Instagram

『会費ウェディング STYLE』
東京都新宿区新宿1-15-8 ANビル4F
営業時間11:00 〜 20:00

お問い合わせはこちら

03-6380-0661

Blog ブログ

結婚式、 1.5次会 ブーケ選びのコツ

花嫁のもつウェデイングブーケ。
ウェディングブーケは、結婚式、 1.5次会 のアイテムでもかなり重要度の高いものになります。
結婚式、 1.5次会 での最近のトレンドをチェックしながら、自分らしさを表現できるウェデイングブーケを選んでみましょう。
ここではブーケ選びのコツを取り上げ、ご紹介していきます。

はじめに 結婚式、 1.5次会 で使うブーケの選び方についても参考にしてみてください。

【 目次 】

【 ブーケ選びのコツ 】

●好みのブーケのデザインを検索します

YahooやGoogleで「 ブーケデザイン 」等で検索するとたくさんの画像が出てきます。
この中で自分好みのデザインを探してみましょう。
様々な種類のデザインがありますので、イメージカラーなどの指定もすると絞れてくるかと思います。
また、Pinterestで検索すれば最近のトレンドもわかりやすくなっていますので、探しているうちに、自分の好みがはっきりとしてくるきっかけにもなります。
季節によって、お手配が出来ない種類のお花があるという事も合わせて調べる必要があります。

●お打合せでプロに相談

事前に検索して、好みのデザインをまとめてからお打合せされると、スムーズかと思います。
季節のお花が、その年に不作だったりする事で、お手配が難しくなったり予算が上がってしまう事もあります。
必須の花材があればきちんと伝えておく必要があります。
事前に検索してもイメージが湧かなかったり、好みが多すぎてしまう場合にもテーマカラーを伝えたり、手配のしやすい花材、トレンドなども含めアドバイス頂けます。

●季節にあったお花をテーマにしたブーケ(春~夏)

春夏はカラフルで見た目も華やかなお花が揃います。
代表的なお花を紹介します。

□ミモザ

■マメ科アカシア属の植物で初夏に咲く黄色お花が印象的です。
■冬から春に移り変わる、2月~3月中旬のみ選べるお花になりますのでとても人気があります。
■最近ではドライフラワーでも用意が出来ますが、こちらも品薄の場合がありますのであらかじめ希望を伝えておくことをお勧めいたします。
■ミモザは花言葉もウェディングにあったものばかりです。
■花言葉:感謝・思いやり・優雅
ここにある花言葉の感謝は 3月8日にイタリアで「国際女性デー」に、男性から女性に日頃の感謝の気持ちを込めて、ミモザの花を贈る習慣から来ています。

□アネモネ


■ヨーロッパ南部から地中海沿岸を原産とする球根性の多年草です。
■赤やピンク、オレンジ、紫と白など色にバリエーションがありますのでテーマカラーに合わせて取り込めます。
■花言葉:君を愛す・真実・希望
■アネモネはギリシャ語で「風」を意味する「anemos」にちなんでおり、「風の神ゼフュロスが妖精アネモネに恋をしてアネモネが一輪の花に変えられた」というギリシャ神話が由来となっているといわれています。

□シャクヤク

■ボタン科ボタン属の植物で、花の形は牡丹によく似ています。
■春ブーケの代表のお花とも言われるシャクヤク。花が大きくて華やかな見た目を持ち、
咲ききっていないものでも、丸くて可愛らしい印象になるためにブーケにピッタリのお花です。
■花言葉:恥じらい・はにかみ
■花言葉の由来は諸説あるのですが、イギリス民話がもとになった、はにかみ屋の妖精が隠れていた花だから、また、夕方に花を閉じてしまうからなどがあります。

□ラナンキュラス

■キンポウゲ科・キンポウゲ属。原産国は
■花言葉:魅力あふれる・純潔・幸福。どの色味をとっても縁起のよい花言葉をもっています。
■花びらが幾重にも重なり見た目もバラに似て豪華なイメージがあることも人気の花です。
■色味も赤・白・黄色・紫・ピンク・オレンジと豊富で、白やピンクがブーケの定番として使われています。

□チューリップ

Woman giving a beautiful bouquet of pink tulips standing outdoors in Amsterdam city

■ユリ科チューリップ属の植物。原産地はトルコのアナトリア地方で16世紀にオランダに伝わります。日本で販売されている球根のほとんどがオランダからの輸入になります。
■種類が豊富で5,000を超える品種が登録されています。カラーも形も様々なのも人気の理由にあります。
■花言葉:愛がテーマになり、色ごとに異なります。
■チューリップは、花びらが「王冠」、尖った葉っぱが「剣」、球根を「財産」を表しているといわれ、男性に愛される女性の象徴として扱われるようになったそうです。
■16世紀、トルコ駐在のローマ帝国大使がチューリップを見て、花の名前を訊ねました。尋ねられたトルコ人は花の形のことを聞いているのだと思い、ターバンを意味する「ツルバン」と答え、そこでこの花の名前は「チュルバン」と伝わり、「チューリップ」になったといいます。たのが始まりだといわれています。

