Blog ブログ

1.5次会 知っておきたい基礎知識

結婚式の事を色々と調べていると様々な聞きなれない言葉が出てくると思います。その中でも1.5次会や会費制結婚式などが様々な情報サイトや媒体などで紹介されていると思います。今回このブログでは最近はなりの1.5次会と言う結婚式のスタイルについて解説していきたいとお思います。

 

 1.5次会ってどんな結婚式?

 

そもそも1.5次会とはどんなスタイルの結婚式の事なのでしょうか?まずは1.5次会と言う結婚式の内容をご説明します。

 

1.5次会と言う言葉が最初に使われ始めたのは、今から15年程前になると思います。当日はレストランウェディングが人気の時代です。少しおしゃれな雰囲気のあるレストランであればどこでもレストランウェディングを行っていました。この時期に1.5次会と言う言葉は登場します。

 

「披露宴よりもカジュアルな雰囲気で2次会よりもしっかりとしたパーティースタイル」

 

これが、1.5次会の基本的な考え方です。当時は1.5次会とはレストランウェディングの雰囲気を表す言葉でした。

 

「今度、青山の〇〇ってレストランで結婚式する事にしたんだ!でも、そこまで堅苦しい雰囲気も嫌だから1.5次会って感じにするから気軽に参加してね」

 

こんな、使い方です。

 

それから時代が変わり海外挙式を行う方々も増えてきました。1.5次会の立ち位置も時代と共に変化していきます。

 

現在の1.5次会とは海外挙式後のアフターパーティーなどで使用される事が多くなりました。

 

前述をした通り、1.5次会が登場した当時は、「ご両親も参加している結婚式をレストランなどで気楽に楽しめるような雰囲気で行うウェディングの事」を1.5次会と呼んでいました。

 

最近の1.5次会とは「友人中心で行う会費で楽しめるウェディングパーティー」と言う意味合いで使用されています。

 

 

最近の1.5次会は2つに分類されます。

 

「カジュアルなパーティー」と「フォーマルなパーティー」です。

 

カジュアルなパーティーとはビュッフェスタイルのパーティーです。対してフォーマルなパーティーとは着席コース料理のパーティーです。

 

この2つの1.5次会は、ゲストからの会費で行う会費制結婚式で行う事が多いです。

※ 会費の設定方法などは後ほどしっかりとご説明いたします。

 

カジュアルな1.5次会は、ご予算を抑えたい方が選択されます。

 

着席ビュッフェと言うスタイルもあります。お料理は個々でフードテーブルに取りに行って頂くビュッフェスタイルではありますが、人数分のテーブルとイスをご用意しゲストが全員着席できます。カジュアルな1.5次会では人気のパーティースタイルです。

 

 

フォーマルな1.5次会は、「参加ゲストに遠方からの方が多い」「上司・恩師など目上の方をお呼びになる」このような場合には着席コース料理で行うフォーマルな1.5次会を選択する方が多いです。

 

 

1.5次会とは、ご家族のみで海外・国内での挙式をされた方が、後日に行う友人を中心にご招待したウェディングパーティーの事になります。

 

 

1.5次会と2次会とは違うの?

 

1.5次会と2次会の違いがわかりにくいという方が多くおりますのでご説明致します。

 

2次会と1.5次会をどうして勘違いしてしまうのか?それは1.5次会を利用するお客様の多くの方が海外挙式をされている方が多い事が関係します。

 

挙式を既に済ませているお二人は、その後に行うパーティーは2次会として考えます。その為、1.5次会を2次会としてしまう傾向があります。

 

しかし、結婚式の2次会と1.5次会には大きな違いがあります。結婚式の2次会は披露宴後同日に行われます。披露宴に出たゲストがそのまま2次会にも参加される事も珍しくありませんよね?

