Instagram

『会費ウェディング STYLE』
東京都新宿区新宿1-15-8 ANビル4F
営業時間11:00 〜 20:00

お問い合わせはこちら

03-6380-0661

Blog ブログ

結婚式 1.5次会 花嫁・花婿の立ち居振る舞い1

結婚式、1.5次会 では、主役の新郎新婦は360度を色々な人から見られる立場になります。プライベート感たっぷりの結婚式、1.5次会 での式場であればふたりのゲストだけですが、色々な人が行きかうホテルなどでは、様々な人から新郎新婦だ!ということで注目があがります。

全身が普段と違うスタイルと、結婚式、1.5次会 という緊張感も重なって、立ち居振る舞いをすっかり忘れてしまう人も多いようです。せっかくの結婚式、1.5次会 という晴れ舞台。ふたりを美しく魅せる身のこなしを身に着けて結婚式、1.5次会 本番に向けて習得していきましょう。一度身に着いた立ち居振る舞いは一生自分のものになりますよ。

 

■立ち方

すべての立ち居振る舞いは美しい立ち姿から、とも言われています。日常生活でも正しい姿勢は見た目の美しさだけでなく、相手に好印象を与えます。鏡の前にふたりで立って理想の姿勢を研究してみましょう。

結婚式、1.5次会 での花嫁の立ち姿のポイントはブーケの持ち方です。花嫁ひとりでの写真撮影や花婿とふたりで立つ時も立ち姿をすっきりと見せてくれます。

ブーケの種類にもよりますが、基本はブーケの高さはおへそのあたりで持ちます。肩の力を抜いてひじを軽く開き、腕と身体の間に三角~ひし形の空間を作るとウエストがほっそり見える効果も期待できます!

逆にNGなのが、ブーケを低く持ちすぎること。下にもつほど背中が丸くなってしまい姿勢が悪くなります。なで肩・猫背にみえるばかりかだらしない印象やウエストラインのメリハリも泣くなってしまうので注意!猫背になりがちな花嫁は、当日の介添えさんに自分の姿勢をチェックしてもらうように頼んでおきましょう。疲れてくると楽な姿勢に戻りがちになりますよ。

立ち方は、花嫁花婿ともに背筋を伸ばすのが基本ですが、コツは頭のてっぺんが天井からつられているようなイメージです。頭から首、胸、腰へと一本の線が貫く感じです。ただし、姿勢を正しく、胸を張ってを意識するあまり、後ろにそりかえらないように気をつけましょう。首筋を長く見せるつもりで姿勢を正して、あごが前に突き出さないように注意しましょう。

*花嫁のポイント

→肋骨をぐっと開くイメージで胸を張りましょう。胸をはりすぎておなかがぽっこりでないように腹筋も軽く締めていきましょう。

*花婿のポイント

→花婿は花嫁を常にエスコートしますので、ゆっくりと動くように意識をしましょう。

花婿は右手で手袋を持ちますが、軽く握る程度でOKです。左手は指を揃えてズボンの縫い目に中指を沿わせるイメージでおきます。立った時は、かかととかかとをくっつけて、つま先は自然に開いて立ちます。体重はやや新婦側にあずけて寄り添うようにするとふたりがバランスよく見えますが、花嫁のドレスラインによって少し変化を。ボリュームのあるウエディングドレスで重みがある時は足をしっかり開いてしっかり立ちましょう。スレンダーやマーメイドラインのドレスなど、足のラインがわかるものは、かかとをつけて片側を軽く引き、モデル立ちをすると◎

■歩き方

ふたり揃って歩く姿は何かと注目をされるものです。挙式や披露宴の入場・退場など見せ場になることも多いので、コツを覚えて美しくあるけるように練習しておきましょう。

花嫁はドレスラインによって歩き方が異なります。スレンダーラインのドレスで歩く時は、足のシルエットが分かりやすいので、美しく歩く意識を持ちましょう。一本の線の上を歩くように意識して、左右に足をクロスさせながら歩くイメージです。ドレスの裾は蹴り上げず(スレンダーラインのドレスで蹴り上げると、蹴っている足さばきが周りからもわかってしまうのでエレガントに見えません)、つま先から着地するようにモデル歩きをしましょう。

ふんわりしたプリンセスラインやAラインなどドレスが重い場合、よろけないように注意しましょう。左右の足をやや開き、5~6cm幅ぐらい開いて歩くイメージです。裾が長くて不安なときはつま先でパニエを蹴り上げるようにしましょう。細すぎるヒールは絨毯にめり込むこともあるので太めのヒールで安定感のあるものがおススメです。

花嫁が歩く時は、あごを軽く引いて突き出さないようにし、目線は遠くをみるようにします。歩き始めてからも猫背は要注意!軽く肩を後ろに引いて胸を開くようなイメージです。手はひじの内側から指先が見える程度に組みます。腕を絡ませるほど深く組むのはNGです。ブーケの位置は歩き出しても変わらずおへそのあたりでキープして上下したりしないようにしましょう。歩幅は普段よりも狭く、花婿より半歩後ろをついて歩くようにすると歩きやすく見た目もきれいです。

花婿は花嫁同様、あごを軽く引き目線は遠めしします。周囲にゲストがいる場合は無視しないで目線をあわせて会釈をしましょう。左手は軽く握っておなかあたりに添えておき花嫁をエスコート。花婿は花嫁の半歩前を歩きます。花嫁はなれないドレスで歩きにくいので、ペースに合わせて歩いていきましょう。

結婚式 1.5次会 花嫁・花婿の立ち居振る舞い2はコチラから!

 

トップページに戻る

会費ウエディングスタイルへの無料相談はコチラ

Access Map アクセスマップ

  • 東京メトロ千代田線をご利用の場合
    徒歩1分(4番出口右折)「国会議事堂前」 徒歩8分
  • 東京メトロ南北線をご利用の場合
    「溜池山王」 徒歩6分
  • 東京メトロ銀座線をご利用の場合
    「赤坂見附」 徒歩6分

『会費ウェディング STYLE』
自社サロン

〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 8F

『会費ウェディング STYLE』 自社サロン
お問い合わせはこちら
営業時間11:00 〜 20:00
03-6380-0661
『会費ウェディング STYLE』 自社サロン