blog
会費ウェディングSTYLE ブログ

1.5次会結婚式を会費制で行う場合の会費設定は?

1.5次会結婚式の会費金額について書いてみます。

 

 

 

最近では会費制結婚式は結婚式の新しいカタチとして話題になっています。沖縄や北海道では会費制結婚式は昔からポピュラーなスタイルですね。

 

 

 

会費制結婚式の特徴はゲスト人数が結婚式の費用になるあたりです。色々な考え方がありますが食事分の費用だけを会費に設定するスタイルが沖縄や北海道のスタイルですね。

 

 

 

その為、沖縄や北海道の会費は非常に安い会費設定になっています。また、両地区のゲスト人数は非常に多く200名とかくるパーティーもあります。関東地区と比較するにはスタイルが違いすぎますね。

 

 

 

では、東京、神奈川、千葉、埼玉など首都圏での会費制結婚式の会費とはいくら位が平均的なのでしょうか?

 

 

会費制結婚式の首都圏の平均はカジュアルなブュッフェ形式で15000円〜。着席コース料理であれば20000円〜となります。

 

 

 

あれ?某雑誌などよりも高いな…と思う人もいますね。会費制結婚式の定義が発信している人たちで違いがあるからですね。

 

 

沖縄や北海道のように食事だけを会費に設定すれば15000円程の会費で会費制結婚式は整いますね。

 

 

 

でも…それ以外の費用はもちろん自分達で負担するんです。そもそもゲストハウスの食事代金はお料理と飲み物に別れています。お料理が15000円。飲み物が4000円。こんな感じです。更に消費税とサービス料と言う金額が約10%必要です。

 

 

 

この様な会場でその他の費用となると衣装やお花や美容やカメラマン。それにプランナーの人件費や設備使用料金なども見えない部分に含まれていきます。

 

 

 

都内の結婚式の自己負担費用は約120万と言われています。

 

 

正直言って某有名雑誌のやり方で食事分だけを会費に設定した場合の会費制結婚式での自己負担金額は普通に結婚式した時と大差ない可能性があります。

 

 

それでは会費制結婚式にした意味がありませんよね。だから会費制結婚式専門の弊社ではそのような事がないように会費プランをしっかりと設定をしています。

 

 

プランの中には衣装はもちろん司会者からプランナーの人件費も含んでご提案しています。その為、ゲストハウスや結婚式場のように後から見積もりが上がる心配もありません。

 

 

ゲストハウスで結婚式をすると家が建つ!なんて事いう方もいます。

 

 

ウソだー!と思ったそこのあなた!!ゲストハウスでお見積りを依頼してみてください。驚異的な数字が出てきますよ。田舎なら本当に家が建ちます(笑)

 

 

会費制の結婚式では後から後から価格も上がらないように調整します。そうしないと一人当たりの会費の設定に意味がありません。

 

 

 

では、会費ウェディングスタイルが会費制で結婚式をホテルで行った場合の費用はおよそ25000円前後になります。ゲストハウスのような場所でもどうようの金額ですね。

 

 

ビュッフェスタイルであれば15000円からご用意ができます。

 

 

どちらでも言える事ではありますが自己負担金が完全に0円になるには料飲食代金と会費の設定に金額幅を設けないと0円にはなりません。

 

 

会費ウェディングスタイルの会費制結婚式でも適正金額のお一人様費用に1000円~2000円程の会費をアップさせる事で0円での会費制結婚式を可能にすることもできると思います。

 

 

なかなか難しいなと思ったらプロに相談してみと良いと思います。

 

 

無料出張相談がとってもお得!

 

 

会費制結婚式のプロが最寄の駅までお伺い致します

 

 

ミーティング