blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

ご祝儀 結婚式 って何?

ご祝儀で行う結婚式と言うプランがあります。では、ご祝儀で行う結婚式とはどう言う結婚式を指しているのでしょうか?

結婚式にご祝儀を持ってくると言う行為は日本の昔ながらの風習です。ただし北海道と沖縄についてはいわゆる会費制のような結婚式になるようです。とはいえ、大半の地域ではご祝儀と言う制度が根付いています。では、一般的なご祝儀の相場と言われる金額はいくらになるのでしょうか?
平均的なご祝儀の相場
友人や同僚など  …  3万円
先輩や上司  …  3万円~5万円
親戚関係  …  5万円

上記は相場ですので絶対ではありません。親戚などの場合では夫婦で5万円と言う事もありますので人数と比例する金額ではない事をまずはご承知下さい。そもそもご祝儀とは何をベースに考えられたのか?それは昔の結婚式はお料理を用意して引出物を出してお一人様3万円と言う価格が相場と言われていた時代がありました。当然いまは当てはまりません。ハウスウエディングやホテルなどでのウエディングではお一人様に相当する金額は5万円~6万円が平均的ですね。

gosyuugi
高いと感じますよね?だからこのブログをお読み下さっているかとは思います!しかしハウスウエディングや専門式場の最終見積もりの金額の現実的な数字だと思います。

3万円で結婚式が出来た時代は昔の話です。では実際に3万円で結婚式はできないのか?実は出来るんです!と、断言するまでもなく弊社のプランは3万円より低い値段で提供しています。つまり無駄な手数料などを無くすなどコストを抑える事で3万円×人数と言う結婚式は可能になります。

ご祝儀で行う結婚式は当日集まるご祝儀を総額の予算として見積もりを出してご祝儀の総額以内で施行する結婚式になります。とは言えご祝儀を夫婦で連名などをまとめると言う事は比較的常識ではあります。この辺りの目算を誤ると負担金額が少々でる場合もありますね。

とは言えそれほど高額になる可能性も低く10万円前後で収まるとは思います。

4bebd1836191522860aa35ce4f255231_m
ご祝儀の結婚式の特徴は会費制同様に当日の支払いと言う特徴もあります。

通常の結婚式の場合は例えば500万円の見積もりが出された場合は当日までに500万円を指定口座に支払う必要があります。しかしご祝儀制や会費制の結婚式ではこの支払いが当日になるとい利点もあります。当日の支払いであれば数百万円を期日までに支払わなくてはならないと言う事にはなりませんので比較的気持ちは楽になります。仮に追加費用が出たとしても多くても50万円以下だと思います。

もし、それ以上の追加費用がでる場合は何かに原因があります。よくプランナーさんと話し合って進めていきましょう!

弊社では会費制でもご祝儀制でもどちらでも対応は可能です。ホテルや専門式場の場合は会費制と言うよりもご祝儀制の結婚式の方がまとまりがあります。海外挙式のアフターパーティーなどでは気軽なパーティープランで会費制と言う方が多いと思います。

ご祝儀 結婚式 の特徴

♥ お一人様金額を 30000円に設定する

♥ 人数×3万円が結婚式の総額になる

♥ 支払いは当日になる

♥ 比較的ホテルや専門式場でのウエディングでの使用が多いプラン

♥ 追加費用は通常そんなに出ないはず…。

これがご祝儀制の結婚式の特徴になります。