blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

ビーガン 料理 と 1.5次会 ウェディング

最近は国際結婚の方々が多くなっています。

 

 

国際結婚の場合には文化の違いがどうして出やすくなります

 

 

特に宗教の関係でお料理に食べられない物が出る事も珍しくありません。

 

 

そんな国際結婚カップルさんに最近よくある1.5次会のオーダーで

 

 

ビーガン料理と言う1.5次会のオーダーがあります。

 

 

日本ではビーガンと言う言葉はあまり聞かないかもしれません。

 

 

ビーガンとは動物性食品を一切口にしない人達の事を言います。

 

ビーガン料理で1.5次会はできるのか??

 

実は写真のケーキもビーガン対応のケーキです!

 

このブログではビーガンの1.5次会について触れてみようと思います。

 

 

そもそもビーガンの食べない食物性食品はどんなもの??

 

 

動物性食品とは「肉類・魚類・貝類・卵・乳製品」が主な食材です

 

 

徹底している方はハチミツも口にしない人もいるようです。

 

 

ビーガンはベジタリアンとも違います。

 

 

ベジタリアンは乳製品や卵は口にします。

 

 

ビーガンの方は段々増えているとも言われています

 

 

その為、海外からのお客様には比較的多くいます。

 

 

1.5次会でビーガン料理を出す場合にはコース料理は少し難しくなります。

 

 

何故かと言うとスープやソースなどにも動物性食品が使用される事もあるからです。

 

 

1名・2名だけなら出来るかもしれませんが、人数が増えると特別メニューを組む事も難しくなるので1.5次会でのコース料理対応は少々困難でしょう。

 

 

そのような場合にはビュッフェスタイルでのご提案をさせて頂いております。

 

 

国際結婚のカップルさんの1.5次会ではコース料理よりもビュッフェスタイルが多く

 

 

ビーガン料理と通常のお料理を分けて出させて頂きます。

 

 

また宗教的な問題により食べられない食材がある場合にも

 

 

ビュッフェ料理は非常に対応しやすいスタイルになります。

 

 

また、ビュッフェテーブルに食材の内容を記載する事で

 

 

1.5次会に参加されたゲスト自信がご自身で判断する事ができます。

 

 

海外のウェディングではビュッフェ形式も珍しくないようで

 

 

皆様慣れた感じで自由にお過ごし頂いております。

 

 

また、お料理の他にもファーストダンスや

 

 

フォトブースなど日本人とは違った雰囲気を求める事も多々あります。

 

文化の違いからくる1.5次会オーダーですね!

 

 

出来る会場出来ない会場様々あります。

 

 

確認したり交渉したりするもの大変ですね。

 

 

そんな時は会費ウェディングスタイルにお任せ下さい

 

 

ビーガン料理でも宗教的理由からの食材制限でも

 

 

どんな内容でも1.5次会で対応させて頂いております。

 

 

その他にもバイリンガルな司会者からアラビア料理の出せるお店

 

 

宿泊施設まで出来る会場やホテル貸切にできる会場まで

 

 

1.5次会の困ったは1本の問合せで解決できます。

 

 

お困りな事があればまずは無料相談から会費ウェディングスタイルの1.5次会プランをお問合せ下さい。出張無料相談では1.5次会の専門スタッフがお近くの最寄り駅まで出張させて頂いております

 

お気軽にご利用下さい。

 

ベジタリアン・ビーガンなどの1.5次会お気軽にどうぞ!!

 

ミーティング