□ライラック

■ヨーロッパ原産を原産とするモクセイ科・ハシドイ属の落葉樹です。
■白、紫、ピンク、マゼンダなど様々なカラーがあり、小さな花が穂のように咲く花です。
■葉がハート形についたり、花は円錐形に小花が房咲きとなったり可愛らしい見た目。
■甘く優しい香りがすることから香水やアロマの原料としても好まれております。
■花言葉:思い出・友情・色によって異なる花言葉を持ちます。

□紫陽花

■日本が原産の落葉低木。原種は日本に自生するガクアジサイです。
■花の色には土の酸度が関係していて、酸性だと青くなり、アルカリ性だと赤くなると言われています。
■大輪のお花で人気の花材です。シンプルなデザインがお勧めとされています。
■花言葉:一家団欒・寛容 花の色の変化からつけられ冷たいイメージがありましたが、西洋の紫陽花が輸入され花言葉も変わってきています。

□ラベンダー

■シソ科ラバンデュラ属。原産地は、地中海沿岸。原種はおよそ30種類
■紫色がメインの鮮やかな色の小さな花々が集まって咲く花で、香り高いことからハーブの女王と呼ばれています。
■花色は淡い紫、濃い紫、白、ピンクなどがあり、花を乾燥させたものはポプリになります。
■花言葉:優美・清潔・幸せがくる
■イングランドの王であったチャールズ2世もプロポーズの際にラベンダーを贈ったことも。結婚式、1.5次会 に人気のある花です。

□スイトピー

■マメ科・ハマエンドウ属。原産国はイタリアのシチリア島。
■淡い色でひらしらとした薄い花びらを咲かせます。
■花が大きく赤・紫・クリーム・ピンクなど色も豊富で、白やピンク系が一般的ですが、最近がヌードカラーのスイトピーで大人っぽさを出したものも注目されています。
■品種数が多く、開花時期も春咲きだけでなく、夏咲き・冬咲きがあります。
■春の門出を祝うお花としての使用が多く、甘く優しい香りも人気の理由です。
■花言葉は門出・永遠の喜びといったようにポジティブな意味を持っています。

□ダリア


■キク科・ダリア属に分類される多年草の総称です。
■花色は赤、白、ピンク、黄、オレンジ、複色と多彩であり大輪の花を咲かせ、結婚式、1.5次会 に人気のお花です。
■花言葉:優雅・気品

□デンファレ

■ラン科、デンドロビウム・ファレノプシス系の省略で、東南アジア チモール諸島が原産地。
■ハワイアンレイで良く知られ、ハワイでは自然のもの全てに神が宿ると考えられているため魔除けやお守りとして身に付けるそうです。
■花色は赤、ピンク、白、青、紫、黄、オレンジ、緑、茶など豊富にあり、白に人気が集まっています。
■花言葉:お似合いのふたり

□ひまわり

■キク科・ヒマワリ属に分類され原産地は北アメリカ。
■太陽のような大輪で元気で明るいイメージを持ち、いろいろな色味もあるので夏の結婚式、1.5次会 に人気のお花です。
■花言葉:憧れ・あなただけを見つめる
■「向日葵」は、花に向日性があることから「向日」、太陽に向かって成長する植物という意味をもつ「葵」からきます。

 

●季節にあったお花をテーマにしたブーケ(秋~冬)

秋冬は季節に深みあるしっとりとした色味や実物、澄んだ空気を感じさせる冬カラーのお花やふわふわした雰囲気のものなどたくさんあります。

代表的なお花を紹介します。

□パンパスグラス

■イネ科 シロガネヨシ(コルタデリア)属。原産国はアルゼンチン。
■ススキに膨らみをもたせ大きくしたような見た目、日本ではしろがねよしと別名がついています。
■色味もピンクや淡いオレンジもあるので色々なお花や葉・ドライフラワーとの相性もとても良いです。
■真っ白のパンパスグラスにはシルバーリーフなどもピッタリです。
■見た目の雄大さからくる花言葉もウェディングにはぴったりです。
■花言葉:光輝・雄大な愛

