blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

1.5次会のパーティー会場選びのポイント

最近本当によく聞くようになった1.5次会や会費制の結婚式!

ありがたい限りでございます!!

会場の選び方がやはり難しいみたいなので

ここでポイントをプロが伝授します。

 

まず、1.5次会などの会費制結婚式で利用される場所の多くは

レストランである事が多いです。

 

弊社のお客様でもレストランをご利用いただく事は多くあります。

理由は様々ですが「レストランが安い」というイメージもあるようです

 

とは言え高級ホテルと高級レストランではそれほど価格は変わりませんが

 

それは他のブログでまたお話するとしましょう!

 

今回のテーマは会場選びのコツになります。

 

会場を選ぶ前には必ず人数の把握をしていく事が最大のポイントになります

 

それはなぜか?

 

1.5次会などで会場を選ぶ場合に一番注意が必要な事は

会場のキャンセル料金です!

 

皆様大人ですので大丈夫だとは思いますが

契約をすると責任が生じます。

 

「やっぱり止めた!」が通用しません

 

特に80名以上の会場を予約する場合には要注意です

 

大きな会場は貸切にする金額も高いのでキャンセル料も高いです。

 

キャンセル料金は会場により違いますが本予約をしたところから

発生がする場合があります。

 

これは理解しづらいとは思いますが

貸切予約とは本番日だけではありません。

 

会場を予約をしたその日から会場の貸切が始まります。

 

どういう事かというと、会場を貸切するとその日から

予約した日程と時間はお二人だけの為に予約されます

 

当然ですが、同じ日程で1.5次会や会費制結婚式を行いたい

お客様をお断りしていく事になります。

当たり前ですね!!

 

 

この当たり前の行動はお二人がパーティーを実施してくれる

約束が前提でとっている行動です。

 

違う言い方をすればお店側はチャンスロスをしている事になります

 

他のお客様を断る行為も含めて会場側は貸切を予約を承諾します。

つまり、キャンセルをすると本予約をした日から責任と問われますので

キャンセル料が請求されます。

 

このキャンセル料金だけはトラブルの最大の要因ですので

本当に注意してください。

 

そして、キャンセル理由の多くは

 

「人数が集まらない!!」

 

 

この理由です。

 

人数が集まらない事は残念ですが

人数の管理はお二人の問題になってしまいます。

 

会費制の結婚式のような1.5次会でも半年前から会場ば予約します

 

確かに人数の確定は難しいでしょう。

 

その為、弊社なのようなプロデュース会社に相談をするべきなのです。

 

ある程度融通の効く会場もあります。

 

予約をする前の人数の把握する方法もしっかりと教えます。

 

その後に必要な会場の大きさもしっかりとプロがご提案します。

 

例えば100名集まりそうなら

 

80名から貸切できる会場を予めご用意いたします。

 

もし20名の欠席者が出たとしてもお二人に

負担がかからないように会場と交渉しておきます。

 

会場選びのポイントは予めゲスト人数を把握する事です!

 

もしどうやったらいいか解らなければまずは無料相談でご相談ください