Blog ブログ

オリジナルウェディング を 1.5次会風にカジュアルまとめる

 

まだ、コート着ている時期でした・・・確か3月頃だったかな?初めて二人とお会いした時期です。はじめはご新婦様のみでお越し頂きお話しをお伺い致しました。

 

私たちのスタイルとしては出張無料相談と言うスタイルをとっています。会場下見以外のお打合せをご都合のよろしいカフェなどで行えるスタイルです。

 

この日もご指定の場所へお伺いをして駅近くのカフェでお話しをさせて頂きました。

 

「どんな結婚式にしたいですか?憧れのイメージなどはありますか?」

 

私たちの1.5次会スタイルには形がありません。基本的には自由なスタイルです。全てはお二人のもつイメージを聞くところからスタートしてきます。

 

 

 

 

とは言え、全くなしと言うのも難しいので基本スタイルを5つほどご用意させて頂いております。

 

〇 フォーマルスタイル

コース料理にてゲストをもてなしする1.5次会スタイルです。レストランウェディングと同様の雰囲気で1.5次会を実施する事ができます。会費も2万円程で整う為人気のプランです。

 

〇 カジュアルスタイル

友人中心の1.5次会プランです。予算を抑えて気楽に1.5次会ウェディグを行いたい方々に人気があります。お料理はビュッフェスタイルになります。最近では着席ビュッフェスタイルが人気です。

 

〇 オリジナルスタイル

最近流行のガーデンウェディングをオリジナルなウェディングプランで叶える1.5次会。金額を抑えてオリジナルウェディングを作れるスペシャルプランです。ご予算を見ながらお二人のイメージに近づけるセミオリジナルな1.5次会プランが人気。

 

〇 和装ウェディングスタイル

和装も着たい!と言うご要望にお応えした和装プラン。1.5次会での和装はお断りと言うプロデュース会社がとても多いです。そんな中で和装挙式&和装ご披露宴など和装プランを充実させております。

 

〇 挙式&披露宴プラン

挙式もできる1.5次会として会費ウェディングスタイルはスタートしました。チャペルでの挙式や人前式などお二人のご要望に合わせて挙式スタイルと披露宴をプランニングします。

 

と、5つのプランをご用意しております。

 

「どうですか?お二人のイメージんい近い1.5次会の雰囲気はありますか?」

 

と、尋ねました。しかし、答えが返ってきません。私も長年結婚式の仕事に携わってきましたが、ご案内した1.5次会以外のスタイルをあまり見た事がありません。

 

「どうでしょうか?・・・近い1.5次会のイメージがありませんか?」

 

と、更に掘り下げるように質問をしてみました。するとご新婦様より返答がありました。

 

「選べません・・・」

 

ん?選べない? 一体どういう事でしょう?

 

もう一度、質問をしてみました。

 

「選べないとはどういう事でしょうか?」

 

「えーと・・・和装も着たいし・・挙式もしたい。挙式はドレスでやりたいです。それに自然が多い場所で・・・出来れば外でゲストと食事を楽しみながらお話しをして・・・あとファーストダンスを踊りたいんです!実は新郎が外国人で・・・バンドもやるって言ってました。あとビーガンです。」

 

これはすごい事が起こりました!今までの経験では1.5次会は5つのスタイルのどれかに当てはまると思っていたのですが・・・な、なんと1回の1.5次会で、ほぼ全てのスタイルに当てはまってしまいます。これは大事件です!!

 

いまご要望頂いた1.5次会を写真で分かりやすく表現すると下記のようになります。限りなくオリジナルウェディングの要素になります。つまり今回のウェディングプランの骨格はオリジナルウェディングとなります。更に和装イメージを加える必要があります

 

 

このようなオリジナルウェディングのご依頼を頂いた場合には大枠から一緒に考えながら進めていくようにします。大枠とはつまり「最重要項目」になります。いくらオリジナルウェディングとは言え「最重要項目」は存在します。1.5次会でのオリジナルウェディングの場合にはご予算は大きなポイントになります。完全オリジナルウェディングのように細部までオリジナルで作り込みを行ってしまっては予算が大変な事になってしまいます。1.5次会でオリジナルウェディングを行う場合には「セミオリジナル」なちょうどいい感じの雰囲気にまとめていきます。はやり予算は「最重要項目」の一つとなりました。これは予想お通りでオリジナルウェディングを1.5次会で行う場合には当たり前の事です。

 

私達がオリジナルウェディングを作りこみする際には予算以外の部分に注目します。今回は色々とあります。「和装着たい」「ドレスで挙式したい」「ファーストダンスしたい」「バンドしたい」「野外で食事したい」「自然に囲まれたい」

 

海外ウェディングの定番ともいえるラスティックウェディングの雰囲気です。

 

ちなみに条件はこれだけではありません。新郎さんのご両親や友人が海外から20名程来日します。更に1.5次会の食事はビーガンスタイルです。

 

ビーガンとは?

