Instagram

『会費ウェディング STYLE』
東京都新宿区新宿1-15-8 ANビル4F
営業時間11:00 〜 20:00

お問い合わせはこちら

03-6380-0661

Blog ブログ

ウエディングのちょっとしたアイデア集~ペーパーアイテム~

最近、結婚式や会費制ウエディングパーティーの招待状を手作りされる方がとても増えています。

以前から東急ハンズやロフトなどのウエディングコーナーに手作りキットが販売されていましたが、ネットで簡単に申込みができるようになってから格段に増えてきましたよね。中でも席次表や席札とのセット販売をしているサイトもあって、デザインが気に入ればリーズナブルに簡単に作れるようになっています。

でも招待状は最初にゲストの手元に届くものです。

招待状をみて、どんな結婚式なんだろう、どんな会場なんだろう、どんな会費制パーティーなんだろう・・・と色々と想像をめぐらせます。なので少し手を加えて自分らしいオリジナル招待状を作ってゲストの方に結婚式や会費制ウエディングパーティーを楽しみにしてもらうのはいかがでしょうか?

ちょっとした工夫でオリジナル感が出せますのでぜひ参考にしてみてくださいね☆

■チケット風の招待状(インビテーションカード)

例えば

音楽好きの新郎新婦なら、招待状をコンサート風チケットにして作成してみては。音符や楽譜などをモチーフにしながら作ったり切り取り線もデザインされていれば本格的なコンサートに招かれたような気分にも!参加するゲストにも新郎新婦の想いがきっと伝わると思います。

去年の10月にハロウィンのウエディングパーティーを開催した時もチケット風にして作成しました。

こんな感じです^^

オレンジとパンプキンが全面に出ているのでパッと見でわかりますね。切り取り線もついているので名前を記入してもらいパーティー中にゲームとして使用しました。

会場に到着してからもハロウィン一色の装飾&料理でおもてなし。

ゲストの仮装とプラスされてとっても楽しいハロウィンイベントになりました!!

こちらが目玉のスィーツ↓

こちらはハロウィンバージョンのトースト!!

こちらはハロウィンシュークリーム☆

デザートビュッフェでおもてなしをしたのですが、あまりのかわいさにゲストからは写メの嵐でした。

そして美味しそうなデザートはあっという間になくなりました!!

ハロウィン繋がりでもう1つ・・・

最後までハロウィンでした。(プチギフトもパンプキンのお菓子で締めくくりました!)

 

■オリジナルのピンバッジを招待状に同封する

新郎新婦でデザインをしたピンバッジをゲスト全員に同封して、当日身に着けてきてもらう演出です。

胸のピンバッジが参加者である証になりますし、ウエディングパーティーの一体感も出てきますね。

例えば、親族、会社の方、友人、などゲストによってバッジの絵柄を変えて作れば、当日ゲスト同士もわかりやすく会話のきっかけや盛り上がりにつながりそうですね。

■テーマに合わせた招待状

招待状を送る時点でウエディングパーティーのテーマがはっきりしていればそのテーマをイメージしてみてはいかがでしょうか。

舞踏会風のパーティーであれば仮面の形、ナイトウエディングであれば星型や星空をイメージしたもの、サッカー風のパーティーであればサッカーボールなど、モチーフをかたどった招待状はパーティーのテーマがダイレクトに伝わります。また通常の長方形とも形状が異なるので受取ったゲストにも印象に残りやすいですね。

■香りつきの招待状

これもテーマに合わせた招待状と同じですが、香りで表す招待状です。

バラがテーマならローズ系、リゾートや海がテーマならさわやかなグリーン系など会場の装飾や雰囲気をイメージさせる香りをつけて送付。封を開けるとほんのりただよう香りから新郎新婦からのオシャレなメッセージが伝えられる演出になりますよ。

■冬のウエディングにはホッカイロを入れて

冬の結婚式や会費制ウエディングパーティーに参列してくれるゲストを思って、「温かくしてお越しください・・・」というメッセージをこめてホッカイロを同封しても素敵ですね。日常で販売しているものでもOKですが、新郎新婦の似顔絵が入ったものやオリジナルでデザインをしたものなどを作っていれても記念になりますよ。

■ドレスコードをお知らせする招待状

会費制ウエディングパーティーで最近増えているのが「ドレスコード」

ドレスコードとはその場にあった服装のルールのことを指します。結婚式などのフォーマルな場所でふさわしい服装はどのようなものかをわかって出席することが◎です。

ただ今回のドレスコードは、アイデアは様々ですが色(カラー)や小物などをゲストに取り入れて来てもらうことをさします。

例えばドレスコードを「クリスマス」と設定してみると、ゲストはそれぞれ想像を巡らせ、赤や緑の小物やドレスを着てきたり、サンタの帽子をかぶってきたり・・・などユニークな着こなしが会場を楽しませてくれます。

以前「オレンジ」をドレスコードにしたら、男性はポケットチーフやネクタイ、蝶ネクタイ、ベストなど、女性はオレンジのドレス、靴、バッグ、髪飾り、アイシャドウ、イヤリング・・・など多種多彩な着こなしをしていて、とてもオシャレなパーティーになりました。

いかがでしたか?

簡単に取り入れることができるので気負わず楽しく考えてくださいね。

 

無料相談はコチラ

 

Point1 写真もしっかり撮影できる
Point2 家族や友人と挙式ができるる
Point3 費用を抑えて挙式できる
Point4 オリジナリティを 演出できる

Access Map アクセスマップ

  • 東京メトロ千代田線をご利用の場合
    徒歩1分(4番出口右折)「国会議事堂前」 徒歩8分
  • 東京メトロ南北線をご利用の場合
    「溜池山王」 徒歩6分
  • 東京メトロ銀座線をご利用の場合
    「赤坂見附」 徒歩6分

『会費ウェディング STYLE』
自社サロン

〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 8F

『会費ウェディング STYLE』 自社サロン
お問い合わせはこちら
営業時間11:00 〜 20:00
03-6380-0661
『会費ウェディング STYLE』 自社サロン