blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

ご祝儀制の良い所と会費制の良い所のまとめ

ご祝儀制の結婚式

 

 

会費制の結婚式

 

 

何が違うのでしょうか?

 

 

価格の違いはあります。

 

 

自己負担の金額も違います。

 

 

金額だけの違いなのでしょうか?

 

 

そんな疑問について書いてみます

 

 

会費制結婚式

 

 

会費制で結婚式をしたいと言う方の多くは

 

 

挙式は海外やリゾートで既に終わっている

 

 

そんなお二人から問合せを貰います。

 

 

その次の条件が入る方はほとんど会費制

 

 

の結婚式を行うと思います

 

 

友人中心で上司や親族が来ない

 

 

このような場合は料理のスタイルも

 

 

立食ビュッフェでもOKとなります。

 

 

こんなイメージですね。

 

 

会費の設定は15000円前後で整える方が多いです。

 

 

進行の中にゲームや余興を多く入れる方もいます

 

 

ゲームはイメージと違うと言う方は

 

 

ゲームは入れずに他のイベントをご用意

 

 

しているお二人もいます。

 

 

例えば、マジシャンやカクテルパフォーマンス

 

 

食のイベントでは寿司職人を加えた方もいました

 

 

 

会費制の結婚式では

 

 

料理はビュッフェスタイルです。

 

 

その為、料理以外のイベントで

 

 

ゲストを楽しませることがポイントです。

 

 

友達ととにかく騒ぎたい!!

 

 

と言うお二人にはピッタリのスタイルです

 

 

では、ご祝儀制の結婚式ではどうなって

 

 

いるのでしょうか?

 

 

ご祝儀制の結婚式はお一人様費用を

 

 

3万円として計算されます。

 

 

3万円×人数=結婚式の費用

 

 

となると0円での結婚式となりますが

 

 

自己負担0円で行っている方々は

 

 

実際は少ないようです。

 

 

ご祝儀制の結婚式の平均は約30万円程

 

 

 

自己負担の内訳は引出物やウェディングケーキ

 

 

などになると思います。

 

 

ご祝儀制の結婚式は基本的には

 

 

コース料理が主流です

 

 

その為、ケーキは各々に出されます。

 

 

お一人様1000円でも消費税とサービス料金などが

 

 

加わる事で1200円程になる事もあります。

 

 

1200円×人数となればそれなりの金額になりますね。

 

 

ご祝儀制の結婚式を良い所は

 

 

金額以上の満足感です。

 

 

ゆっくり落ち着いて談笑ができます

 

 

上司や親族にもゆっくり過ごしてもらえます

 

 

価格が高いのでしっかりとしたサービスが受けれられます

 

 

サービス力=金額

 

 

これはイコールで結び付きます。

 

 

その為、ご祝儀制の結婚式のサービス力は

 

 

ブッフェなどの会場とはくらべものになりません。

 

 

 

安定したサービスでお過ごし頂けるのは

 

 

ご祝儀で行う結婚式です。

 

 

友人中心のパーティーでも

 

 

ゆっくりすごしたいと言う

 

 

お考えの方は披露宴形式で

 

 

ご祝儀で行う方もいます。

 

 

少々高いですが25000円の

 

 

会費を設定してコースで行った

 

 

お二人のおりました。

 

 

また、ゲームなどは行う事は少ないですが

 

 

ご祝儀制の場合には感動シーンを作る事もできます

 

 

ビュッフェスタイルにはできない進行です

 

 

このような素敵なワンシーンを是非お楽しみ下さい

 

 

 

満足度の計り方は様々ではありますが

 

 

ビュッフェスタイルであまりに費用を抑えると

 

ポテトや一口サイズのサンドウィッチ・唐揚げなど

 

 

が出てきますから要注意です

 

 

そんなありがちな失敗を防ぐために

 

 

会費ウェディングスタイルのような

 

 

プロデュース会社が存在しています

 

 

会場選びからしっかりサポートします。

 

 

会場では教えてくれない情報を

 

 

しっかりと共有しながら打合せを進めます

 

 

まずは無料相談からお問合せ下さい

 

 

ミーティング