の事をしっかりと紹介もしないで帰って頂く事はよくありません。いつ・どこで・どのように出会ったか?と言う事は最低限伝わるような進行を1.5次会では用意するようにしましょう。

全てのゲストをVIPとしてもてなす。

二人の事をゲストに伝える事は1.5次会の大切な要素になります。それともう一つ大切な事は招待したゲストを全てV IPとして扱っていく事になります。何か特別な事をする訳ではありません。出来るだけ全員と話をする事や進行内にゲストの参加型イベントを用意するなどして出来るだけ多くの方々に共通の話題で笑ってもらう事が大切です。

ゲストに孤独感を与えては絶対にダメです!

「せっかく来たのに一言も話せなかった…

と思わせてしまうとブュッフェスタイルの1.5次会は失敗してしまいます。ゲストにつまらなかったと言うイメージを与えてしまうと料理や会場の雰囲気の話になります。その小さなキッカケが結果的に「◯◯の結婚式パーティーは最悪だった
と言われてしまう事になります。

これは料理がどうこうではありません。
ゲストに対する気遣いの問題となります。

ブュッフェスタイルを選択した場合はしっかりと演出をする必要があります。演出の内容はプロデュース会社のプロにお任せした方が良いでしょう。お二人がしっかりやらなくてはならない事柄は出来るだけたくさんの方々と話しをする事です。パーティー中はできるだけ一箇所に固まらずに多くのゲストにご挨拶に回ります。余興やイベントに於いてはゲストが参加出来る内容にする事や参加したゲストの多くが話題に触れる内容などを考える必要はあります。

もちろん全く関係ない内容では仕方ありませんので二人のエピソードなどを中心に進めていく事が1.5次会の演出の基盤となります。

1.5次会の演出では芸能人や様々なパフォーマンスにお金を出して呼ぶ事は比較的簡単な事になります。しかし1.5次会に参加してくれたゲストは一体なんの為に参加してくれたのでしょうか?この気持ちを理解していく事が1.5次会を成功に導くカギだと思います!

ゲストの手元に二人から招待状が届き
お祝いしたいと思ったから来てくれた訳です。

とても大切な気持ちです。
これを忘れてはいけません!

せっかく来てくれたゲストと出来るだけ話しをする。
もっと言えば丁寧にお礼をする。
これが1.5次会での二人の大切な仕事なのです。

その他の事は1.5次会のプロデュース会社である弊社にお任せ頂きたいと思います。
しっかりと楽しいイベントを作らせて頂きます。

このように1.5次会で人気のあるブュッフェプランではお料理を「おもてなし演出」としてもっていく事ができません。会費を安くできるから全体の予算を安くできるからと言う事だけでは失敗してしまいます。1.5次会ビュッフェを選ぶ際は内容をしっかりと考える必要があります。もし難しいと感じた場合は少々金額が高くなってもコース料理を選択していく事をお勧め致します。

1.5次会を開催する心構え

せっかく企画したウエディングパーティーを楽しい時間にする為にはホスト役として果たさなければいけない事がある事を認識していきましょう。

1.5次会パーティーは二次会ではありません。
飲み会でもありません。しっかりした一生に一度のビックイベントです。ある程度の予算が必要になります。限られた予算で品質を落とさないプランこそが弊社の提供するパッケージプランです。まずは弊社が提供するプランを信じて頂きたいと思います。

必ず1.5次会パーティーを素敵な価値ある1.5次会に仕上げる事をお約束させて頂きます。

まずは無料相談よりご連絡をお願い致します。

Bridal FairBlog

Bridal FairBlog

wedding Etiquetteetiquette

ACCESS MAP
アクセスマップ

  • 『会費ウェディング STYLE』 自社サロン

    〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 8F

    • お問い合わせはこちら
      営業時間11:00〜20:00
    • 03-6380-0661
  • 自社サロン内観
  • マップ

traffic access

  • 東京メトロ千代田線をご利用の場合

    「赤坂」 徒歩1分(4番出口右折)「国会議事堂前」 徒歩8分

  • 東京メトロ南北線をご利用の場合

    「溜池山王」 徒歩6分

  • 東京メトロ銀座線をご利用の場合

    「赤坂見附」 徒歩6分