 

では、1.5次会を考えてみましょう。1.5次会は海外挙式から帰ってきてから行われるウェディングパーティーです。つまり、1.5次会はレス・ヘアメイク・装飾などをゼロから準備を始めなくてはなりません。また、ご招待するゲストも1.5次会をメインにご招待します。

 

このように2次会と1.5次会には明確な違いがあります。また、1.5次会はお二人をゲストの方々に知って頂く大切なパーティーでもあります。

 

最近では2次会のようにカジュアルすぎる1.5次会よりもコース料理をご用意するしっかりとした1.5次会を望まれる方も増えております。ご招待する方々も会社の上司や恩師などお二人にとっての重要な方々をご招待する場合も多く、カフェやカジュアルなレストランでの開催ではなく、高級レストランを選ばれる傾向にあります。

 

このように2次会と1.5次会では明確な違いをご説明すると、

 

「コース料理にすると堅苦しくなる」

 

と、ご意見を頂く事もあります。堅苦しくなる理由についてはお店の雰囲気や料理の内容ではなく、1.5次会の進行で決まりますので、あまり気にしなくても大丈夫です!

 

 

1.5次会は披露宴とは何が違うの?

 

2次会1.5次会が違う事は先程の内容でお分かり頂けたかと思います。次に気になる事は披露宴と何が違うのかわからなくなります。

 

次は1.5次会と披露宴の違いについてもご説明させて頂きます。

 

実は1.5次会と披露宴はすごく似ている点が多いです。その為、2次会のような圧倒的な違いがありません。

 

 

 

会費制で行われる事が多い

 

披露宴はご祝儀をもってきて頂くのに対して1.5次会は基本的に会費制で行われます。

 

ご祝儀の金額は「ゲストのお気持ち」とされています。中身についての決まりは特にありませんが、通常ご祝儀の平均は3万円と言われています。

 

関係性などでご祝儀の金額は変わります。上司や親族などは5万円と言われています。夫婦で参加されている場合には2人(家族)で5万円という場合もあります。その際には引出物なども家族で1つとなる事もあります。

 

1.5次会の場合はご祝儀で行われる事は少なく会費制の結婚式として行われます。

 

会費制で1.5次会を開催する際には事前に会費を設定をします。会費の設定方法については総合計費用より適正な会費を定めていきます。会費の設定方法は後ほど詳しくご説明をします。

 

このように、1.5次会は会費制で行われますが、ご披露宴はご祝儀を頂きます。

 

わかりやすい大きな違いですね

 

 

 

ご披露宴は当日挙式を行う

 

実は1.5次会でも当日に挙式を行う事もあります。その為、挙式を同日に行ったから必ずご祝儀制の披露宴になるという訳ではありません。

 

実は最近ではかなりカジュアルに挙式を行う方も増えています。しっかりしたチャペルを使用する挙式ではなく、手作りでアットホームな挙式で行われます。

 

 

写真のようなカジュアルな挙式な挙式スタイルです。その為、挙式があるから披露宴という分類方法は最近では微妙でもあります。

 

とは言え、挙式+披露宴は結婚式の王道です。ホテルやゲストハウスで挙式を行った後に行うパーティーは9割がたご祝儀を頂くご披露宴と分類されると考えて問題ありません。

 

同日に挙式を行った後のパーティーは披露宴と分類される。と、考えてほぼ正解です

 

 

 

引出物の用意がある

 

1.5次会は会費制で行われる為、引出物をご準備しません。少し豪華に準備を行う方は引菓子のご準備を行うようにします。

 

引出物をを準備する際にはご祝儀を頂くご披露宴と認識できます。

 

引出物の平均的な価格はお1人様約5000円程になります。VIPゲストには少しグレードを上げる事もあります。良くわからなくなってしまう際にはプランナーと相談しながら決めていきましょう。

 

このように1.5次会と披露宴には大きな違いはありません。

 

選んだ場所と内容の整え方次第では豪華な1.5次会を作る事ができます。高額な披露宴を挙げないで1.5次会で挙式からリーズナブルに行う方が増えてきている理由にもつながります。

 

 

今なぜ1.5次会が注目されるのか?