ビーガンとは動物由来の食物を一切食べない完全採食主義というスタイルで生活をしている人達です。海外の人には結構多く、弊社でも今まで数組のビーガンの方をご対応させて頂きました。お料理はベジタリアンに近いのですが、ビーガンの方は卵やチーズなども食べません。厳しい方は「はちみつ」もNGと言われる事もあります。

 

 

今回のオリジナルウェディングではご予算の他にも大切な要望があります。それは「自然に囲まれたパーティースタイル」です。自然の中でというテーマが出た時点で、東京23区・横浜市内は会場候補から外れる事になります。

 

その場合問題が発生します。それは海外から来日するお客様です。日本に来る事も初めて。日本語を話せる人はいない。しかも20名程来日する。

 

諸々と考えると・・・できれば立地が良い場所にしたい・・・

 

このパーティーに関わる全員の心の声です。

 

そこで23区はダメだと思いつつも、グリーンがありそうな会場をいくつかピックアップしご提案してみました。

 

 

しかし結果はNG

 

当たり前ですよね。当初の要望と全然違います。そこで海外から来日するゲストの事は後で考える事にして会場選びを優先する方向で話し合いを進めました。

 

この時期に初めてご新郎さんとも合流。少し日本語が話せるくらいの外国人でした。外国語が話せない私も懸命に身振り手振りで説明をしました。

 

ご新郎様の話によれば、

 

「友人や親族は数日前にバラバラに来日する。みんな適当に日本観光を楽しむから、個別で管理するのは難しい。だからあまり気にしなくていい。」

 

そうなると会場探しのエリアは一気に広がります。

何とかなりそうだ!!

一筋の光が見えてきました。

 

ここで、打合せでまとまったオリジナルウェディングの概要を整理します。

 

参加人数100名/挙式あり/親族参加/和装も着る/バンドあり/ダンスあり/ナイトウェディング/ビーガンフード/宿泊施設が欲しい/長時間パーティーしたい/自然の中

 

ザックリこんな感じの内容になりました。

すごいですよね!燃えます!

 

この内容を本格的なオリジナルウェディングで仕上げると一体いくらの費用が必要になるの想像もつきません。ただかなり高額になってしまう事だけわかります。恐らく1千万円クラスです。

 

しかし、会費ウェディングスタイルのコンセプトは「ちょうどいい1.5次会」です。リーズナブルで楽しい結婚式でなくてはなりません。

 

予算もコンセプトです!!コンセプトに合わせてご予算もしっかりと整える事が私達の使命です!

 

さて、話は戻ります。

会場選びは幅を広げました。湘南エリア・鎌倉・箱根などです。いくつか見学にも一緒に行きながらオーナーと交渉もしてみました。しかしピンときません。狭い・予算が合わない・遠すぎる・などです。

 

 

 

なかなか、決まりません。お二人とお話を初めて1カ月半が過ぎました。同業者の情報網から千葉県にイメージに近い会場があると言う連絡がありました。

 

私はその会場を調べてすぐに連絡をしました。

 

場所は千葉県の山の中です。土気駅(とけ)という場所からレンタカーで30分程の場所です。数分は住宅街を走りましたが、しばらくするとすぐに山の中に入ります。何もありません・・・。山の中を走り続けます。すると急に整備された別荘地のような場所に到着。ここが今回の目的地です。

 

 

リソル生命の森というホテルを中心とした集合施設です。すごく広い場所で敷地内にはサッカー場や陸上競技場などのスポーツ施設やカナダのログハウスの宿泊施設が数多く設置されています。建物はバブル期に建てられた感じでしたが、リノベーションされ綺麗にされていました。立地以外は今回の要望にぴったりです。

 

さて、ここで会場側との交渉ポイントを整理しておきましょう。

 

この施設を結婚式の会場として使用する事は前例があるので問題ないはずです。料金交渉も恐らくできるでしょう。最も大きな交渉ポイントは「ビーガンフード」です。

 

どこまで対応してもらえるのか?もしかしたら、全く対応してもらえないかもしれません。その場合は「お料理持込み」という方法になるのですが・・・料飲食設備をもっている会場には最も難しい交渉と言われています。

 

できれば、「お料理持込み」は避けたい・・・。

 

こんな事を考えながら会場に到着です。会場の担当者と1時間程の打合せをしました。

 

お二人の情報や今までの経緯。見学に行った会場やお二人の要望など。勿論、ビーガンフードの件もしっかりと伝えました。そして最後に予算を交渉します。

 

色々とやり取りをさせて頂き、全ての内容を承諾してもらえました。

 

びっくり!!なんと何とか予算内!!!!

