blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

1.5次会 ウエディングケーキ1

結婚式や1.5次会パーティー、二次会などお祝いの場面にかかせないウエディングケーキ。

会費ウエディングスタイルでも数多くの1.5次会パーティーをお手伝いさせて頂きましたが、色々な種類のウエディングケーキに出会うことができました。

そこで今回は、今までのウエディングケーキをご紹介しつつ、今流行りのケーキまでご案内をしていきたいと思います。

まずは歴史からふりかえって見ましょう。

■ウエディングケーキ歴史諸説ありますが、ウエディングケーキの起源はなんと古代ギリシャ・ローマ時代。ビスケットを食べ残りを新婦の頭にかける・・・などの風習があったようです。これは小麦が繁栄の象徴と考えられ幸運や子孫繁栄などの願いを込められていたようです。現在のケーキとは全く異なりますが、幸せを願うという意味は昔からあったんですね。

現在のウエディングケーキの形になったのが18世紀頃。イギリスのヴィクトリア女王の時の結婚式。この結婚を機に一般にも広まっていったようです。

これまでのケーキは1段でしたが、19世紀中期になると3段のウエディングケーキになります。シュガーペーストでコーティングしたシュガーケーキ(ドライフルーツ入り)で長期保存が可能です。シュガーペーストの表面は細かな装飾やリボン・花などを用いて飾り付けをすることができ、しっかり湿気を防ぐと100年以上もつといわれています。

3段のウエディングケーキには、

1段目→当日、結婚式に出席した方へ振舞う

2段目→結婚式に出席が出来なかった人へ贈る

3段目→新郎新婦の子供のために保存する

(ケーキは下の段から1段目→2段目→3段目です)

という意味があります。結婚式のケーキが子供が生まれるまで保存をしておくなんて素敵な意味がありますね。

実際の結婚式や1.5次会パーティーではケーキを持帰ることができませんが、コース料理の最後のケーキはこの1段目の出席した方へ振舞う、からきているといわれています。

■日本のウエディングケーキ

最初に日本でウエディングケーキを広めたのが有名芸能人のケーキだったそうです。

今のようなフレッシュケーキ(生ケーキ)ではなく、イミテーションケーキと言われる食べられないケーキです。背が高い、豪華、見栄えがする、ということが特徴です。最近ではホテルウエディングでも目にする機会がなくなってきていますが、こんなに豪華です↓

イミテーションケーキが定番だった時代は派手婚など豪華に演出をすることが人気だったので、ケーキ以外にも衣裳や会場装花、引出物などもとてもゴージャスでした。

そこから、「おもてなし」「一緒の時間を過ごす」など結婚式の作り方が代わってくる頃からケーキも形をかえていきます。入刀したケーキはそのままゲストに振舞えるフレッシュケーキに人気が移行していきます。そしてケーキのデザインも凝ったものではなく、シンプルな1段のフルーツケーキが主流になっていきます。