blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

麻布十番 十番稲荷神社 挙式 について

神社での挙式をお考えのお二人にはピッタリ情報を本日はお伝え致します

最近ではご家族での会食中心のパーティーなども増えてきましたね。

そこで、ご家族と六本木あたりでアットホームな神社挙式などはいかがでしょうか?

場所は麻布十番!大江戸線の7番出口を出た所からすぐにある麻布十番稲荷神社です

麻布十番稲荷神社が今の場所に来たのが戦後のようですね

更に大江戸線の開通と共に改装させれおりますので比較的新しい趣の神社となりました

1日1件しか結婚式はお受けしないという事で時間の設定も自由にできるようです

リハーサルに来なくてはいけないという事もなくかなりアットホームな雰囲気で挙式ができます

こじんまりとした神殿はご家族の挙式にはピッタリです

挙式のスタイルにも柔軟に対応してもらえますので友人の参列でも受け入れてくれます

写真に写っている場所が神社の2階部分になり中の階段から1階に降りる事もできます

1階には控室に使えるお部屋もあり、早く到着したゲストのお待ち頂く事ができます

更に改装された際に神殿には冷暖房が完備されました。

暑い日や寒い日にも温度調節が可能です。

神主さんもとっても良い人ばかり!!

10名~15名位で挙式されたい少人数の挙式にはピッタリです

初穂料も50,000円でとってもリーズナブル!!

六本木と言う立地なのでどこに行くにでもかなり便利ですね

またカエルの伝説でも有名です

幸せがカエル(かえってくる)お金がカエル(かえってくる)

と言うようなご利益があるようですよ。

IMG_3294

IMG_3293

≪以下引用です≫

十番稲荷神社(じゅうばんいなりじんじゃ)は、もと末広神社(旧坂下町鎮座)および竹長稲荷神社(旧永坂町鎮座)です。両神社は、戦災に遭い焼失。その後両社は合併して社名を十番稲荷神社と改称し、平成9年3月29日、現社殿に建て替えられました。

<末広神社由緒>(すえひろじんじゃ)

慶長年間(1596~1615年)に創建され、元禄4年(1691年)には坂下東方雑式に鎮座していましたが、同6年永井伊賀守道敏が寺社奉行の時、坂下町41の社域に遷座されました。往古より境内に多数の柳樹があり、「青柳稲荷」と称されていましたが、後にその中の一樹の枝が繁茂して、扇の形をしていたことから「末広の柳」とよばれるようになり、社名に冠されて末広稲荷と称されました。その後、明治20年4月に末広神社と改称されました。

<竹長稲荷神社由緒>(たけちょういなりじんじゃ)

創建は定かではありませんが、一説には和銅5年(712年)とも、弘仁13年(822年)に慈覚大師の八咫の神鏡を以て武蔵国豊島群竹千代丘(今の鳥居坂上)へ稲荷大神を勧請(※)したとも伝えられています。延喜式内社の稗田神社と目されており、少なくとも10世紀初頭には鎮座していた古社と考えられます。その後、弘安2年(1279年)に鳥羽氏が社殿を再建、そして寛永元年(1624年)3月に永坂町に遷座されました。

IMG_3290