 

1.5次会を選ばれる方が増えてきている理由はいくつかあります。その中でも一番多い理由は「結婚式にお金をかけない」と言うシンプルな理由です。

 

会費ウェディングスタイルが提案する1.5次会プランはドレスまで含んでも一般的な披露宴の4分の1程の費用で済んでしまいます。

 

一般的な披露宴の自己負担金額は平均120万円と言われています。会費ウェディングスタイルの1.5次秋プランは自己負担金は消費税込みで約30万円程です。ちなみに自己負担金額の半分以上は消費税となります。高いですね・・・。

 

5年ほど前の1.5次会は「安い=粗悪」これが当たり前でした。テーブルには小さなお花がコーディネートされ、ひどい会社では造花も当たり前でした。しかし、ここ数年で1.5次会の考え方が定着され今までのような粗悪な会社は減ってはいます。

 

現在の1.5次会は「質は良いけどリーズナブル」と言うコンセプトです。その中で会費ウェディングスタイルでは

 

CONCEPT を「ちょうどいい1.5次会」

 

としてお客様にサービスを提供させて頂いております。「ちょうどいいって何?」と疑問を持つ方もいると思います。

 

「ちょうどいい」とは、バランスの取れた1.5次会と言うイメージになります。

 

会場の雰囲気・スタッフのサービス力・提案力・ウェディングアイテムの品質・価格この5つのカテゴリがお二人の予想以上に良いと感じた時に「ちょうどいい」と思って頂けると思います。ここで少しだけ私達のちょうどいい1.5次会を説明させてください。

 

 

 

 

会場の雰囲気

 

ちょうどいい1.5次会を語るには会場の雰囲気を無視する訳にはいきません。会費ウェディングスタイルには会場をお客様に紹介するために厳しい基準を設けています。基準を8割以上クリアできない会場は会費ウェディングスタイルの紹介会場として認定されることはありません。どんな基準なのか詳しい内容は以前のブログに記載してあります。「高級感・プライベート感・料理の美味しさ・店舗スタッフの対応力」などが基準値以上である必要はあります。

会場クオリティー基準

 

 

 

スタッフのサービス力

 

ちょうどいい1.5次会とは会場の雰囲気だけではありません。スタッフの対応力も重要です。会費ウェディングスタイルのプランナーは10年以上の経験豊富なスタッフです。会場のご見学などにも同行し会場のアドアイスなどもさせて頂きます。少し変わった演出を行いたい場合にも会費ウェディングスタイルがしっかりと会場側と交渉をさせて頂きます。

 

 

 

提案力もちょうどいい

 

提案力は1.5次会にはとても重要です。「こんな事やりたい」「あんな事やりたい」と様々ご要望を頂きます。すぐにできる事もありますが、簡単に出来なこともあります。そんな時に必要になる事がプロフェッショナルとしての提案力です。

 

どのような1.5次会を希望しており、どんな場所で・・・どのくらいの予算で・・・などをヒアリングさせて頂き内容に合わせたご提案をさせて頂きます。お二人だけのオリジナルな1.5次会をご案内させて頂きます

1.5次会でオリジナルウェディング

 

 

 

ウェディングアイテムも高品質

 

会費ウェディングスタイルでご案内するウェディングアイテムの品質は高級ゲストハウスと同様の内容でご案内させて頂きます。価格を安く高品質のアイテムをご案内できる理由については、ゲストハウスの高額な手数料にあります。

 

手数料とはゲストハウスが業者に請求する営業手数料の事になります。ゲストハウスの手数料は非常に高額で50%とも60%とも言われています。

 

例えば、10,000円で販売されている商品の手数料が60%だった場合には業者は4000円で商品を卸している事になります。この仕組みを結婚式に当てはめてみると30万円でレンタルしているドレスの卸価格は12万円程です。

 

会費ウェディングスタイルのアイテムはこの手数料を0円に近い金額に設定お客様にご案内しております。運搬費用や仕入れにかかる経費の関係から完全に0円とまでは行きませんが、限りなく0円に近づけてはいます。

 

更に手配ルートにも仕掛けがあります。会費ウェディングスタイルのスタッフは10年以上のキャリアをもっているスタッフが多く在籍しております。その中には、ウェディング業界の仕組みを熟知している経験豊富なスタッフも沢山います。熟練スタッフの情報を基に、最もよい独自の仕入れルートでアイテムを手配致します。

 

 

このような2つの仕組みを確立する事で、「高品質」「低価格」な1.5次会アイテムを「安心」できるルートでご案内させて頂いております。

 

 

 

価格も納得できる

 

1.5次会とは言えこちらウェディングパーティーです。皆様価格については敏感です。特に色々な1.5次会のプロデュース会社さんを見てきている方は費用いについてのお話は厳しい目でご覧頂いております。恐らく非常に高額な見積りだったプロデュース会社に行ってしまったのでしょう。

