blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

満足度の高い会費ウェディングスタイル

会費制のウェディングパーティーは他のどのウェディングスタイルよりもリーズナブルで満足度高いウェディングスタイルだと思います。今までにない納得のいくウェディングのカタチだと思います。では何がそんなに優れているのかという点をご説明させて頂きます。

 

① 理解しやすい料金体制

会費制ウェディングの特徴は人数×会費=結婚式のご予算と言うわかりやすい料金システムを採用させて頂いております。その為、お見積りが急に跳ね上がったり初期のお見積りから100万円以上上がるなどのと言った事はありません。会費制のウェディングではゲストを何人呼ぶのか?と言う部分が一番大切になります。更に会費ウェディングスタイルではお持ち込み料金を発生させておりません。それどころからお持込みを頂くとお持ち込み頂いたアイテム分を割引させて頂いております。よくお持込されるアイテムはドレスです。ドレスを会費ウェディングスタイルにお持込み頂くと約40000円の割引となります。それ以外でもヘアメイクやカメラマンなどお持込み頂ければお持込頂いたアイテム分は弊社の規定に従いあながらお見積りより引かせて頂きます。

とっても一般的な考え方ですが結婚式場のお見積りをいくつか出して頂いているお客様には信じられないお話しかもしれませんね。

② ゲストに負担がかからない

結婚式を行うと招待されたお客様はご祝儀を持ってこなくてななりません。首都圏の平均的なご祝儀の料金は約3万円と言われております。しかし会費制の場合は招待状に会費で行う事を明記しお一人様の会費金額をしっかりと記載させて頂いております。こうする事でご祝儀程もご負担をゲストにかけることなくウェディングパーティーを開催する事ができます。また、会費の設定方法は自由に設定して頂く事ができます。ゲストの会費を調整しはみ出したご予算をお二人で調整して頂いても構いません。設定はお二人の想いのまま行う事が可能となります。

③ 演出アイテム料金などもリーズナブル

例えば写真アルバムなどを例に挙げても通常のウェディングを行っている会場の約50%OFFのお値段で同クオリティーの物が手に入ります。その他各種アイテムがほとんどが結婚式場の半額で手に入る程お安くなっております。高額で有名なエンドロールも約半額です。なぜそんなにお安く手に入るのかという中間業者さんが通っていない事や営業手数料という制度を無くしている事もアイテムをリーズナブルにご提供出来ている大きなポイントになると思います

ホテルウェディングやゲストハウスでのウェディングはとても高額なウェディングであると思います。だからと言ってレストランウェディングが劇的に安いかというとそういう訳ではありません。それは何故か?と言うと結婚式の見積もりの出し方が大きな原因だと思います。まずとってもわかりにくい点がございます。更にお料理とお飲み物代金にサービス料金と言う料金がかかります。サービス料金はお持ち込み料金よりも厄介な料金です。料飲食代金の10%程取られます。80名のパーティーで料飲代金が18000円のコースの場合は消費税8%+サービス料金10%が上乗せされている訳です。

消費税は1440円とサービス料金は1800円!つまり3240円が上乗せされます。80名料飲食代金18000円の場合のサービス料+消費税の合計金額は、なんと25万9200円です!!

会費制の場合はお一人様金額に消費税やサービス料金も含んでのご提示となします。それだけでも同じ80名で開催した際に25万9200円がお得になる事になります。

このようにどのウェディングプランよりも健全でリーズナブルでゲストもお二人もとっても満足のできるウェディングのスタイルだと考えられていける訳ですね。

色々と聞いて見たい事が沢山ありますよね?

そんな時は無料相談でまずはご相談下さい

出張無料相談がすごく便利!!最寄り駅まで専門スタッフが来てくれますよ

カフェでお茶をしながらゆっくりと説明を聞いちゃってください!

それでは皆様お待ちしております。

https://kaihiwedding.com/meeting/