blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

会費ウェディングで贅沢な時間

会費ウェディングと言うとどうしてもカジュアルなパーティーイメージがあるかと思います。確かに2次会の延長として考えている方が多くいるのも事実だと思います。先日お打ち合わせさせて頂いたお客様も結婚式後の2次会としてお問合せを頂戴いたしました。

結婚式の2次会はカジュアルなカフェやレストランを利用するケースが多々ありますよね?ビュッフェのメニューにパスタとか出てきておりませんか?カジュアルなレストランですとお料理のメニューもどうしてもそうなってしまいます。

会費ウェディングスタイルではもっと贅沢なお時間をお過ごし頂く為に厳選された場所だけを皆様にご紹介しております。正直そう安くはない会場も沢山あります。

しかし、ウェディングパーティーとはある程度のフォーマルな雰囲気は守るべきだと会費ウェディングスタイルでは考えております。そのフォーマルなスタイルでは贅沢な時間をお過ごし頂けるような工夫をさせて頂いております。

その1 料理にはこだわりある会場をご紹介

弊社のご紹介できる会場は余程予算重視と言われない限りお料理にこだわりのある会場をご紹介して参ります。料理の原価はいくらでも下げる事ができる部分でもあります。例えば「3000円でお料理を仕込んで!」と言われればお料理を3000円でご提供することもできる訳です。安くご提供している会社は大抵の場合お料理原価をかなり下げてご提供している場所が多いと思われます。しかし会費ウェディングスタイルでご紹介している会場の多くは「そんなに安い原価ではウェディグの料理として成立しない」とお断りされてしまいます。このこだわりはご理解頂ければとっても大切な事だと考えております。こうして厳選した会場をご紹介する事で贅沢な時間をよりリーズナブルにお楽しみ頂いております。

その2 ドレス&タキシードは専門ショップへ行ってもらいます

これもとっても会費ウェディングスタイルのこだわりでもあります。ドレスはドレスショップにお願いする。これも安さ命のプロデュース会社さんでは自社ドレスを売りにしております。確かにお安くご提供されておりますが、品質維持が難しく選べるドレスの種類も少ないなどの状況があります。また自社ドレスにする事で社内経費をおさえると言う役割も果たしているので安くご提供しているようです。しかし、それでは最新のデザインのドレスや専門スタッフにおけるドレスのメンテナンスや接客をする事はできないでしょう。これでは、当日に納得のできるスタイルで皆様とお過ごし頂けないと考えております。贅沢な時間はお二人の納得のいくスタイルだとも考えております

 

その3 プライベート空間にこだわる

これも贅沢な時間を作る為に必要な要素だと思っています。雑居ビルの1区画の会場やショッピングモール内にあるカジュアルレストランなどのご紹介は基本的にはいたしません。なぜかと言うとプライベート空間を保つ事ができないと言うところが理由になります。

以上贅沢な時間をお過ごし頂くための3つの条件をご紹介いたしました。

会費ウェディングスタイルはリーズナブル(適正価格)で結婚式をご提供させて頂いております。

もし、このブログをご覧頂けたのなら無料相談でお話しだけでも聞いて見て下さい。

他社ではご提案できな内容をご紹介させて頂きます

ミーティング