 

しかし、会費ウェディングスタイルでご案内する1.5次会の価格は「思った以上に安い」「あ、これくらいで良いんだ」「この内容なら納得だよね」「これだけ安いなら、もっと料理のグレード上げよう」と、お客様より驚きのコメントを頂いております。

 

「え、こんなに高いの?」とは今まで一度も言われた事はありません。

 

お二人の予想を超えた満足感を提供する事で、会費ウェディングスタイルが掲げる「ちょうどいい1.5次会」のコンセプトは完成します。

 

 

1.5次会の費用はどれくらい必要?

 

ここで1.5次会の総額費用についてご案内します。分かりやすいよいうにゲスト人数を60名とさせて頂きます。1.5次会は基本的に会費制で行われる事がほとんどです。人気の会費設定はお一人様2万円程。この内容を追加して総額費用をご案内しましょう。

 

もちろんこの総額費用は会費ウェディングスタイルのプランに基づく内容なので他社は対象になりません。

 

会費ウェディングスタイル基本料金

 

1.5次会の基本スタイルは会費で結婚式費用を整える事にあります。その為、シンプルに計算された(60名×2万円=120万円)120万円と言う数字が基本の価格です。この価格にオプションや税金などが追加されていきます。

 

120万円に含まれている内容についてザックリとご案内します。まずは基本的なプランに含まれる内容になります。

 

料理/衣装/ヘアメイク/ブーケ・ブートニア/会場装花/プラニング料金/司会者/音響スタッフ/控室料金

 

その他に人数特典として、プロカメラマンと招待状が追加されています。

 

これだけの内容でも1.5次会は成立しますが、必須アイテムとして下記のアイテムをが必要になります。

 

席次表/席札/プチギフト/ウェディングケーキ

 

ウェディングケーキは必須ではありませんが、結婚式の定番演出でもありますので入れておきましょう。その他にかかる費用はこれです。

 

お申込み金額5万円/新郎・新婦分の費用/消費税

 

お申込み金額と消費税はご理解頂けるかと思いますが「新郎・新婦分の費用」がわからないという方もいると思います。

 

1.5次会なども含めて結婚式の費用では、ゲストの人数に新郎・新婦分2名を追加した人数を総数としてお見積りを作成します。

 

つまり60名のゲストを招待する1.5次会では62名として総数を計算します。

 

では、総額計算をしてみましょう。【単価/総額 ※総額は単価に60名を掛け算した費用】

 

〇 お申込み金/5万円

〇 新郎・新婦費用/4万円

〇 ゲスト60名/120万円

〇 プチギフト/300円/1.8万円

〇 ケーキ/1000円/6.2万円

〇 席次・席札/500円/3万円

 

総額費用 140万円です。

 

消費税14万円が追加されます。

 

税込総額が154万円です。

 

1.5次会の場合には会費制での開催となります。支払いに関しては会費で集まる120万円と合わせて現金にてお支払い頂きます。※カード決済などのご利用も可能です。

 

120万円を引き算することで自己負担する金額が算出されます。1.5次会をゲスト60名で高級レストランを利用して開催した場合の自己負担は、消費税込み34万円になります。消費税が含まれる前の金額で計算をすると20万円程の自己負担金額で1.5次会を開催している事になります。

 

どうですか?非常にリーズナブルですよね?もっと詳しく内容を聞きたい方は無料出張相談をご利用ください。専門スタッフが丁寧にご説明させて頂きます

 

 

会費設定はどうするの?

 

次に会費設定の方法について簡単にご説明致します。1.5次会の多くは会費制で実施されます。その為、会費設定は大きなポイントになりますので慎重に決めてきましょう。

 

 

会費設定は1.5次会全体の雰囲気とバランスが取れている事がとても大切です。1.5次会のバランスとは会費の設定に対するパーティーのクオリティーとなります。

 

例えば、立食のビュッフェスタイルで2次会のようなカフェで開催しているにも関わらず1.5次会の会費設定が2万円だとすれば、非常い高いですよね?