 

これは嬉しい。あとはここに新郎・新婦を連れてきてOKをもらうだけです。

 

自信はありましたが、頭の片隅で「この場所がダメって言われたどうしようかな・・・」と不安も少々ありました(笑)

 

リソル生命の森を見学

 

ご新郎・ご新婦様へメールをしてご見学日程を調整しました。

 

「とてもいい会場が見つかりました!きっと気にって頂けるかと思います」

 

と、自信のある内容です。

 

土気駅までは都内から約1時間30分かかります。お二人とは土気駅のロータリーで待ち合わせです。駅近くにあるカーシェアサービスで車を手配しておきました。

 

時間には少し早めに到着するお二人でしたので、私はそれより前に到着しようと待ち合わせ時間の20分前にはロータリーにて待機しておりました。

 

そろそろ待ち合わせ時間かなと思っていると、何処からともなくお二人が現れました。ご見学の日は平日の日中です。写真のようにあまり人が歩いている駅ではありません。それにご新郎様が外国人と言う事もあり遠くからでもすぐに発見ができます!

 

「こんにちは!お休みのところすみません!」

 

「いえいえ、良いところが見つかったんですか!?楽しみです!」

 

かなり期待されています。ドキドキしながらご案内開始です。

 

土気駅から山へ向かって車で30分弱ドライブします。写真にある大きな建物が目的地の「リソル生命の森」です。只今、山中を車でご案内中です!

事前の会場交渉で一回行っているので迷うことなく到着しました。

 

上空からの写真だと不安に見える部分もあるかもしれませんが、近くに行けばとても立派なホテルです。近隣の道も綺麗に整備をされてリゾート施設である事が伝わってきます。

ロビーもしっかりとしていおり安心感があります。ホテル内には売店やバーラウンジなども設置されており何でもあります。

 

と言うよりも、ホテルの周りに何もないので売店くらいはないと困りますよね(笑)

 

 

さて、ここで、今回のオリジナルウェディングについておさらいしておきます。

 

参加人数100名/挙式あり/親族参加/和装も着る/バンドあり/ダンスあり/ナイトウェディング/ビーガンフード/宿泊施設が欲しい/長時間パーティーしたい/自然の中

 

これが大枠のご要望です。この会場の利点は宿泊施設が完備されている事です。ホテルの他にもホテルを囲むようにコテージがいくつもあります。参加者全員が宿泊しても部屋数は足ります。

 

また、宿泊費用と合わせて価格を調整できるので交渉もやり易いですね(笑)

 

今回、ご案内するオリジナルウェディングの会場は普段はアーチェリー場やサッカー場などで利用したりする大きな芝生のグランドです。100名収容なんで全然余裕の場所です。

 

初めてお二人にお会いしたのは寒くてコートが手放せない時期でした。こちらにご案内できた時には、既にコートなどは要らず暑いくらいの日だったと思います。結構お時間頂いちゃいました。

 

 

「どうですか?ここ」

 

「すごい良いです!完璧です!」

 

と、合格を頂きました!思わずガッツポーズです!

 

しかし、まだご案内は終わりません。オリジナルウェディングのように野外でウェディングプランを立てる時には必ず「雨の日プラン」を考えなくてはなりません。「当日雨だった場合はどこで実施するのか?」このような事柄も同時に決めていきます。

 

オリジナルウェディングが高額になる理由のひとつは、この「雨の日プラン」にあります。雨が降った事を前提に室内で行うウェディングプランも同時進行させておく必要があるのです。テーブルコーディネートや装飾などは流用が可能ですが、会場費などは野外と室内の2会場分必要になります。

 

ちなみに今回の雨の日プランの会場はコチラです。同じ敷地内にある森のホールと言う大きなパーティールームです。雰囲気があってここもかなり素敵です。ゲスト100名が着席できる広さがあります。

 

流石千葉県の山中にある会場です。全て大きい!!

