blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

会費制 ウェディング ってどんな仕組み?

会費制ウエディングって何?って思っている人はたくさん居ますよね?最近耳にするワードだけに会費ウエディングの意味が浸透していない事があります。

そもそもご祝儀ウエディングと何がちがうのか?その辺りのすみ分けをしっかりとご説明させて頂きたいと思います。

ご祝儀で行うウエディングはゲストの持ってくるご祝儀の総合金額を大体予想して予算を組む通常の結婚式に近いものだと認識して頂くとよろしいと思います。つまり50名の結婚式を行う場合は親族が何人いてそれ以外のゲストが何人いるかなどを割り出しご祝儀の平均を親族は5万円、その他のゲストは3万円で計算し総額の見込み金額を考えます。あとはこの予算からはみ出ないようにプランをくみ上げるスタイルになります。

メイン1
では、会費制ウエディングはどうなるのか?会費制ウエディングとはご祝儀制とは少々違いお一人様金額が明確に決まります。親族だから金額が違うと言う事はありません。

例えばお一人様18000円と言う金額であれば基本的には18000円×人数と言う計算で総額予算を決定する仕組みになります。ご祝儀制との違いは結婚式にかかる総額費用から会費金額を割り出しするという予算の考え方にも違いがあります。

会費制ウエディングは全体の予算がはっきり出るところにもポイントがあります。ご祝儀ウエディングのように開けて見るまで予算がわからないと言う状況ではなく招待状に会費制と記載し会費以外は頂きません。その為、当日にどうしようもない理由で出席できなくなったゲストでもいない限り会費制ウエディングの場合は予算がぴったりと合うと言う安心感はあります。

また、こちらも当日の会費からの支払いとなりますので出席人数にブレが出なければご負担金を払う事はありません。
58d4f806af31dac160d106e37996f973_m
その為、コース料理のフォーマルプランにした場合はコース料理の金額プラス結婚式の費用となりお一人様会費は少々高額になります。

この様な場合はご祝儀制を採用するなどの方法も必要になります。ハウススタジオウエディングやカフェウエディングなどビュッフェを利用する場合は会費制を採用するとシックリきます。

会費とご祝儀は使い分けが重要です。フォーマルに近づくにつれてご祝儀でのご招待式のウエディングスタイルになりリーズナブルウエディングになるにつれて会費制ウエディングがぴったりきます。このあたりは非常に難しいですね。やはり早目にプランナーさんと相談した方が良いでしょう!

きっと最適なプランを提示してくれますよ!
まずは無料相談で色々と聞いちゃいましょう!