Blog ブログ

1.5次会 に 電報 は届くの?そもそも 電報 って必要?

さて今回のテーマは少し違った角度からの1.5次会のお話しになります。皆さんは電報と言うアイテムを聞いた事がありますか?電報はNTTが行なっているサービスで電報サービスの番号に電話をしてメッセージを伝えるとそのメッセージを紙に印刷すて綺麗な台紙に貼り付けて届けてくれると言う昔からあるアイテムです。結婚式や会社の周年行事などの祝いの宴席を始めお葬式などでも利用されてきています。

 

 

電報の便利なところは届くまでの時間が早い事にありました。昔の電報は電報を注文するとNTTのオペレーターに繋がりました。その人にメッセージ内容を伝えると次の日には会場に到着すると言う速さが特徴でした。

 

 

しかし、最近ではSNSやラインと言った瞬時にメッセージが送信できるサービスがあります。個別にメッセージを伝えるならあっという間に送れてしまいます。そう考えると電報の必要性は薄れてきます。

 

 

実際に1.5次会などで電報が手元に届くと言う事はあるのでしょうか?

 

 

実は少量ではありますが電報は1.5次会にも届きます。友人と言うよりも親族や出席していない会社の同僚などから一同と言う感じで届きます。

 

 

電報は昔からあるサービスですから公式アイテムとして行けない時は電報で挨拶すると言う風習が定着しています。

 

 

紙媒体の重みと言うのでしょうか?電子書類ではなく品物として会場に到着する電報には妙な存在感があります。

 

 

もう少し詳しく電報について紹介すると、電報は台紙の種類と文字数で金額が変わります。定型文を利用すればそれほど高くなりませんがオリジナルメッセージと少し高い台紙を選ぶと1万円近くする事もあります。いまはインターネットから気軽に注文をできます。

 

 

到着した電報は透明なビニールの袋に入って会場に届きます。電報は台紙とメッセージね書いてある紙のセットで到着します。正直言うと値段にしては微妙な感じなので昔からのお役所仕事感は出ていますね。

 

 

 

電報が到着すると会場のスタッフが1.5次会の宴席毎に振分をしてくれます。当日は1.5次会の担当司会者が電報を取りに行きます。中身を確認しお名前の読み方を事前にお二人に確認をします。

 

 

届いた電報は基本的には1.5次会の中で紹介されます。内容に応じて名前だけの紹介などの場合もあります。

 

 

と、このように電報は昔からある通信手段なのでそれなりに公式なものとして扱われています。

 

 

実際に電報が必要なのか?と問われると疑問はあります。現に若い人に電報を利用する人は減っています。しかし、50代以上の方は利用者も多くいますので礼儀の文化だと見るべきアイテムなんだと思います。

 

 

いずれは無くなるとは思っていますが現時点での意見ではありますね。

 

 

もっと色々と1.5次会について聞きたい時は無料相談から便利な出張打合せをご利用下さい

 

 

ご連絡をお待ちしております。

 

ミーティング

Access Map アクセスマップ

  • 東京メトロ千代田線をご利用の場合
    徒歩1分(4番出口右折)「国会議事堂前」 徒歩8分
  • 東京メトロ南北線をご利用の場合
    「溜池山王」 徒歩6分
  • 東京メトロ銀座線をご利用の場合
    「赤坂見附」 徒歩6分

『会費ウェディング STYLE』
自社サロン

〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 8F

『会費ウェディング STYLE』 自社サロン
お問い合わせはこちら
営業時間11:00 〜 20:00
03-6380-0661
『会費ウェディング STYLE』 自社サロン