blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

どれが一番格安な結婚式?

どれが一番格安な結婚式?

格安な結婚式と言うと質素な結婚式を思い浮かべてしまいます。しかし、実際の格安とは誰に対して格安な結婚式なのかと言うところが重要な部分になります。結婚式などのイベントを安く見せる方法はいくつかあります。そもそも格安な結婚式とは総額が驚くほど安いと言う価格的な部分を下げる方法と会費制のように総額はそれなりに高額な割にお二人の負担額が低い場合との2通りの格安な結婚式が存在しています。では、それぞれのメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか?専門的な目線も踏まえて格安な結婚式を考えたいと思います。

1f6bdd418bfa8a34b179fc14098c2a70_m

まずは前者である総額が驚くほどに格安な結婚式の場合について考えてみましょう。挙式も踏まえて格安な結婚式の場合は全てが内部のスタッフさんで行われています。外部の会社に業務を依頼していないのであらゆる経費をギリギリまで抑えこむ企業努力をしています。平日の挙式料金が5万円以下で提供している仕組みについては人前式が基本的な挙式としている為、外部に支払う費用が無いところが格安な結婚式の仕掛けになります。キリスト教式を依頼した場合は牧師の手配に料金が必要なので価格はあがります。総額が格安な結婚式は内製化による企業努力な部分が多く他社では真似できないような価格で販売が可能です。しかしデメリットとしては価格設定に余分な幅は用意されていない為、メニューから少しでも外れた項目に対しては細かく料金が必要になります。通常はセットで付いているようなドレスの小物なども別料金になっている事もあり格安な結婚式だから仕方ないと割り切れるかどうかと言う究極の選択になります。

f580e22c4386abc2fda9ae917ecbb37f_m

次にお二人の自己負担額が格安になる結婚式について考えていきます。この場合は総額が安いと言う事ではありません。総額と言うよりもお二人の負担額が会費制にする事で格安な結婚式並に軽減できると言う仕組みになります。具体的に何が違うのか?と言う点についてお答えするなら、まずは会費制での結婚式になっていると言う事になります。その為、人数が多い方が総額予算が増える事になりお二人のご負担の金額は下がります。通常の会費制で行われている格安な結婚式は1.5次会プランと言うアイテムが色々と含まれいるパッケージの用意があります。この中に決められた内容で結婚式に必要なアイテムが入っています。詳細な内容は各社違いますのでわかりませんが、弊社のプランでは必要な物は全て含ませて頂いておりますのでご安心下さい。

176

しかし会費制で行うデメリットもあります。格安な結婚式の場合は総額いくらと言う表記になりますので人数に関係なく総額の費用が必要になり足りないものは全てオプション扱いとして別途費用となる事になります。会費制で行われている格安な結婚式は総額いくらと言う表記ではありません。その代わり1週間前程に決める最終人数でご契約人数が確定します。この最終人数でお料理などの食材などが全て発注が始まります。当日に予定した人数と同じ人数なら問題はありません。立食パーティーなどの場合は予定した人数より多くきてしまった場合などにはキャッシュバックなどのサービスもあります。しかし予定した人数より少なくなってしまった場合は契約人数を基準にして足りない人数分の会費を負担して頂く事になります。

cd1f4e3e9035cd437d8c8e1e1cb4f05c_m

その為、担当のプランナーはこの人数の詰めの部分はかなり真剣に詰めていきます。±0と言う精算が一番良い事であり、それがお客様にとっても最善だと考えているからです。このように価格をみて格安と位置づけてみても内容に違いがあります。格安な結婚式には様々理由があります。各社で色々な企業努力をしお客様への提供価格をリーズナブルにして結婚式をより身近に楽しんでもらおうとしています。どのようなスタイルな結婚式にするかと言う部分は比較的重要なポイントになりそうです。色々と分からない場合などは無料相談会などでとりあえず色々聞いてみると良いと思います。良いプランナーさんと出会う事もとっても大切な事でもあります。
264