blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

 『禁断!?“見えないところを見せる”撮影』

会費ウェディングスタイルのオプションサービスの中には『ドキュメンタリー撮影』があります。

これは結婚式などのパーティー風景を数台のビデオカメラで撮影し、

編集した上でDVDにしてお客様にプレゼントするサービスです。

撮影の内容は、その日の1日の出来事全てと収録します

結婚式の受付から始まり、乾杯のご挨拶やケーキ入刀、などなど全てです

勿論、二次会の内容までもくまなく撮影します。

 

この際に、会費ウェディングスタイルの撮影チームがこだわっているポイントが二つあります。

それは『ドキュメンタリー的手法』と『見えないところを見せる』の二点です。

 

まずは『ドキュメンタリー的手法』とは…

ビデオカメラを駆使し被写体とカメラマンとの距離を短くすることで、より結婚式の臨場感を伝えるという撮影手法です。イメージとしては某テレビ局で放送している『情熱大陸』なんかを思い浮かべていただければわかりやすいかもしれませんね。

 

これまで他社が行っていたビデオの撮影手法は三脚を付け、カメラ位置を固定する

“記録映像”としてビデオを記録していました。しかし、この方法では同じ位置から撮影して

いるため動きはなく、10分も見れば飽きてしまいます。その為、折角撮影した結婚式の

VTRを二度と見ない映像とか、今まで1回しか見た事ないとか言われてしまっていました。

 

ところが私たち会費ウェディングスタイルのドキュメンタリーのようにビデオカメラを手に持ちパーティーを撮影する事により、撮影した映像に動きが出て、結婚式の臨場感が伝わります。

そのように撮影されれた約1時間半の映像は全く飽きることなく視聴できます。

51db197c24600076ebfcfc1561cd064b_m

二つ目のポイント『見えないところを見せる』とは…

ホテルなどで行うフォーマルなスタイルでのパーティーではカジュアルなスタイルの結婚式などと違い、新郎新婦さまが会場内を自由に動き回ることは中々困難となります。すると必然的に、ゲストの皆さまが歓談中どんな会話や表情をしているのか? などお二人は知ることができません。

そんな新郎新婦さまに変わり、様々な各自で結婚式を楽しむゲストの動きや表情をしっかり見せてあげることを常に意識をしながら撮影をしています。

 

以前、こんなことがありました。

その時の結婚式カジュアルなスタイルでの結婚式でした。

その会場は縦に長くどうしても一体感がだしにくい構造をしておりました。

そのため、後ろの方に陣取ったゲストがいくつかのグループを作り、

そこだけで盛り上がってしまっています。

新郎新婦はそのグループでどんな会話がされているか?など知る由もありません。

そこで私たち撮影チームがそのグループにカメラを向けてみました。

するとどうでしょう・・・友人たちが思い思いに新郎新婦の思い出を語りだしたのです!!

その思い出は笑いあり、感動ありのとても温かい内容でした。

もちろんそのシーンはカットせずDVDに残して新郎新婦さまにお渡ししました。

すると後日、新郎新婦さまからご連絡があり「友達がパーティーを楽しんでくれているの

が分かって、とても嬉しかったです。ありがとうございました。」と感謝の言葉を頂戴し

ました。

323

1.5次会や結婚式のパーティーの主役は当たり前ですが新郎新婦さまです。

しかし、主役ゆえにパーティー時は忙しく、会場の隅々までに目を配ることはできません。

そんな忙しい新郎新婦さまの目になって当日の模様をくまなくお伝えするのが

私たち会費ウェディングスタイルの撮影チームの使命であり、喜びだと感じています。