Instagram

『会費ウェディング STYLE』
東京都新宿区新宿1-15-8 ANビル4F
営業時間11:00 〜 20:00

お問い合わせはこちら

03-6380-0661

Blog ブログ

仲人を介しての結納の進行

仲人をたてる結納では、仲人が結納の進行役を務めます。

結納品や受書はすべて仲人を介して取り交わします。

つまり、男性側は結納品を仲人に渡し、仲人が女性に差し出し、女性は受書を仲人に託し、仲人が男性に渡す、という形になるので、おおよその流れを念頭においておきましょう。

 

結納当日は、仲人宅にタクシーを差し向けるのがマナーです。仲人が到着したら両家であいさつをし、桜湯と祝い菓子で一服してもらい結納を始めます。車を手配しないときはあとで、「お車代」を包みます。

 

◇略式であれば、口上やマナーも現代風にアレンジすることもあります

仲人をたてる場合でも、両家が集まる略式の結納では、口上も現代風にアレンジする傾向があります。仲人の進行に添って各自が口上を述べ、進めていきましょう。

結納が無事に結んだら、祝い膳の席を設けて仲人夫妻の労をねぎらいます。祝い膳を省略するときや辞退されたときは、「御酒肴料」を渡します。当日、仲人へ結納の謝礼を渡すときは、手土産をあらかじめ用意しておいて、その包みに謝礼の祝儀袋を乗せて渡すとスマートに受け渡しができます。

 

◇仲人を介しての結納の注意点

仲人をたてて両家合同で結納を行うとき、気をつけたいのは礼のタイミングです。

基本は、結納品を託すときや受け取るときに、仲人に対して礼をすればよいのですが、仲人と相手側がやり取りをしているとき、仲人の礼につたれて、つい頭を下げてしまうことが少なくないようです。

仲人と相手側がやり取りをしている間は、静かに姿勢を正して見守っていればよいので、つられて頭をフラフラ動かさないように注意しましょう。

 

【仲人を立てる略式の結納の流れ(関東式)】

①入室して席につく

結納品を所定の位置に飾ります(または係りの人に渡す)

各自が所定の席の脇に立ち、本人同士、両親の順にあいさつをし、一礼して着席します。

席は仲人が末席に座ることが多いです。

 

②はじめのあいさつ

仲人と男性の父親があいさつをします。

*仲人

「本日はお日柄もよく、両家のご縁談が整いまして、誠におめでとうございます。略式ではございますが、この場で結納のお取次ぎをさせていただきます。」

*男性の父親

「本日はご多用の中、仲人のお役目をお引き受けくださいましてありがとうございます。よろしくお願い申し上げます。」

③男性側が仲人に結納品を渡す

「男性の母親が結納品を仲人の前に置き、軽く一礼をして着席。

男性の父親と仲人が口上を述べて互いに礼をします。」

*男性の父親

「これは○○からの結納の品です。△△様へお取次ぎのほど、よろしくお願い致します。」

*仲人

「確かにお預かりいたしました」

④男性側の結納品を女性側に納める

仲人夫人が男性の結納品を女性の前に置き、仲人が口上。女性側は軽く礼をします。

*仲人

「こちらは○○様からのご結納でございます。幾久しくお納めください」

⑤女性側が目録をあらためる

女性が目録に目を通し、父親、母親の順に回します。女性本人が目録をもとの状態に戻し、口上を述べて女性側が一同、礼をする。

*女性本人

「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」

⑥女性の請け書を仲人に渡す

女性の母親が結納品を床の間に飾り、受書を仲人の前に置きます。女性の父親と仲人が口上を述べ、一同深く礼をする。

*女性の父親

こちらは△△からの受書でございます。先様へよろしくお願いいたします」

*仲人

「確かにお預かりいたしました」

⑦男性側に受書を渡す

仲人夫人が受書を男性の前に置き、仲人が口上を述べます。男性は受書をあらためて口上を述べる。

*仲人

「こちらは△△様からの受書でございます。どうぞお納めください」

*男性本人

「お受けいただき、ありがとうございます」

⑧女性側の結納品を男性側に納める

女性の母親が結納品を仲人の前に置き、女性の父親と仲人が口上を述べる。仲人夫人が女性の結納品を男性の前に置き、仲人が口上を述べます。男性側は軽く礼をします。

*女性の父親

「これは△△からの結納の品です。○○様へお取次ぎのほど、よろしくお願いいたします」

*仲人

「こちらは△△様からのご結納でございます。幾久しくお納めください」

⑨男性側が目録をあたらめ、仲人に受書を渡す

男性側が目録に目を通し、男性が口上を述べて一同礼をする。男性の母親が結納品を床の間に飾り、受書を仲人に差出、男性の父親と仲人が口上を述べて、礼をする。

*男性本人

「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」

*男性の父親

「こちらは○○からの受書でございます。先様へよろしくお願いいたします」

*仲人

「確かにお預かりいたしました」

⑩女性側に受書を渡す

仲人夫人が受書を女性の前に置き、仲人が口上を述べます。女性は受書をあらためて、口上を述べる。

*仲人

「こちらは○○様からの受書でございます。どうぞお納めください」

*女性本人

「お受けいただきありがとうございます」

⑪締めのあいさつ

仲人が祝いの口上を述べます。(洋室の場合は一同起立する)締めのあいさつをします。

*仲人

「これにて、おふりのご婚約がめでたく整いました。誠におめでとうございます」

*男性の父親

「本日は大変お世話になり、ありがとうございました。おかげさまで無事結納をすませることができました」

*男性・女性

「本日はお世話になりまして、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます」

結納後の流れは、全員で祝い膳を囲み、会食・歓談をします。会食のときは仲人の労をねぎらうためにも、仲人夫妻を上座に案内します。最後に記念撮影などをして解散することもあります。

Point1 写真もしっかり撮影できる
Point2 家族や友人と挙式ができるる
Point3 費用を抑えて挙式できる
Point4 オリジナリティを 演出できる

Access Map アクセスマップ

  • 東京メトロ千代田線をご利用の場合
    徒歩1分(4番出口右折)「国会議事堂前」 徒歩8分
  • 東京メトロ南北線をご利用の場合
    「溜池山王」 徒歩6分
  • 東京メトロ銀座線をご利用の場合
    「赤坂見附」 徒歩6分

『会費ウェディング STYLE』
自社サロン

〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 8F

『会費ウェディング STYLE』 自社サロン
お問い合わせはこちら
営業時間11:00 〜 20:00
03-6380-0661
『会費ウェディング STYLE』 自社サロン