blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

会費の設定で迷った時はご相談下さい。 

会費制ウェディングは最近はとても人気のスタイルとして皆さんにお使い頂いています。しかしまだまだ浸透率は高くない事もあります。その為、会費制のウェディングに参加した事があるゲストがまだ少ないという状況もあります。「自分が会費制って参加した事がないから・・・不安」と言う声が上がる事もあります。しかし巷では人気のスタイルと言の会費制ウェディングです。我々のようなウェディング業界のスタッフは当然のように会費制ウェディングを沢山経験してきたおります。当然弊社も会費制ウェディングスタイルと言うブランド名である程なので会費制のウェディングを何度も経験してきております。

「会費制の結婚式に参加した事が無いから状況がわからない・・・」「想像できない」

そんな時はまずはご相談下さい。無料で最寄りの駅までご相談にお伺します。無理な営業も致しません。お二人の不安要素を解決するにはプロの意見を聞いて見る事にあります。サロンに予約を入れて入ってしまうと強引な営業をかけられる不安とか無理に申し込みさせられる不安もあると思います。でも、気軽に自宅の近くのカフェで相談ならそんな心配もありませんよね?

会費制のウェディングの不安要素について

57f11fcfad14636377af1d17b13d8d31_m

「会費制ウェディングの会費相場金額がわからない・・・」

今までの経験では他社の行ったウェディングも沢山見てきましたが、立食のビュッフェで15000円~20000円が多い気がします。確かに参加ゲストの満足度は低い結果になりやすい感じがしています。その為、弊社の会費制のウェディングには会費の設定に幅を持たせてあります。安いプランでは高級レストランは使用できません。カフェなどのカジュアルなスタイルのお店が中心になります。しかしある程度の有名レストランでは15000円以上の会費の設定が相場になると思われます。最低保証料金やサービス料金に税金なども含まれます。それ以外にも結婚式には経費がかかります。その部分の考慮もして頂き会費の設定は行います。

会費設定の注意点

最近よく相談を受ける事があります。「会費15000円以上に見合う場所ってどこでしょうか?」そうなんです。会費制のウェディングパーティーで最も重要な事はこの部分なのです。弊社のブログにも数回書いてきましたが会費のウェディングで最も難しく調整の大変な部分であります。つまり、ゲスト満足度を考えると15000円は個人の金額としては非常に高い。それに見合った見返りがあるのか?と言う問題があります。しかしご祝儀を持ってくるよりもずっと安い・・・。それでも会費と伝えるだけで高く感じてしまいます。それが一番の悩みになりますね。

TOP WD素材 ジールウエディングクルーズ

 

例えばクルージングウェディングでのパーティーであれば普段乗らないレストランシップでのウェディングパーティーであればいつもと違った雰囲気で皆さんお楽しみ頂けると思います。また六本木ヒルズクラブのような会員制の普段入れないような場所へご招待すれば多少金額を要しても納得できると思います。また、ホテルでキッチリとコース料理でおもてなしする場合は会費制からご祝儀制のウェディングに切り替えておもてなしした方が良い場合もあります。

このようなご相談をご自宅の近くのカフェからプロとしての目線でしっかりとご説明させて頂きます。再度お伝え致しますが無理な営業スタイルはございません。お悩みの相談は本当にお気軽になさって下さい。解決できるように全力でサポートさせて頂きます。

ご連絡お待ちしております。