blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

会費制結婚式の歴史について

最近よく耳にする会費制結婚式ですが、その歴史は日本が高度経済成長期の時期自宅に招いて行っていた結婚式が主流でしたが、公民館や集会場などを利用して行うことが広がりを見せ、その中で北海道に移り住んだ方々は、費用を出来るだけ抑えるべく考え出されたのが会費制結婚式の発祥だと言われています。実は、会費制結婚式の歴史は、50年以上前からであり、北海道の結婚式の9割は会費で行われています。

tokeidai

北海道の結婚式の文化は会費で行われているのがごく一般的なのです。近頃は、随分と減っているようですが、会費制には発起人と呼ばれる人が存在します。役割は、結婚式の裏方のようなもの、もっとわかりやすく言うと二次会の幹事さんのようなものです。ちなみに、われらがアイスタイルも2次会幹事代行を行っております。1f6bdd418bfa8a34b179fc14098c2a70_m

友人の結婚式を盛大に祝ってあげる影の仕掛け人なのです。その仕事は、招待状や進行内容、当日の受付などや会費額の設定などなど多岐にわたります。昔は、会費の総額が余るくらいにしてあげて、新婚旅行の費用に充てられたら優秀な発起人とされていたようです。また、会費制に招待された場合渡し方に困ってしまう方もよくいらっしゃいますが、受付でお釣りの出ないようにきれいなお札でご用意するのが大人のマナーかと思います。また、ご祝儀袋に入れるかどうか迷われる方もおりますが、基本的には、会費制ですので入れる必要はないのですが、最近は金額相応のお祝儀袋にいれてもってこられる方が多い気がします。やはり、お祝い事なので心遣いなのでしょうか?また、gosyuugi

ご祝儀を会費以外で用意した方がいいのと考える方もいますが、会費制での場合は不要です。どうしても、会費以外で渡したい方はもちろん渡して頂いて大丈夫です。その場合は、受付で会費とは別に渡して下さい。また、発起人と新郎新婦が打ち合わせしているときなどの挙式の1週間ほど前に渡したりする方もいらっしゃいますよ。近年、流行のように思われがちな会費制結婚式ですが、北海道では50名以上前から主流で歴史の深い文化であることが分かりますね。ご祝儀制とはちがい、細かなマナーなどしきたりなどにこだわらないところも大きな魅力だと思いますのでこれからの結婚式のスタイルの一つになってさらに広がっていくように思います。

358