□ケイトウ

■ヒユ科ケイトウ属。減算国はアジア・アフリカの熱帯地方。
■色は赤だけでなくピンク・オレンジ・黄色・白などもあり、うねうねした形のものと、炎のような形をしたものとがあります。
■カラフルな色味がメインにもアクセントにもなる花で、深みのあるシックな色合いのブーケにもなります。
■ベルベットのような見た目が温かみをもち豪華なイメージになります。
■花言葉:おしゃれ・個性
■色持ちがよくドライフラワーにも適している花です。

□コスモス

■キク科コスモス属。原産地はメキシコ。
■秋の風物詩ともいわれる花で可憐な姿ではありますが、とても生命力の強い植物です。
■花の咲き方も一種だけでなく、花びらが重なって豪華な印象の八重咲やストローのように通常になっている花びらのストロー咲き等。
■ピンクや白が代表的なカラーですが、黄色・オレンジ・紫・チョコレートカラーなど様々で
かわいくもシックにもまとまる花です。
■花言葉:調和・謙虚
■最近ではポイントに濃い色味を使用することが多いそうです。

□カトレア

■ラン科カトレア属。原産地はアメリカ。
■カトレアは洋ランのなかでも最も有名で、華やかで美しい花を咲かせます。
■ランの女王と呼ばれる花で、一色だけで豪華なイメージのブーケにもなりますし、鮮やかな色を使って個性を出す事もできます。
■ラン科の花は、「祝福」のイメージがあり花束にするととても映えるため、ブーケにぴったりの花です。
■赤、ピンク、黄色、オレンジ、青、紫、緑と色も豊富になります。
■花言葉:優美な貴婦人・魔力・魅惑的とその妖艶な姿を表しているようです。
■深い色味を使うと秋らしくシックにまとまったブーケになります。

□フリージア

■アヤメ科・フリージア属。原産国は南アフリカ。
■色味は白、黄、赤、ピンク、紫、赤紫、オレンジなど豊富です。
■冬~春にかけて咲く花。
■色によって可憐なイメージから明るく元気な雰囲気のブーケにもなります。
■花言葉:あどけなさ・純潔
■香りの強い花で白色がキンモクセイのような甘い香りを、黄色は甘酸っぱい香りになり、この香りの違いから色ごとの花言葉が生まれました。

□ピンポンマム

■キク科・キク属。原産国はオランダ。
■色味は白、赤、ピンク、オレンジ、黄、緑など多種あります。
■ピンポンマムのまん丸と丸いフォルムのブーケの形と相性が良く、より可愛らしくなります。
■菊のポットマムという種類の改良として誕生し、結婚式、 1.5次会 のブーケに人気です。
■花言葉:君を愛す・高貴
■恋愛を意味する花言葉から人気のある花となります。

□コットンフラワー

■アオイ科・ワタ属。原産地はインド・アメリカ等 世界中の熱帯・亜熱帯。
■淡い黄色の花を晩夏から秋にかけて咲かせ、緑の実が熟してはじけるとふわふわの綿が現れます。
■色は白だけでなく茶・グリーン・赤もありますが、結婚式、1.5次会 では白が人気です。
■花言葉:偉大・優秀
■ドライフラワーとの相性もよく、シックにもナチュラルにもまとまります。

□ユーカリ

■フトモモ科・ユーカリ属。原産地はオーストラリア。
■ブーケで人気なのは花ではなく、シルバーがかったグリーンの葉です。
■香りもよくハーブとしても用いられ、アロマテラピーでも爽やかで癒される香りと言われています。
■生命力が強いことから花言葉の中にも新生といった縁起のよい植物です。
■花言葉:永遠の幸せ・新生
■種類も多様で、なかでもハートの形をした葉のユーカリポポラス、丸くて小さな葉が印象的なシルバードロップはミントに近い香りがします。
ほかにも肉厚で小さな葉をつけるベイビーブルー、レモンに似た柑橘系の爽やかな香りがするレモンユーカリが人気です。

□ポインセチア

■トウダイグサ科・トウダイグサ属。原産地はメキシコ・アメリカになります。
■ポインセチアの花は、花びらのように赤やピンクの部分ではなく、苞というつぼみを包んでいた葉の中央にある緑色の部分になります。
■クリスマスを代表する花で人気があり、盛んな品種改良から種類の多い花になります。
■代表的な種類は、ベルベットのような質感で豪華なイメージのウィンターローズ。白いカラーのプリンセチア・クリスタルスノー。
赤い葉の中央に白やピンクの模様が入っているアイスパンチ。鮮やかなピンク色のプリンセチア・ホットピンク。
■花言葉:祝福する・清純・思いやりなどポインセチアも色によって言葉が異なります。
■凛とした冬を連想させる白にとやシルバーで合わせたブーケや、華やかな赤の色味を使ったデザインなど上品で人気です。