 

 

オリジナルウェディングの価格が高くなる理由

 

オリジナルウェディングを普通に行うと非常に高くなります。何がそんなに価格を上げてしまうのでしょうか?簡単に説明してみましょう。

 

①雨の日プラン

雨の日プランは価格を上げる大きな原因です。写真のような会場を野外の会場とは別に貸切り予約をする必要があります。リソルさんの場合は施設内に他の施設ありますが、このように施設内で雨の日プランが出来ない場合は近くにあるレストランなどに依頼する必要があります。

 

②テントが高い

意外と値段がかかるアイテムがテントです。オリジナルウェディングを屋外で行う場合には日よけや上空から料理を狙うトンビなどの防衛策としてテントを利用する事が多いのですが、テントには様々種類があり安くても50万円程の予算は必要です。高いテントは100万円以上かかる場合もあります

 

③装飾も高い

オリジナルウェディングは文字通り完全オリジナルです。先程も写真で確認してもらった通り、会場とは言え何もない森の中です。そのような何も無い場所にウェディングの雰囲気を作り出します。イス・テーブルはもちろん雰囲気を出す為の装花に音響機材・照明機材・映像機材など全て準備していきます。某オリジナルウェディングの会社では装飾費用で100万円以上は普通だとの事でした。

 

これが、オリジナルウェディングの価格が高くなる理由ベスト3です。

 

その中でも最も高額なのは装飾です。おそらく150万円前後でしょうね。次に高額なのはテント80万円くらいでしょうか?雨の日プランの会場費は50万程でに大丈夫でしょう。

 

どうでしょうか?料理やウェディングアイテムなしの価格で280万円です!

 

この価格に通常のウェディング料金がプラスされます。通常の結婚式でかかる経費以外にもこんなに費用がかかったら、オリジナルウェディングが500万円以上予算がかかると言われても納得ですね!!

 

え?納得できない?高すぎる?

 

そんな時は、会費ウェディングスタイルの無料相談からご相談下さい。セミオリジナルウェディングプランをリーズナブルにご案内します!

https://kaihiwedding.com/meeting/

ウェディングプランを作る

 

さて、これで一通りのご案内が終わりました。「メイン会場」「雨の日プラン」「宿泊施設」などです。お二人もすっかり気にってくれて会場については合格です。

 

次にこの会場を使用してやりたい事を整えていきます。

 

パーティー内でやりたい事は「ナイトウェディング」「ドレスでの挙式」「和装を着たい」「ダンスを踊りたい」「バンドをしたい」「ビーガンフード」です。まず注目すべきはナイトウェディングです。

 

外灯もない山中の夜は闇です。闇を照らすライトが必須です。イメージとしてはこれです。この天空でキラキラと輝いているオリジナルウェディングで人気のライトは「ストリングライト」と呼ばれています。しかし、これだけでは十分な照度は得られません。

 

 

ある程度の照度得る為にはもっと明るい照明が必要です。しかも雰囲気によって明るさを変える事ができなくてはなりません。そうなると舞台照明の導入が必要です。専門的な知識も必要になります。

 

更に今回はバンドも入ります。電力供給についても計算しておく必要があります。バンドの構成と必要な機材ですね。電力が足りないようであれば発電機の手配も必要です。

 

更にダンスパネルなども簡易的かつ大きく作れる素材で準備する必要があります。それは迅速な撤収うと現状復帰が必要になるからと言う部分もあります。

 

釘などは一切使用しないようにします。もし、釘が落ちてしまい撤収時に見落としたらウェディング以外の利用で怪我の原因となってしまいます。

 

ナイトウェディングと言うこともあり辺りは闇・・・速やかな設置&撤収が求められます。

 

夜は大敵なのです!!

 

しかし、我々はプロです。このような状況でも着々と準備を進めていきます。状況を整理しひとつ、ひとつお二人と一緒にクリアにしていきます。

 

最後は天候との闘い

 

オリジナルウェディングの最大の難問が天気です。これはどうやっても回避できません。天気予報で予想はできます。しかし、当日どうなるのかは分かりません。

 

リソル生命の森にはルールがあります。それは、「当日が微妙な天気の場のジャッジは前日に行う」と言うルールです。何故かというと大量の椅子やテーブルは前日に運び入れないと当日準備が間に合いません。その為、次の日は微妙な天気の場合には、屋外で実施するか?雨の日プランを発動させるのか?と言う判断を前日に行うというものです。

