blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

1.5次会 パーティー 自己負担額はいくら?

1.5次会の自己負担額と言うワードは様々な情報サイトで見る事が出来ます。ご祝儀で叶うウエディングを売りにしている0円の会社などの場合には自己負担額0円となっていますが実際は1.5次会などのウエディングで自己負担が0円と言う状況はあり得るのでしょうか?

 

自己負担額0円はレストランウエディングの場合はあり得る!

 

全てのケースが当てはまるとは言えませんが一定の条件を満たす場合には自己負担額が0円となる1.5次会の開催が可能になります。

 

それはゲストお一人様の価格が2万円程にまとまるレストランウエディングの場合には引出物まで含めて0円となる場合があります。他社でも出来るとは言えません。会費ウエディングスタイルの1.5次会ご祝儀プランであれば可能になります。

 

1.5次会で自己負担0円になる場合は会費制の1.5次会ではなくコース料理でしっかりおもてなしした1.5次会ウエディングになります。なんで会費制ウエディングでは自己負担を0円にする事が難しいのでしょうか?それは会費制の場合の会費設定にはお料理と1.5次会ウエディングに必要なアイテムの最低限の経費しか入っておりません。当たり前なのですがプチギフトやウエディングケーキなどその他のオプションまでは1.5次会の設定会費ではカバーしきれない事があります。その場合には自己負担額は発生してしまいます。

 

会費制ウエディングでの会費設定は15000円〜20000円が多くお料理、会場費、人件費、その他のウエディングアイテムに充てられていきます。しかし、ウエディングケーキやプチギフト細かく言うと税金などは会費設定以外の項目となります。

 

つまり、この会費に含む事が出来ない金額が自己負担額となるわけです。

 

ブュッフェスタイルの1.5次会ではおよそ10万円〜15万円程度です。コース料理を会費制にした際には1.5次会の人数にもよりますが席次表、席札、ウエディングケーキもゲスト一人に対してひとつ必要になりますので自己負担に加算されていきます。そう考えると、1.5次会のコース料理を会費制で行った場合の自己負担金額は20万以上になる可能性は充分にあります。

 

自己負担を抑えたい理由にはいくつかありますが自己負担を抑えたいと言う理由が一番の理由の場合にはご祝儀制の1.5次会に切り替えて招待状をつくることが良いかと思います。

 

また、自己負担額を抑えた場合にはレストランウエディングが中心になってきます。ホテルやゲストハウスは会場費用が高額になるので自己負担金額も出てしまうと思います。

 

 

もっと詳しく知りたい方は1.5次会のプロに早目にご相談下さい。会費ウエディングスタイルでは出張無料相談を行なっております。お気軽にご利用ください

ミーティング