□クリスマスローズ

■キンポウゲ科・ヘレボルス属。原産地はヨーロッパや西アジアです。
■一重咲きが最も一般的な品種ですが、八重咲きの品種のクリスマスローズもあります。
■色は白・ピンク・紫・緑・黒など落ち着いたカラーが多く、
白い花びらの中央に紫色の斑点のある品種、グラデーションのような色味を持つものも人気があります。
■元の原種は強い香りを持ち、癒やしの効果があったと考えられています。
■名前の由来はクリスマスの時期にバラのような花をさかせる事からといわれています。冬の時期に花を咲かせる珍しい植物で、冬~早春の結婚式、 1.5次会 のブーケとしてよく使われています。
■花言葉:いたわり・慰め

テーマカラーに合わせたブーケにする

□グリーン


*ナチュラルにまとめるにはグリーンがお勧めです。
*葉や植物を多く取り入れたブーケは今のトレンドでもあるので葉の長さやサイズでも
オリジナルのブーケを作る事が出来ます。

【 おススメのグリーン 】
■ユーカリ:くすみ系グリーン
■ユーカリ・ぐにー:葉が小さ目で丸い形
■アイビー:アイビーにも様々な種類がありますが、代表的なものは葉がグリーンのものと白い斑入りになります。
■ローズマリー:シソ科のハーブ、細長く厚めの葉
■ワイヤープランツ:細い茎に丸い小さな葉をつけます。動きのあるブーケに。
■ダスティミラー:シルバーグリーンの葉。霜のような白い粉がついたような見た目。

□ブルー


*ティファニーブルーをテーマにしたり、落ち着いた印象を与えることから選ばれるカラー
*サムシンフォーのひとつ、サムシングブルーでもあるこの幸せのカラーは、何か青いものを身につけると幸せになれると伝えられていることからブーケに取り入れる事もあります。●見た目の爽やかさから体感温度が下がるとも言われており、夏のウェディングでも好まれます。

【 おススメのブルー 】
■あじさい:メインにしたり差し色で使ったり、ブルーにも濃淡があるのでブーケに合わせやすいです。
■ブルースター:小ぶりで可愛らしい花ですので、ポイントに使ったり、メインに持ってくることもできます。
■バラ:ブルー~パープル系まで色味があるので大人っぽくまとめることができます。

□ピンク


*女性らしく優雅なイメージのカラー
*ピンクの濃淡を利用して様々な雰囲気のブーケ作りができます。

【 おススメのピンク 】
■オールドロース:シックなイメージにまとまります
■ダリア:大輪の花が可憐なイメージを持ちナチュラルにも優雅にもできます。
■アネモネ:柔らかな花びらが可愛らしいイメージを持ちます。
■カラー:スタイリッシュな花もピンクだと可愛らしく作れます。
■ラナンキュラス:丸いフォルムが可愛らしく豪華なイメージに仕上がります。
■チューリップ:ピンクにも様々な色味があるのでオリジナルなデザインになります。
■スプレーバラ:控えめなサイズですので、メインにもポイントにも使いやすい花材です。

□イエロー・オレンジ

*パステルカラーカラーから元気の出るくっきりなカラーもあるイエローは会場をあたたかい空間に変えてくれるカラーです。

【 おススメのイエロー・オレンジ 】
■ひまわり:大輪の存在感のある花、他のカラーにも合わせやすく華やかな印象になります
■カラー:凛としたイメージをもつカラーで個性のあるデザインになります。
■ミモザ:ふわふわでぽんぽんとした丸い小さな花であたたかくインパクトのある花
■ガーベラ:花もちが良く明るいイメージの花。様々なカラーがあることでも知られています。
■バラ:かわいらしいイメージをもつ花。
■チューリップ:明るく元気なイメージを持ちすっきりとした形で色々なデザインのドレスにも合わせやすいです。

ブーケ選びのコツ いかがでしょうか。
自分に合ったテーマに合わせて、好みのブーケが見つかりますように。
参考になれば幸いです。

トップページに戻る

会費ウエディングスタイルへの無料相談はコチラ

Point1 写真もしっかり撮影できる
Point2 家族や友人と挙式ができるる
Point3 費用を抑えて挙式できる
Point4 オリジナリティを 演出できる

Access Map アクセスマップ

  • 東京メトロ千代田線をご利用の場合
    徒歩1分(4番出口右折)「国会議事堂前」 徒歩8分
  • 東京メトロ南北線をご利用の場合
    「溜池山王」 徒歩6分
  • 東京メトロ銀座線をご利用の場合
    「赤坂見附」 徒歩6分

『会費ウェディング STYLE』
自社サロン

〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 8F

『会費ウェディング STYLE』 自社サロン
お問い合わせはこちら
営業時間11:00 〜 20:00
03-6380-0661
『会費ウェディング STYLE』 自社サロン