 

実は私達のパーティーも前日は大雨でした・・・・しかし、次の日の天気予報は晴れ。非常に難しいジャッジでした。何度か新郎・新婦と電話をやり取りします。前日の15時までに決める必要があります。私達のジャッジを受けてからリソル生命の森のスタッフが資材を会場へ運びます。

 

前日14:50頃

「今は雨ですが、明日は晴れます。予報でも晴れです。そのまま野外でいきましょう」と私は判断しました。次の日の降水確率は低く開始も午後からなので大丈夫と思っての判断です。

 

「はい。お任せします」とお二人からもお返事を頂きました。しかし、少し不安そうでした。気持ちは分かります・・・。

 

前日15:00頃

リソル生命の森さんに連絡し「屋外で行います」と連絡しました。しかし、電話を切った直後お二人よりお電話を頂きました。「やはり雨の日プランでお願いします」との連絡です。

理由としては、もし小雨や曇りだった事を考えるとゲストに申し訳ない。と言う理由でした。確かに会場になる場所は芝生とは言え雨の後です。おしゃれをしたゲストには少々厳しい環境かもしれません。色々と考えた末にだした賢明な判断だと思います。

「わかりました。では、雨の日プランに変更します」

と言う事で再度、リソル生命の森さんに連絡。雨の日プランへの変更を伝えました。

 

 

いよいよオリジナルウェディング当日

 

前日の雨がウソのように晴れました・・・少し微妙な気持ちではあります。

 

とは言え、素敵な天候です!これなら予定していたプランで綺麗なロケーションフォト写真が撮影できるので良しとします!

 

まずは和装に着替えて撮影開始です。

 

 

実は今回の進行はかなり変則的につくりました。まず和装でロケフォト撮影を行います。

 

そのあと和装を着たままでパーティーに突入!しばらくゲストとワイワイ楽しく歓談しながら写真撮影。もちろん海外からもお客様たくさん来てるので一緒に撮影してもらいます。

 

 

 

このケーキもビーガン対応のケーキです!

 

和装で楽しんで頂いた後は、ドレスに着替えて頂きお色直しで入場します。ここで挙式を行います。挙式は人前式です。新婦のお兄様が進行してもらいアットフォームで最高に良い挙式となりました。

 

 

 

ラストシーンはファーストダンスとバンドの時間です。みんな一斉にフロア内で踊ります。すごい楽しそうでした!!

 

 

 

 

天候はちょっとだけ残念でした。でも、こんな素敵な時間は一生に一度しかありません。お二人が考えたプランでゲストをおもてなしを行い一緒に笑って泣いて過ごす素敵な時間です。

 

パーティーのお時間は3時間30分程ありました。ゆっくりと皆さんには楽しんでもらいました。このあと宿泊の方はコテージやホテルに宿泊をして頂き、お帰り頂く方はシャトルバスを近くの駅まで運行させて頂きました。

 

私達スタッフも楽しく一緒に過ごしさせて頂きました。お二人にもすごく喜んでもらえて

 

「私達は最高の結婚式ができたと思います」

 

と嬉しい一言を頂きました。

 

と、ちょっと自慢です。

 

 

オリジナルウェディングのまとめ

 

私達がプロデュースする会費ウェディングスタイルは1.5次会がメインのプロデュース会社です。その為、本格的なオリジナルウェディングというよりもセミオリジナルといった雰囲気になります。しかし、大切な事は皆さんの満足度だと思っています。

 

今回プロデュースさせて頂きましたお二人のウェディングは本当に素晴らしい素敵なウェディングだったと思います。

 

セミオリジナルなウェディングスタイルにご興味ありましたらまずは無料相談から専門スタッフと話しをしてみましょう。大切な事は専門家と早目に話す事だと思います。

 

それではご連絡お待ちしております。

https://kaihiwedding.com/meeting/

 

 

 

Access Map アクセスマップ

  • 東京メトロ千代田線をご利用の場合
    徒歩1分(4番出口右折)「国会議事堂前」 徒歩8分
  • 東京メトロ南北線をご利用の場合
    「溜池山王」 徒歩6分
  • 東京メトロ銀座線をご利用の場合
    「赤坂見附」 徒歩6分

『会費ウェディング STYLE』
自社サロン

〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 8F

『会費ウェディング STYLE』 自社サロン
お問い合わせはこちら
営業時間11:00 〜 20:00
03-6380-0661
『会費ウェディング STYLE』 自社サロン