 

しかし、2次会のような雰囲気で行っている1.5次会だからと言って会費を下げ過ぎてしてしまえば、1.5次会の経費が大きくなってしまいます。結果として自己負担金額が増える事になります。

 

自己負担も抑えながらゲスト満足度も高い会費設定が一番よいという事になります。目安になる会費設定はコチラの記事に詳しく書かせて頂きましたのでご参考になさってください。

 

1.5次会で人気の会費設定は、高級レストランでのコース料理で開催した場合はお一人様価格2万円前後、ご予算をもう少し抑えて開催したビュッフェ形式の1.5次会ではお一人様会費は1.5万円~1.8万円程と設定されます

 

ブッフェスタイルの1.5次会の場合には着席ビュッフェや、大きなお皿で各テーブルごとにお料理が提供されるシェスタイルのオンテーブルビュッフェなども人気があります。

 

 

1.5次会の段取り方法

 

このように、一言で1.5次会と言っても様々なスタイルがたくさんあります。結婚式の2次会のように安易に友人に幹事を依頼する事はできません。その為、1.5次会を開催する際には必ずプロに依頼をする事が重要です。

 

1.5次会を行う為の段取り方法を記載しておきます

 

① やりたい事決める

② やりたい事をプロに相談する

③ 会場を下見する

④ 予算を検討する

⑤ 正式に申し込みする

 

このような段取りがスタンダードな段取りとなります。最も重要な事は出来るだけ早くプロに依頼をする事になります。

 

出来るだけ早くプロに依頼するのは何故か?

 

出来るだけ早く1.5次会のプロに依頼をする事をお勧めします。それはプロは一般人では知らない情報を把握しているからです。

 

例えば、「写真の雰囲気が良くて下見に行ったら写真とは全く違った」「スタッフのサービスが今一つだった」「会場の周りの雰囲気が飲み屋街だった」など情報サイトでは見えない事柄があります。プロデュース会社ではこのような情報をしっかりと把握しています。

 

また、情報サイトなどで100名着席OKと記載があっても実際は80名が限界と言う会場も多くあります。少しでも多く会場内に入れれば売上が上がるという会場側の心理ですね。

 

このように見えない事柄を把握しながら、お客様にピッタリのご提案させて頂く事ができます。

 

特に会費ウェディングスタイルでは厳しい会場基準を持っているので情報量も多く適正会場をしっかりとご案内する事ができます。

 

 

また、ご予算についても全然違う場合もあります。レストランに直接お申込みをした場合と会費ウェディングスタイルでお申込みをした場合で金額に差が生じます。

 

勿論、会費ウェディングスタイルのプランをご利用頂いた場合の方がリーズナブルに仕上がる事もよくある話です。前述もしておりますが、依頼する業者さんの違いや手数料の差になります。

 

1.5次会はプロデュース会社で決まる

 

1.5次会はどこのプロデュース会社を選んだのか?がとても重要です。会場の雰囲気も大切かもしれませんが、1.5次会で最も重要な事はプロデュース会社選びである事は間違えありません。

 

会場見学をする前に契約を迫るプロデュース会社もあります。このような会社では絶対に契約をしてはなりません。トラブルの原因になります。

 

必ず会場の下見をした後に契約をする流れにしましょう。

 

このように迷ってしまう事が沢山あります。その為に早目にプロデュース会社に相談する事が必要なのです。プロに相談する事で時間短縮にもつながり準備にも余裕が出ます。

 

まずは会費ウェディングスタイルの無料相談をご利用下さい。最寄りの駅まで1.5次会専門のスタッフがお邪魔させて頂きます。駅近くのカフェなどで1時間30分程で分かりやすく1.5次会についてご説明させて頂きます。お気軽にご利用ください。

 

 

 

 

 

 

Access Map アクセスマップ

  • 東京メトロ千代田線をご利用の場合
    徒歩1分(4番出口右折)「国会議事堂前」 徒歩8分
  • 東京メトロ南北線をご利用の場合
    「溜池山王」 徒歩6分
  • 東京メトロ銀座線をご利用の場合
    「赤坂見附」 徒歩6分

『会費ウェディング STYLE』
自社サロン

〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 8F

『会費ウェディング STYLE』 自社サロン
お問い合わせはこちら
営業時間11:00 〜 20:00
03-6380-0661
『会費ウェディング STYLE』 自社サロン