blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

ご披露の流れてを説明してみると 前半

披露宴のスタートはもちろんご新郎、ご新婦の入場から始まります。音楽が流れてタイミングの良いところで扉が開いてお二人が登場!ゲストは最高の笑顔と歓声や拍手で二人を会場の中に迎え入れます。

こうして最高のスタートをする披露宴!メインテーブルについたらご新郎さんからウェルカムスピーチでいよいよ幕開けとなります。ウェルカムスピーチの長さはあまり長い必要はありません。

(例えば)

今日は私達の為にお集まり頂いてありがとうございます。先程、皆様に見守られるなか無事に挙式を挙げる事ができました。まだまだ未熟な二人ですが今後もよろしくお願い致します。ささやかではありますがお食事をご用意致しました。お時間の許す限りお楽しみください。

と、こんな感じで大丈夫ですね。

b01becdab0b07f42df33995ad464672d_m
さて続きまして主賓のご挨拶です。主賓の方はあまり短いご挨拶では失礼と考えそれなりの長さでご挨拶をして頂けます。大体5分~10分くらいでしょう。最近ではご新郎ご新婦それぞれで主賓のご挨拶は頂かずにご新郎側のみと言う事もあります。

主賓のご挨拶が終わったら、ここでケーキ入刀と言うパターンがひと昔前は定番です。何故ならケーキ入刀している間にゲストの乾杯用グラスにシャンパンを注ぐからです。そうすると進行にもたつきがなくスムーズに流れるように進行します。ケーキ入刀も二人を案内してくれるスタッフが近くで声をかけてくれるからご安心下さい。司会者の発声でウェディングケーキにナイフを入れます。すると年賀状などで良く見かけるワンシーンが誕生します!
143e89d080556e41840844191de46c7d_m
では、ケーキ入刀を後半にした場合はどうなるか?そんな時はここでお二人のプロフィール紹介を行います。司会者が予め二人にインタビューした内容をまとめてありますのでゲストにご紹介します。その間に乾杯用グラスにシャンパンを注ぐ訳ですね。進行はもたつきがあると見っともないものです。流れるようにスムーズに進行する事が重要です。
f21e36efaeeefd324a8dec351828bc2f_m
ようやくここで乾杯の発声となる訳ですが入場してからの所要時間は約20分~30分このくらいの時間で乾杯まで来ていれば後半は比較的楽になります。

お料理やお食事が出て来るのもこのタイミングからになります。

この後しばらくは歓談が続きます。
お食事と皆様とのお話しでお過ごし下さい

ここまでがご披露宴の前半部分になりますね。

よく言われるのは乾杯までがご披露宴のセレモニー(儀式)的な部分と言われております。ご挨拶を含めてケーキ入刀などすべてがお二人をお祝する為の素敵なセレモニーになっているんですね!さぁここからが後半になります。

また次回で説明しましょう!