Instagram

『会費ウェディング STYLE』
東京都新宿区新宿1-15-8 ANビル4F
営業時間11:00 〜 20:00

お問い合わせはこちら

03-6380-0661

Blog ブログ

結婚式 1.5次会 ウエディングドレス 小物の選び方 

結婚式、 1.5次会 で自分の運命の一着、ウエディングドレス がきまったら、次はドレスに合う小物選びを行います。

結婚式、 1.5次会 の花嫁の全体の雰囲気は、合わせる小物や髪型などによって大きく変わります。また、結婚式、1.5次会パーティーのイメージによって選び方も変わってきます。

なかでも、顔回りのヘッドドレスやヴェールは結婚式、 1.5次会 の招待客の印象に残りやすいので、トータルバランスを意識しながら、慎重に選んでいきたいですね。

【結婚式、 1.5次会 小物選びの基本】

結婚式、 1.5次会 の小物選びの基本は、ウエディングドレス の雰囲気との調和を考えて選ぶこと!ドレスに近いモチーフの小物を選び、ウエディングドレス の色と合わせるようにするのが素敵☆

選ぶときは実際に結婚式、 1.5次会 のドレスを着てみるようにしましょう。写真を持参して・・・でももちろんOKですが、やはり着てみた時の方がトータルバランスがとれるのでオススメです。

中には自分で小物を用意したり、家族から受け継いだものを持ち込んだり・・・など衣裳店にある小物でないことも多くあります。そんな時でも遠慮せずに持ち込んで、ドレスを着て小物選びをしましょう。衣裳スタッフのアドバイスもぜひ耳を傾けてくださいね。

【結婚式、 1.5次会 ブライダルインナー】

結婚式、 1.5次会 花嫁の美しい ウエディングドレス 姿を支える最強小物が「ブライダルインナー」。

バストトップの位置をあげてウエストの「くびれ」を強調したり、トレーンやパニエ(ドレスを膨らませる下着)でボリュームのあるウエディングドレスのラインをつくるなど、様々な役割があります。ブラジャー、ウエストニッパー、ガーターベルトがセットになった「スリーインワン」がよく使われているようです。

ブライダルインナーは、着用するドレスが決まってから結婚式場やドレスショップで購入することが多いです。購入時には必ず試着をし、サイズは自分の体にきちんと合ったものを選びましょう。ネット販売も多くなっていますが、インナーはどんなドレスを着るかによって選ぶものが違います。自分で用意する場合は、先に買わずにドレスが決まってから購入するようにした方がいいですよ。

【結婚式、 1.5次会 ドレス小物のいろいろ】

ベール

オーガンジーやチュール素材が一般的です。教会で映えるのは優雅なロングベール、ガーデン挙式や 1.5次会 パーティーなどでは軽やかなショートヴェールがオススメ。レース使いが美しく、顔まわりがキレイに見えるマリアヴェールは人気が高いです。顔が見えた状態で入場になるので、挙式の中でのベールアップはできないことは覚えておきましょう。厳格なカトリック教会では禁止されていることもあるので事前によく確認しておくと安心です。

他にもヴェールは髪飾りの一部として使われることもあります。ショートベールを大きな花のような形にしたりするなど、オリジナル性を出すこともできます。

グローブ

ロングタイプ(肘までの長さ)、フィンガーレスタイプ(手袋の指先だけみえるもの)、ショートタイプなどにわかれます。グローブは丈だけでなく、素材やデザインも様々です。

ロングタイプは正統派な挙式やホテルウエディングなどにオススメ。ただドレスの袖丈とのバランスをみて決めてください。格式のある式場でドレスがノースリーブの場合、サテンのロンググローブがオススメです。

フィンガーレスタイプは、指先が見えているので指輪交換をする時に手袋を外す必要がありませんので、便利!ということで選ぶ方もいます。比較的どんな衣裳にもあいます。

ショートタイプはかわいらしいイメージに仕上がるので、ふんわりした素材のドレスにオススメです。

グローブは基本的にははめる事が多いですが、ドレスの袖丈が長袖や肘までのものであれば無理につける必要はありません。全体的なバランスをみて決めていきましょう。

■アクセサリー

結婚式、 1.5次会 のドレスの装いに欠かせないアクセサリーは、イヤリング(ピアス)とネックレスを揃えるといいでしょう。挙式ではパール、披露宴では華やかなものなど、場面に応じてつけ替えるのもよいでしょう。ヘアスタイルをアップにすると耳元が目立ちますので、イヤリング(ピアス)でアクセントをつけましょう。最近は、ロングイヤリングなどを使う方も増えてきています。

■シューズ

結婚式、 1.5次会 のドレスの裾を持ち上げるときなど、足元は想像以上にみえるもの。ドレスには、白いパンプスとベージュのストッキングが基本になります。ヒールの高さは新郎との身長差とドレスの丈に合わせてくださいね。シューズは当日に長時間履くものなので、足にフィットして疲れにくいものを選びましょう。

意外に足元が見える、疲れにくい靴を履きたい、という希望も増えてきたためか、オシャレシューズを購入する人も!見えないオシャレを楽しんだり、結婚式が終ったあとも記念として大切に使える、足にフィットしていた方が安心、など、自由に楽しんでいるようですよ。

 

トップページに戻る

会費ウエディングスタイルへの無料相談はコチラ

Point1 写真もしっかり撮影できる
Point2 家族や友人と挙式ができるる
Point3 費用を抑えて挙式できる
Point4 オリジナリティを 演出できる

Access Map アクセスマップ

  • 東京メトロ千代田線をご利用の場合
    徒歩1分(4番出口右折)「国会議事堂前」 徒歩8分
  • 東京メトロ南北線をご利用の場合
    「溜池山王」 徒歩6分
  • 東京メトロ銀座線をご利用の場合
    「赤坂見附」 徒歩6分

『会費ウェディング STYLE』
自社サロン

〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 8F

『会費ウェディング STYLE』 自社サロン
お問い合わせはこちら
営業時間11:00 〜 20:00
03-6380-0661
『会費ウェディング STYLE』 自社サロン