blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

1.5次会の費用について書いてみました

このブログでは会費制ウェディングや1.5次会の費用について書いてみようと思います。会費制ウェディングは最近流行りのスタイルだからゲストもお二人の体験した事がある人が少ないと思います。その為予算がどのくらいかかるのかよくわからないと思います。会費制ウェディングの平均的な会費は15000円程と言う数字だけが独り歩している感じを受けます。では実際に会費が15000円だとどのようなスタイルのウェディングができるのでしょうか?

お客様とお会いしてお話しをしていると「大体15000円くらいの会費でコース料理で・・・」とご要望を受けますが15000円でコース料理を出す事は少々難しいと思われます。15000円の会費ウェディングではコース料理ではなくて着席のビュッフェスタイルのウェディングになります。コース料理でおもてなしをしたい場合はやはりお一人様の会費設定は20000円程必要になります。高級なレストランやホテルでは最低でもお一人様の会費設定は25000円以上になると思います。

この価格の内容についてはパッケージプランになっており特別な交渉を行っている為、詳細まではお知らせできませんが会費増額の60%程が料飲食代金&会場の費用だとお考えください。

つまり25000円の場合の会場に支払われる費用は約15000円程になります。それ以外に費用についてはパッケージ内に含まれている衣裳料金・カメラマン・司会者・美容・装飾などに含まれております。勿論プランナーの人件費にも使われております。この価格が思った以上に高いと思われるのかリーズナブルととらえて頂けるのかは様々ではありますが通常のウェディングに比べるとかなりリーズナブルである事は間違えありません。

15000円のブッフェスタイルを可能に出来る会場は高級ホテルやレストランではありません。ウェディングスペースや比較的フォーマルな雰囲気のあるカフェや比較的リーズナブルなレストランになります。ハイクラスのレストランのブッフェはそれなりに高価で安く提供する事はあまりしておません。

会費制のウェディングの大切な要素は半端な演出スタイルを取らない事にあります。半端なウェディングスタイルとは予算重視であれば予算重視をして妥協点を明確にしておく事が大切です。コース料理でフォーマルにするのであれば会費制のスタイルとは言え引菓子くらいのお土産は必要だと感じます。そのような際は引出物まで行きませんが引菓子の出費は考えて下さい。

今まで弊社で行った皆様のフォーマルスタイルでのお持出し費用は大体20万円程でした。これにかかる費用に殆どがギフトの費用になります。その他にもウェディングケーキの費用やウェルカムドリンクなどグレードを上げた際にかかる費用負担になります。

費用負担をおさえたい方はやはりどの程度のウェディングするのかを明確にしていきましょう。

何か新しいものを購入したり人材が動くと費用の発生につながります。

会費制ウェディングはお一人様費用を明確にできますがパッケージにする事で原価で提供できているという部分もあります。会費制ウェディングを賢く利用するためにはテーマを1つに絞り込み集中させると良いウェディングに仕上がります。