Instagram

『会費ウェディング STYLE』
東京都新宿区新宿1-15-8 ANビル4F
営業時間11:00 〜 20:00

お問い合わせはこちら

03-6380-0661

Blog ブログ

結納の会場と費用の目安

結納を行うことが決まったら、次は会場や費用を検討していきます。

結納の会場は、形式にあわせて考えていきます。

仲人が両家を往復する伝統的な結納はそれぞれの自宅が会場になります。

 

最近の主流の略式・簡略式の結納では、

「予算や好みで会場が選べる」「準備に手間がかからない」というような理由からホテルや料亭・レストランなどで行うケースが増えています。

略式でもある程度形式に添って進めたい場合は、ホテルや式場の個室、簡略式で和やかな会を希望していたらレストランや料亭などを会場にしてもよいと思います。

略式・簡略式の結納を自宅で行うケースもあります。祝い膳の準備やお招きする部屋を整えたりが必要になりますが、手作り感のあるアットホームな結納を行えるのもメリットになるのではないでしょうか。

結納の会場・会食の費用は両家で折半にするのが基本です。

どちらかが遠方で交通費がかかるような時はその分を考慮して分担してもよいと思います。

自宅で結納をする場合は、迎える側が祝い膳を用意し招かれる側は相応の酒肴料や手土産を持参するといった方法もあります。負担をするのが一方に偏らないよう両家で相談をして調整をしていきましょう。

ホテルや式場では「結納プラン」など結納に必要なサービスをまとめたパックプランが出ています。

会場の室料・料理・飲み物・装花代・記念撮影費などがセットになっていたり結納品を会場で用意できることもあります。場合によっては、係の人が進行を案内してくれるケースもあるおんで、安心して結納を行うことができます。

【会場別の結納費用の目安】

*ホテル・専門式場

室料や会食費は他に比べるとやや高めになりますが、その分格式の高いサービスが受けられたり、「結納パック」などの便利なサービスもあるのが特徴です。結納の際に着物を着る女性も多いので着付けや支度ができる施設が備わっているのも選ばれる理由です。挙式する式場の下見や相談も兼ねて、式場で結納を行う方もいます。

(価格の目安)

室料→2~3万円

食事代→1~2万円(一人当たり)

記念写真→1万5000円~2万円

結納パック料→8万~20万(結納の品数ににより変動)

 

*レストラン・料亭

結納品をおける広い個室がある所が最適です。

料理は両家の希望にあわせて選んでいきます。

予約時に結納であることを伝えればふさわしいサービスを受けられるでしょう。

(予算の目安)

室料→1~2万円

食事代→5,000円~1万2000円(一人当たり)

 

*自宅

以前は女性宅で行うのが一般的でしたが、最近は男性宅や仲人宅で行うことも増えてきました。

会場を借りるより費用は抑えられますがもてなす側は細やかな準備が必要になります。

(予算の目安)

お茶菓子代→5000円

食事代→5000円~1万円(一人当たり)

花代→5000円~1万円

*その他の結納の費用の目安

【男性側】

結納品→1万~5万円(関東式)

3万~20万円(関西式)

結納金→70万~100万円

婚約記念品→30万~50万円

【女性側】

結納返し→10万~50万円

婚約記念品→10万~20万円

【結納の費用分担の例】

*仲人への謝礼→両家で折半にすることが多いです

*会場費・会食費→両家で折半にすることが多いです

*結納品の購入→相手に贈る分をそれぞれが購入します

*衣装代→それぞれが自己負担します

*女性の着付けや美容代→女性側が負担します

*会場までの交通費→それぞれが負担します

一方が遠方の場合、ほかの費用で配慮することもあります

このように結納には会場費、会食費、結納品や婚約記念品の購入など様々な費用がかかります。

どちらか一方に負担が偏りすぎたり金銭面で不満が残ってしまうと後々のお付き合いに影響をする可能性もあります。お金の話はなかなかしづらいものですが、ふたりが中心となって細かなことでもその都度相談して、両家の承諾を得て進めていくようにしましょう。

結納品や婚約記念品は相手に贈る分をそれぞれが負担するのが基本です。両家で結納品と取り交わすケースでは、形式を揃えるため結納品は一緒に購入し両家で半額ずつを支払うことが多いようです。

ホテルなどの会場費や会食費は両家で折半するのが一般的です。両家で出席者の人数が異なる場合は半額ずつでなくそれぞれで人数分を負担するなどしてもよいです。

「両家折半」とありますが、実際にきっちりと半々にするかというとそうでもありません。

かつでは男性側が十分な結納金を用意し、結納の会場費や祝い膳は女性側が負担するものでしたが、最近は双方の負担を考慮して、「両家折半」にすることが多くなっています。

ただ、折半といっても費用をすべて半額にするのではなく、一方が遠方で交通費や宿泊費がかかる場合は、会場費を一方が持つなど臨機応変な対応が必要です。

ともかく、両家が納得して支払うこと、これがとても重要です。

トップページに戻る

会費ウエディングスタイルへの無料相談はコチラ

 

Point1 写真もしっかり撮影できる
Point2 家族や友人と挙式ができるる
Point3 費用を抑えて挙式できる
Point4 オリジナリティを 演出できる

Access Map アクセスマップ

  • 東京メトロ千代田線をご利用の場合
    徒歩1分(4番出口右折)「国会議事堂前」 徒歩8分
  • 東京メトロ南北線をご利用の場合
    「溜池山王」 徒歩6分
  • 東京メトロ銀座線をご利用の場合
    「赤坂見附」 徒歩6分

『会費ウェディング STYLE』
自社サロン

〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 8F

『会費ウェディング STYLE』 自社サロン
お問い合わせはこちら
営業時間11:00 〜 20:00
03-6380-0661
『会費ウェディング STYLE』 自社サロン